【再掲】 「人間界を凝視している精霊」 推敲

幼い頃、森に行くのが楽しみでした。


その森の精霊に野鳥たちとの交歓を学んだようです。
世の常識は知らなかった。

鳥たちにも”豊かな感情”があります。
メジロが、手の届く枝の上で踊る様にくるくると廻って観せてくれた。
喜んでいる気持を伝えてきます。

それから何年もしない内に、森が土地開発で消えると、
鳥たちは去って行きました。


老いを感じるようになり・・・
巡拝の旅をするようになると、幼い記憶が甦ります。
鳥たちとの楽しい交歓を忘れてはいません。
ずっと気に掛かっていたのです。

ある名跡寺院の森でウグイスに呼びかけて見ると、
反応してくれました。

ずっと帰る路にも飛びながら付いてきます。
森の外れまで見送ってくれました。
友情の復活ですね。

それからは、エナガやヒヨドリに呼びかけると応えてくれます。
余人が居ない時は、幼い頃のように、真近に来てくれるようになりました。
綺麗な声を聴かせてくれます。


現在の鬱蒼とした山の森は、放射能で汚されました。
人間のエゴで穢されたのです。

深い森の奥から人間界を”凝視している精霊”は、怖い存在でもあるのです。
森の中の生命が失われ始めていると気づいている。

二月からは、精霊の仲間を奪ったセシウム・スギ花粉が飛散し始めます。

今年の三月十一日以後に飛散して騒がれた黄色のスギ花粉と同じものです。(原子炉に注入した海水中の塩素は、中性子(臨界)に反応して黄色い放射性物質となり花粉に付着)


花粉症対策のマスクで吸引量を低減可能と公表されています。
せめてマスクをつけてください。



クローバースギ花粉のセシウム濃度 福島・飯舘村で調査開始

引用元 河北新報 2011年12月02日金曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/12/20111202t61027.htm

$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢

(シジュウカラ)

花粉症対策のマスクを準備しましょう。

森の生き物にはありませんが・・・。


読んでくれてありがとう。


続きを読む

スポンサーサイト

【再掲】精霊の棲む森の秘密の花園 *推敲 伊勢神宮(倭姫命の宮)の光の柱の出現

鬱蒼とした森林の中は暗い。
しかしながら、ぽっと日の差す明るい空間が奇跡的に在ります。

そこは、精霊の好む場所・・
幼い時分、病気がちな私が、落ち葉を踏みしめて通った”秘密基地”でもありました。
森の精気によって元気になれたのです。

ユリの花が香り、蝶や昆虫が、腕や手に止まったり、静かに顔を見に来ます。
小さな野生の鳥たちや昆虫と、其れこそ直に触れるのです。

長く連れ添った妻でさえ半信半疑て゛した。
しかし、ここ数年で信じる体験をすることで深く理解したのです。


Secret Garden - Poéme



昨日、二人で散歩した時です。
シオカラトンボが、頭の上を通りすぎもせず、小さくホバリングして此方を見降ろしていました
狭い歩道の脇から足元に銀トカゲが寄ってきます。ちょいと此方を見上げている。
次はチョウチョだねと話題にしていると、本当に飛んできました。手も届く距離の顔の前で挨拶するようにヒラヒラしていました。

野生の鳥が身近に来る体験のない妻にも、キジバトが足元に飛んでくるようになったと喜んでいます。
ヒヨドリも妻の姿を見掛けると、嬉しそうな鳴き声で挨拶してくれます。

それまで、私と二人の時でも警戒して、ヒヨドリやメジロ、シジュウカラが近づく事はなかったのです。
私が一人て゛いるときだけです。
人間界の友人との秘密の挨拶のようですね。(笑)

やっと妻は、家のヤモリが、私の腕で寝ていても驚かなくなりました。

今、野鳥や昆虫たちの小さな命は、自然界の異変に感づいています。
切ないほど近づいてくるのです。

愛おしい・・・。


貴方の魂にも・・気づいて欲しいと触れ来るのでしょう。

間に合うのだろうか?





追記 2012年8月13日 - 2:47webから(子供たちが、放射能を呼吸する危険性は大人より高い)
https://twitter.com/hyd3nekosuki/status/234994663013113856



*2012年8月27日 伊勢神宮に立ち昇った「光の柱」。そして、メッカのソルトン湖に地下に眠る巨大火山に関しての追記
2012年09月14日 (In Deep)
http://oka-jp.seesaa.net/article/292467497.html


$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢-伊勢神宮( 倭姫命の宮)の光の柱-2012.8.27出現


続きを読む

虐待50年、解放されたゾウが「涙」流し話題に インド



■虐待50年、解放されたゾウが「涙」流し話題に インド
2014.07.13 CNN



 http://www.cnn.co.jp/video/13056.html

インド北部マトゥラー(CNN) インドで50年間も鎖につながれ、虐待を受けてきた1頭のゾウが助け出された。この時ゾウが涙を流したとされる場面のビデオが、インターネット上で大きな話題を呼んでいる。

このゾウは、野生動物の救助活動に取り組む団体、ワイルドライフSOSが今月4日、北部ウッタルプラデシュ州アラハバードで解放した「ラジュ」。チームが到着すると、目から「液体」があふれ、両方のほおを流れ落ちたという。同団体の幹部は「私たちも深く感動した。ゾウがあんな風に泣く姿は見たことがない」と振り返る。

ビデオは3日後に動画共有サイト「ユーチューブ」に掲載され、閲覧回数はすでに100万回を超えた。

救出には、野生生物の専門家10人と当局の職員30人のチームで8時間かかった。ラジュは太いとげのついた足かせをはめられ、栄養失調に陥っていた。足かせを外された後、今度はうれし泣きのような涙を流したという。

続き⇒ http://www.cnn.co.jp/fringe/35050767.html?google_editors_picks=true

  
 足の鎖を外されて救出された涙を流す「ラジュ」

 


象は感情の豊かな動物です。


日本でも身近な人が亡くなると、嘆いて泣くのが知られましたね。



 
■動物と話せる女性VSゾウと星になった少年(実話)

灰色オオカミは鋭い視線でコミュニケーション 人間に飼われたオオカミ




■オオカミは鋭い視線でコミュニケーション 京大がイヌ科動物比較

  47NEWS


 ハイイロオオカミ(京都大チーム提供). 

仲間を見詰めるハイイロオオカミ(京都大チーム提供)

 

オオカミは鋭い視線を使って仲間とコミュニケーションを取っている可能性が高いとの研究成果を京都大のチームがまとめ、米オンライン科学誌プロスワンに12日発表した。


 オオカミと同じイヌ科の他の動物との比較で明らかにした。チームの 植田彩容子 (うえだ・さよこ) 教務補佐員(動物行動学)は 「群れでの狩りに関係するコミュニケーションに利用されているとみられる」 と話している。

 チームは、黒と黄色のコントラストがはっきりしているハイイロオオカミの瞳に注目。イヌ科の他の動物よりも目の向きや瞳孔の位置を識別しやすいこと が分かった。

 その上で、識別しにくい色の瞳を持つイヌ科のフェネックやヤブイヌと、仲間に視線を送る1回当たりの時間を比べた。

 すると、ハイイロオオカミでは平均3・3秒間だったのに対し、フェネックで2秒、ヤブイヌで1・4秒だった。ハイイロオオカミは最長で38秒に及ぶこともあった。

 この結果から、識別しやすい瞳を持つ動物は、相手の視線を読み取る時間が長いだけでなく、読み取ってもらうための時間も長いと判断。コミュニケーションに視線を活用する能力が特に発達していると結論付けた。

 群れで生活するイヌ科動物ほど視線が明確な傾向もあった。

 (共同通信)2014/06/13

 http://www.47news.jp/47topics/e/254383.php




■3頭のオオカミを飼う人 ベラルーシ ロシアTV
http://youtu.be/EMTXbcOkcfg

 

◆オオカミが人になつくには、とても小さい時から、飼わねばなりません。
それは、決まっていて、生後10日から12日までです。
つまり、 
目が開くかどうかと言う時期です。


オオカミを飼い始めるに、生後2週間から3週間の仔だと、とても小さい仔オオカミには違いないのですが、時期を過ぎているので、躾(しつけ)は、ほとんど不可能です。


 
雪上を疾駆するオオカミ 
著作者:Tambako the Jaguar

フアースト・アイ・コンタクトが親子関係を決める。
野鳥のひな鳥が最初に見たものを親と認識する「刷り込み」のようです。そして、ゆっくりと群れの仲間も認識する。

人間も動物です。
満人の瞳と貰い乳房で育てば、満人の意識が流入する。
疾駆怒涛の風を知る・・・蒼き狼



 

■■精霊の宿る木と鳥と人間の意識の交換




お風呂屋をやっていた頃は、ゆっくりした時間が流れていました。
人通りが少ない時間帯もあり、静かになると餌探しの鳥達が寄ってきます。
季節により、柿、、ツバキ、南天、梅、イチジク、栃、サルすべりがお好みのメニュー。

野鳥にとって、冬は餌が薄くなる時期です。
二階の窓からサルすべりの枝に、半分に割ったミカンを刺して置きました。
初めてミカンを見つけると喜びの声を上げます。子供だった自分も、わくわくしたものです。


 

Voice of Nature-Artwork by Joanna Wolska klusky



ある夏の日
不思議なことに気付きました。
葉のたっぷり付いた枝が二階の窓から離れています。
到底手を伸ばしても届かない程です。


しかし冬になると窓辺に”居ます”。
ミカンを枝に刺しやすくなっているのです。
そして夏になると窓から離れていました。


まるで、鳥達と子供の意識をつないでいるようです。
木々の意識パワーなのかもしれません。

自然界の聲に、生きるハートは応えられる。




追記 2014.7.7

木の精霊を思い出す切っ掛けになった愛読している方のブログです。
リンク先への紹介の応諾を得られましたのでリンク致します。 


エネルギー・ヴァンパイヤから身を守る方法


テーマ:
プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR