スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11大震災のショックから悪夢のぼかしは少なくなる



瞑想や夢で災害を予知している方のブログを検索することがあります。

動物や野鳥、人間の極一部には、「霊的な感性」の感度が高い層がいます。
群れや種族の危機を事前に気付く層です。最初に警戒の声をあげる。
歴史上、その層がいない集団は、簡単に滅びました。

「科学的予知」と並行して、選別した予知者をモニターすべきと考えます。
そして、いくつもの科学的なデータから、未来の兆候を掬いあげるのは霊的な感性の持ち主。

3.11大震災の予知ブログを検証すると、大概過去の記事が見当たりません。
触れることも、ぼかした曖昧な記述もありませんでした。
足跡を残したくなかっのか、新たなハンドル名を名乗っているようです。

大災害の予知夢とは、死につつある集団の想念を捉えるのだと考えています。
ビルや橋が壊れる現象を捉えるのではなく、死者の想念を捉えるもの。

死者の想念には、時間感覚がありません。
過去と未来や、チベット語でバルドウ(あの世とこの世の間=中有)に想念が存在するようです。

「繰り返す悪夢」は油断しないほうがよい。
自身や血すじの者の終末を視ることがあるからです。



市井の片隅に生きる縄文のシャーマン体質者ですWWW
話し半分でお読みください。

炎
http://www.123rf.com/browsefreeimages.php?src=googtrackad14&gclid=CNGo2rikgMACFVWVvQodYo4AfA


私が、3.11の二日前に視たのは「警告夢」でした。数か月や直前の短い期間に視る夢です。
(数か月以上や何年も続く「繰り返す悪夢」は、「予知夢」に区分しています)

それは、薄暗い大きな御堂に、膨大な人たちが背中を見せて座っている・・死者です。
夢の中の断片的記憶・・・火や水に追われて亡くなったと気付きました。



福島原発事故では、3月15日東京首都圏に放射能プルーフが流れると予見していました。



2011.3.15放射能対処法

(気象庁の天気図、放射能雲が流れる速度で到達時間を予測)


「きのこ雲」は、こどもの頃から繰り返し観てきた悪夢です。
シンクロニシティは、縁に沿って現出いたします。
福島原発は亡母の里・・・



【参考】
■ 原爆搭載艦インディアナポリスと十八発の対日原爆攻撃計画 (再掲・加筆)
2011-02-17 13:12:47

原爆搭載機の記事について
2011-02-16 10:01:36

スポンサーサイト

【速報】プーチン大統領、軍事介入せず クリミア併合否定  北方領土とリンクするクリミアのヤルタ





■【ウクライナ情勢】プーチン大統領、軍事介入せず クリミア併合も否定
2014.3.4 21:25 産経
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140304/erp14030421270014-n1.htm

 ウクライナ南部クリミア自治共和国の重要拠点を掌握したロシアのプーチン大統領は4日の記者会見で、「(自治共和国に)ロシア軍を投入する可能性は消えた」と述べた。
ウクライナの政変を批判する一方、ロシア系住民が多数を占める自治共和国を併合する可能性には「いまのところ、その必要はない」と否定した。

*敏感な領土問題に取り組んできた冷静なプーチンの判断ですね。


***************************************************************************************


■北方領土とリンクするクリミアのヤルタ

武力で奪った領土は歴史の澱(おり)になって苦しめる事になります。

北方四島を奪ったソ連は崩壊、現在のロシアは未だに「日露平和条約」が結べない。
サンフランシスコ平和会議に参加しなかったロシアとは戦後処理が残っているのです。
不安定な外交イシューが尖鋭な時に浮上して、友好的な手段が制限されてしまいます。
日本が「ウクライナとロシアの問題」に積極的になれない。

「竹島侵略問題」も日韓に深刻な影を落としています。
ことさら日本を「敵性国家」にして怯え、発狂しているようです。




クリミアのリヴァディア宮殿にてヤルタ会談

ルーズベルト、チャーチル、スターリンの秘密会議で、戦後世界を取り決めたヤルタは、ウクライナのクリミアにあります。
極東密約(ヤルタ協定)
日本にとって痛恨の地名です。


スターリンによって中央アジアに強制移住させられたタタール人が、クリミアに帰ってきています。
本来の住民です。
その地で、よそ者であるロシア人とウクライナ人が、凄惨なテロルの応酬をしているのが歴史の皮肉。



*国境が確定している安心感は大切です。
不安定な国境線で分けられた地域の住民は、どちら側にも平穏な生活が望めません。

いつも心の底には、過去の凄惨な争いの記憶があるからです。


現在の日本人は、国境の安全が国家、国民の平穏な生活を保障しているとの意識が薄いようです。
だから、「世界市民」なる妄想に浸っていられるのです。


過去の日本人が味わったソ満国境の恐怖感は、今のウクライナ紛争の現地住民(ウクライナ・ロシア・タタール)と同根ですょ。





 
  日露の領土
  


【青山繁晴】ロシア対日戦勝記念日と北方領土問題[桜H22/8/20]
 
http://youtu.be/Co6M6c0n10Y




ロシア大統領府は25日、メドベージェフ大統領が同日までに、日本が1945年に第2次大戦の降伏文書に調印した9月2日を「第2次大戦終結の日」に制定する法改正案に署名したと発表、改正法が成立した。事実上の「対日戦勝記念日」の法制化で、北方領土の実効支配を正当化する狙いがあるとみられる。

法改正案の趣旨説明では、ソ連軍の対日参戦により、満州や北朝鮮、北方領土を含む千島列島が「解放」され、第2次大戦の終結を早めたとしている。

ロシアのラブロフ外相は、先に終戦65周年の節目に当たり、対日戦勝記念日制定の意義を強調しており、サハリン州など極東を中心に各種の記念行事が行われるとみられる。(2010/07/25-21:36時事)



*オバマのウクライナ問題の介入で、日露交渉は中断させられるでしょう。
ウクライナへの金融支援だけ求められる。

現在のウイグル、チベットの虐殺で中共へ非難もしないで沈黙。
不確かなウクライナ問題には迅速な展開です。

アメリカには「失望」しました。






 

■雨が降ると


(癒し 睡眠)眠れる雨の音♪ サウンドヒーリング(sound healing)   


雨が降ると
不動屋さんの話では、
来店を予定されていた御客のキャンセルが多発するそうです。



プラント・システムの仕事をしていた若い頃、
座持ちの上手い自社の中年営業マンに同行依頼されたので準備していると、日にち変更を伝えてきました。

ある日、気づきました・・・雨が降ると変更すると。




何時も外に遊びに行く家の猫が、
縁側から空を眺めると、くるっと向きを変えて擦り寄ってきます。
子供だった私との遊びに変更です。

やがて雨が降ってきました。

お報せ 


夢で示される事が現実になるのは悩ましい。


巫(ふ、かんなぎ)の「出口なお」、巫覡(ふげき)の「王仁三郎」さんの過去の事跡について詳しくはありません。
が・・・王仁三郎さんの神示に、「鳩山氏」への言及があり、私の意識が向きました。


シンクロニシティ現象は、事前に用意され学ばせます。

その時期が到来したようです。

鳩山氏が、私の動画を観ていたと自分なりに”確信”していたからです。

しばらく、お二人(出口翁)の事について知識を得たいと思いますので、ブログの更新はお休み致します。

尚、学びに繋がる皆様のブログは、その間も読ませていただきます。


 

出口なお-1 


 (NET画像 翻刻編纂:飯塚弘明)

 

出口なおさんは、所謂、巫(ふ、かんなぎ)とは異なる範疇であるようです。
神託を使命とされた御方です。
周辺に神力を分ける役目があります。
その神力を出口王仁三郎さんに授けている。

 


 

ブロク゛記事の批評と「大乱の警告」



ネットでは、スピ系記事を載せるブログ主に対して、攻撃的な批判をする人たち(オカルトバスター)が一定数います。

ちょいと、自分のブログを検索してみましたが、非難記事は見かけませんでした。
プライベート間だけのサークルのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)では分かりませんが、公開されているネットでは有りません。

元々情報の乏しいシンクロニシティ現象を取り上げていたので、真偽を論じるほどの知識・体験が無いのだからでしょうか?

情報元となる精神(超)心理学者、哲学、宗教学者、数理系科学者、スピ系研究者の著作に目ぼしい成果はないようです。

その為か、外から知識を得る前提がないので、自分で探求するしかないのが現実。批評するほどの知識、体験が乏しい。



シンクロニシティ事象とは、スピ系の霊現象、輪廻転生、霊視(過去現在未来、病気の根源)、憑依、異界(異次元)、神通力など、広範な分野に渡る現象です。


まして時空間を超えているので批評しにくい。

探求者は稀な存在。




初期のシンクロニシティ記事については、激しいやり取りがありました。

しかし、リアルタイムに載せていくうち、深い論議に付いてこれなくなり去っていきました。

途中から支離熱烈なメッセージとなり、精神の崩壊を感じると、交信が止った方もおります。




久しぶりに批評のやり取りが去年ありましたが、

私のブログを”つまみ食い”してコメントされた方と感じたので、「通して読了されてみては如何が?」と、返信しました。


後づけのない”リアルタイムにブログ記事を載せています。

時間を経て、その結果がシンクロしてくるのが理解されたようです。過去ブログを読むと、戸惑った謝罪のコメントをなさって行かれた。




さて・・

「大乱の警告」 は、以前より載せています。

それが、今日の「侵略戦争」、「神域への冒涜」、「なりすましの国害(原発事故、政治外交)などを事前に警告してきたのです。



”事象”と”事象”をつなぐのは「意味あるシンクロ二シティ現象」です。

偶然ではありません。




多くの記事は、不可逆な時間を通して載せていたのがお分かりでしょうか?

まさか、おおげさな、と思う反応が普通・・・でしたね。



 
[時わたる精霊の夢]


宮は滅却



寺は荒れ果て



教会に人の声も無し




時わたる精霊が・・”去る時”


この国に


千年の祈りの記憶を持つ末裔たちは


生まれ変わることはないでしょう。  




過去に「夢示」された事を再掲したものです。

現在、御神木は枯らされ倒される、那智の神域は”なりすまし”に因って冒涜、反日カルト国人に靖国の御神門は汚され、仏像は盗まれ韓国に、そして全国の神社仏閣の放火、朝鮮オカルト化したキリスト教会は日本人信徒の姿が減り続ける有様。



精神性の侵略を警告し続けていたのです。


「大乱の警告」が「現実」となったのです。







*[■印 重要ブログ]


■原発事故との関係…新たに2人が「甲状腺がん」


■沈黙していた八咫烏(やたのからす )が飛んでいく











千年の祈りThe Prayer of Thousand Years 720p HD

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。