スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再掲】 物事の起こる前ぶれ きざし 前兆 (推敲)

「夢と一致するシンクロニシティ」の最初のトリガーとなります。



キリスト教の世界観では、特に良くないことの前兆を「オーメン(omen)」と呼んでいるそうです。
日本では、「凶兆」とされることを指しています。


古来から、天変地妖の「兆し(きざし)」として、シャーマンの「悪夢」を読み解く事をしてきました。
夢と兆しが一致(シンクロ)する時、起きている様々な現象に意識を向けます。

その兆候が、凶兆であるときは「悪夢」として顕れる。

大地震、大津波、火山噴火、土石流、台風、竜巻、大風(突風),流行病、旱魃、蝗害、冷害、長雨などの自然災害を主体が「悪夢」の根源ではありません。

”未来に起きる”動物たちの悲劇、人間の死の恐怖、哀しみ、嘆きの感情と意識が、「悪夢」の主体であり、自然現象ではありません。


福島原発事故は、自然現象ではなく、
被曝の耐えがたい悲劇の感情が、「悪夢」の因となるのです。

すなわち人間と動物たちの 心と魂の叫びを 「悪夢」が捉えると云うことです。

自然界の「兆し」は、「夢と一致するシンクロニシティ」の最初のトリガーとなります。
せっかくの自然界の【兆候】を 殊更無視すれば、耐えられないほどの困難に陥ることでしょう。


”霊的な感性の高い人たち”は、近未来を直感する。
”地涌の菩薩”のように多くの人たちが、世に現れてくる。
それが【兆候】なのです。



現在ほど、正体が分からない悪鬼(omen)の現実の姿、形、声が露わになった時はありません。
幼いこどもたちに、放射能を浴びさせ、飲ませ、食べさせてもなんら恥じることもない者たちです。
溢れんばかりの悪鬼(omen)が、この世に存在していたのかと・・・



今・・・

霊的な感性の高い人たちは、発信を始めています。






*【追記】地涌の菩薩 2013.8.9

元東京電力社員・木村俊雄が告発する福島原発事故の真相 2-1

元東京電力社員・木村俊雄が告発する福島原発事故の真相 2-2



Gregorian - Nothing else matters

続きを読む

スポンサーサイト

福島の風に乗って救急車のサイレンの音が響き渡る 

 


【過去記事】

■ ■東京首都圏の放射能被害  「見ざる聞かざる言わざる」

テーマ:

三度目の春です。

放射能プルームが覆った地域に住んでいます。
あと・・いくつ花見ができるだろう?

五感が敏感になりました。
昨日は、夜半まで救急車のサイレンを数えました。気付いただけで八回です。
福島原発事故以前には、あまり聞くことがありませんでした。
のんびりしている住民も騒ぎだすでしょう。



星月夜☆様の記事の転載させてもらいました。
ありがとうございます。

続き⇒ http://ameblo.jp/tarooza/entry-11827787991.html


【関連】
世界の真実を探すブログ
4日~7日の間に29.21メガベクレル/km2の放射能が福島に降る!放射能速報地図も線量が高い!

20140415023121housyano07.jpg

先月も春風の影響で広範囲の放射線量が急上昇しましたが、今月に入ってからも福島県の線量は全体的に高い状態が継続しています。福島県が発表している「定時降水環境放射能測定結果(暫定値)(第831報)」によると、4月4日~4月7日の間に29.21メガベクレル/km2もの放射性物質が福島県に降り注いだとのことです。先月よりは少ない値ですが、2月や1月と比較すると、非常に高い線量となっています。

これは数十年前にアメリカが一番水爆実験をしていた時に匹敵する線量で、警戒が必要なレベルです。福島第一原発からは今も毎時1000万ベクレル、1日にすると2億4000万ベクレルもの放射性物質が放出されています。降下している放射能が増加した裏にはこの影響もあると考えられ、今後も福島周囲では放射能に注意が必要です。
*明日は太平洋向きの風向きなので、線量は上がり難いと思います。

続き⇒http://ameblo.jp/sekainosyoutai/entry-11823826516.html


放射能対策関連の過去記事

☆【放射性物質から身を守る食事法】亜鉛で造血機能と免疫機能強化!ミネラル豊富な天然塩も効果的!乳製品や加工食品には要注意!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-648.html


☆食べ物で放射能被曝対策!ビタミン療法、スピルリナ、リンゴペクチン!放射能対策まとめ
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-90.html




 放射能・デトックス 天使の巻毛  

■『防災の日』 ”死の想念”

巨大地震の前兆として、一部の狭い地域では、「ドーン」とした響きが聞こえることがあります。

浅い地下で岩盤が割れる音とも言われます。

東日本大震災の一月ほど前に、そのような音を聞いたことがありました。

そしてまた、座布団に座っていると、お尻から突き上げる感覚の日もありました。

大地震の当日は、「ゆっさゆっさ」揺れて家鳴りがしましたが、被害はありませんでした。




世界で発生したM6~M8の地震グラフ 
世界で発生したM6~M8の地震グラフ


明後日の九月一日は、『防災の日』です。
(1923年(大正12年) 9月1日に発生した関東大震災にちなんだものである)

忘れずに、防災用品の補充をしておきましょう。

■大量な”死の想念”の『直前警告夢』(直前、数ヶ月の時は何度も視る数次の警告夢)は視ていません。大きな地震であっても、”人と動物が死ぬ”ことがなければ夢には現われません。
(科学的な巨大地震の短期予測では、高い確度で来るとみているようです)




清浄な水 福島につながる大地下水脈


神道の考えとして「禊(みそぎと)」と「祓い」には、清浄な水と関わりがあります。

古神道より以前の縄文精神が伝わったものでしょう。

「うがい手水に身の清め」なる精神文化です。


禊ぎとは身体を「清浄な水」で洗いすすぐことで、身に付いた凶事や罪の穢れを除去して浄することで、祓いとは別のもの。
祓いとは、心身についた罪や穢れを「儀式」で唱え言葉(言霊)によって取り払い清浄に保つことです。

清浄な水の霊力によって罪・穢れを祓う伝統が、上古から現代まで続いているのです。
その清浄な水を得られる場所は、また鎮守の杜がある場所でもあるのは偶然ではありません。


縄文人は、神の気配が大地から渦巻き立ち上る(ボルテックス)場所で祭祀を行っていました。
その祭祀場所が、古神道から神道の変遷につれて、そこに神社を作ったのです。
◆ボルテックスの立ち上る「地震帯(活断層)に沿って」古い神社は作られてきた。


神様の居られる場所として自然の森、神社の鎮守の森がある
古い神社には、森の中に人を立ち入れさせない「禁足地」が存在する
清浄な水が湧いている秘密の場所・・・神気を抱合する地下水が立ち上った御神水があるのです。


◆東北の福島と関東平野は、地震帯(活断層)に沿った「大地下水脈」で繋がっているようです。
3月11日の震災で神奈川県の地下水位は下がりました。
(関東平野には、天然ガス田と結合した地下水脈があります)


[PDF]2011 年東北地方太平洋沖地震直後に関東平野で観測された地下水位低下のメカニズム. -地殻変動が地下水位に及ぼした影響の評価-. -地殻変動が地下水位に及ぼした影響の評価-

*(だが、東京都の地下水が急激に上昇、最高で60メートルも地下水が上昇していると報道されています。理由不明)


福島原発事故で原子炉は破損しています。

漏れ出した燃料棒が、大地下水脈を高濃度に汚染させたとしたらと、ぞっとします。
(冷却用汚染水より問題、制御不能)

神々は立ち去るでしょう。

穢れた水しかないとしたら・・・大地の下で、異変がゆっくり起き始めている。

 

■付き合いたくない二カ国の欠席 1000年忘れません

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110190000/19fdb1426746d8c9195e2e015252ad24_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

[保存]

震災式典欠席、中国に「極めて残念」と外相 韓国からは「欠席の意図なかった」
2013.3.12 10:08
 岸田文雄外相は12日午前の記者会見で、中国の韓志強駐日臨時代理大使が11日の東日本大震災二周年追悼式を欠席したことについて「台湾の扱いを理由として欠席する旨の連絡が事前にあった。極めて残念なことだ」と述べた。中国側は式典の献花で国名を読み上げる「指名献花」に今年から台湾が加わったことを問題視したという。

 日本側は事前に台湾の指名献花について「台湾に関するわが国の立場を変更するものではない」と、理解を求めていた。岸田氏は会見で「日中関係については大局的な見地から、戦略的互恵関係の原点に立ち戻ってしっかりと対応していきたい」と強調した。

 一方、式典に欠席した韓国の申(シン)●秀(カクス)駐日大使は11日夜、外務省の河相周夫事務次官に「欠席する意図はまったくなかった。事務的なミスによるものだ」と説明した。

●=王へんに玉


*****************************************************************************************************************


今後の中国・韓国との付き合い方は決まりです。

「助けず、教えず、関わらず」の基本原則で。

日本の大震災をチャンスとみて、侵略する意思を明らかにしたのです。
長年の侮りから、もう隠す気がないようです。

反日マスコミは、多数派に見せかけた「少数派」が実態。
鬱憤の蓄積に沈黙している国民が、何時奔流となって動きだすかと恐れているのです。


「奔流の兆候」

個人ブログにも、「身近な死、病苦」が、”ある日”・・・突然氾濫するでしょう。

今日は、福島原子力発電所が爆発(2011.3.12)してから2周年日です。








プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。