スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古パソコンによるIEの認識 ”悪意のソフト”

1995年が、個人所有のパソコン時代の始まりでした。
Windows 95のOSが、世界中で販売されたからです。
それ以前、クリーン・コンピュータを動かすにはOSソフトを自作していました。

20年以前なら数百万の費用が掛るシステム構築が、現在では5万円以内で可能です。

時間を掛けて構築するつもりで・・・
今回、安い中古のパソコンをオークションで落札致しました。

しかし、Windows XP機種に内蔵されている常駐ソフトを削除したら、IEを認識しなくなりました。(笑)
インターネットにつなぐ初期動作に、中国の検索サイト、Baidu(百度)が組み込まれていたのです。

”敵性国家”のソフトをパソコンの主要バイアスに組み込む企業の意識は低いと思いますね。
天安門、法輪功、チベット、ウイグルなど言葉は、中国共産党政権下では、敵対勢力の捕捉キーワードになっています。国際的な活動として、情報を収集しているのは、すでに指摘されています。

特に、自衛隊、海上保安庁、警察、消防などの公官庁に納入実積がある企業の意識レベルの低さに暗澹たる思いがします。


チップにスリーパーを組み込むのは容易いのです。
ポート(高度なウイルスソフトもパスする)に穴があいているのです。

中東の某国では、欧米製のコンヒ゜ューター、携帯電話は使っていないと云われている。
警戒しているのです。


購入した中古パソコンをIEに接続する前に、用心のため、それをアンストールすると、ソフトの”カス”が残っているのか動かなくなりました。(^^;
削除すると意図的に動かなくなる”悪意のソフト”になっていたようです。
ウンともスンとも云いません。

手順書をあらためてみると注意書きに載せてありました。
通常のアンストールでは無かったので苦情が多かった筈です。後に付け足したようです。
そのままでは、個人で回復できない。(苦笑)

ネットでは、無料で再起動できるような仕様ソフトがありましたが、それもまた危ないかもしれないので止めました。
国家レベルのウイルスなら、すべての駆除は難しいと思うからです。
回避して使わないことです。

アンストール後・・
少しのアイデアで回避してIEを認識いたしました。
対策されないために詳細は省きます。公的組織のPCは、すべて点検するべきですね。




中国 サイバー部隊の存在明らかに




[新唐人テレビ]
 ↓
http://www.ntdtv.com/xtr/gb/2011/05/30/a538647.html.
(中国語)


追加 サイバー攻撃が実施される。

中国:ネット規制強化か 一部サイトにアクセスできず
毎日新聞 2012年06月16日 11時23分(最終更新 06月16日 20時20分)

http://mainichi.jp/select/news/20120616k0000e030153000c.html


スポンサーサイト

パソコン修理

いつも、ブログ記事を書いているパソコンが壊れました。

この記事は、別の作業用のパソコンです。

少々書きづらいですね。


リカバリーしてみましたが、ハードディスクを認識いたしません。
2.5インチ 40GBしかない古い代物です。(笑)

昔なら、秋葉原まで換装部品を買いに行くのですが、ネットで買える便利な世の中になりました。
しかし、実物を見ないで購入するには、少しの抵抗がありますね。

ネットでは、ハードディスク 40 HDD 換装だけでも2万円近いと見積りされました。
他に、データーの移設などの作業を入れると3万近くなりますね。


先ずは、メーカーに当たりましたが、部品だけの販売はしていないとのこと。叫び

此方としては、この際、250GBぐらいは欲しいと考えていますが、パソコンの新品が買えるほどの見積もりになります。


ハードディスクの代替品で十分です。

久しぶりに、自分でパソコンを直すことにしました。

のんびり、遊んでみます。。

ではでは・・・。ニコニコ


地デジ内臓型のパソコンの複活 (脆弱性問題)

地デジ内臓型のパソコンの故障は、厄介なものです。

NEC製の2005年物でOSはVISTAです。
SmartVision(テレビ映像ソフト)の不具合を直すことは難しいと思いました。
製造メーカーとソフト提供会社が競合して自己主張するからです。
両社からの情報が不足しています。


立ち上げると「思いがけないエラー」としてWindowsにより強制的にOFFになります。叫び
不具合のLOG履歴を読むと、Windows側で強制遮断させているのが分かりました。

Windowsからの対策があると表示されたので、問い合わせると最後には無いとされました。 何回試みても同じで無限ループです。パンチ!


仕方ないのでSmartVisionを削除して再インストールしようとしましたが、新たな問題点が発生しました。
システム復帰ポイントを使うと、それ以前の正常な状態のときに戻せます。
しかし、システム復帰ポイントは、自動アップデート時に強制的に設定されてしまいました。
SmartVisionの不具合が起きた後のことでしたので、それ以前の正常な地点に復帰できません。

システム復帰ポイントは使えないと分かりました。 あせる

以前ならリカバリーで復旧させますが、これも問題が発生です。

XPの場合はリカバリーCDは付属していますが、このVISTAにはありませんでした。

ハードドライブのソフトインストラーが、自由にインストールしてくれるとのうたい文句で最初から付いていませんでした。あせる


ここで立ち往生です。

Windowsと競合しているので、ソフトインストラーにアクセスすることが出来なくなりました。

「思いがけないエラー」として強制遮断されてしまいました。



ここで、過去のSmartVision事例をネツトで調べました。

自分のパソコンバージョン情報は・・・
コンピュータ=>Cドライブ =>ProgramFiles=> GUI NECSVData =>splsh.bmp=> 画面右下にバージョン情報(SmartVision Ver2.8d)

WindowsのGUIを管理者権限にしてアクセスしてみても同じようにエラーが出てしまいます。


NECのサイトでSmartVisionのダウン情報はありませんでした。
但し、過去からの様々な不具合があつたことがわかりました。
修正パッチの案内から。

さて、
正規の手段は無いと判明しました。


Logの履歴を見ると同じ個所で停止していました。

メカの故障からとは見えませんので、Windowsを迂回してSmartVisionにアクセスを試みました。(脆弱性問題)

変則的な手順に変えてみると、SmartVisionが立ちあがることができました。合格



もしも、修理となると保障期間のきれたパソコンは、法外な修理代を請求されると噂されています。

修理の見積りより、外づけチューナーの方が安上がりかもしれませんね。


悪戦苦闘したお話でした。ニコニコ

ではでは・・。




TOSHIBA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー ワンセグ録画・外付けUSBハードディスク録画対応 D-TR1パソコン
プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。