スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな時間


昔、セキセイインコを飼っていました。天使

昼間は、リビングルームで自由に放して遊ばせていました。


夜には、開けてあるカゴに自分で入ってお寝みします。。満月

餌を一頻りしたら、カバーを掛けてやると、「ぴちゃくちゃ」言いながら眠りにつきます。


朝は、カバーを外すと、カゴの出入り口の前にいます。晴れ

「ピーちゃん あそぼ、ピーちゃん あそぼ」と、首を振りながら催促です。


可愛がっていたインコが、外に逃げ出してしまい、捜す話題のブログがありますね。

飼い主の悪戦苦闘ぶりが、窺えます。あせる



普段から放し飼いに近い飼い方をしていましたので、逃げることはありませんでした。

うっかり玄関ドアを開け放して掃除をしていると、トコトコとピーちゃんが外に出て行きます。

暫く其のままに放っておくと、

「ピッ ピッ」と、アピールしてきました。

おやおやと思って・・・

遠くに行かない様に、呼び寄せると、トコトコと歩いて戻ってきました。(笑)



窓辺に居た時もあります。

すっかり窓を閉め忘れていました。


手を叩いて呼ぶ寄せると、一生懸命に飛んできます。

指に掴まり、さえずりながらコックリコックリと幸せな居眠りの時間ですね。天使


しかし、妻が昼寝していると、起こしに来ます。

鼻先を自分の鼻先で優しく押してきました。


小さな鳥も、繊細な感情があると気付かされますね。


短稿でした。ニコニコ
スポンサーサイト

母鳥の愛

$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢-ひよどりのつがい
(ヒヨドリ)


野鳥の子育ては、厳しい世界です。




休んでいたベンチの傍の木に、つがいのヒヨドリが飛んできました。

辺りには、散歩している人影がありません。


すぐ他に飛び去るのが通例です。

*呼び止めてみました。

ジッとして動かくなりました。

此方に意識を向けているのが感じられます。


オスが、誘うように飛び去りましたが、木に蹲るようにしています。

「・・・・」

雛を亡くした母鳥は、忘れていません。

*(雛鳥の気持ちになって呼び止めたのです)


犬を散歩させている人が、その木の下で立ち止まると、決心したようにオス鳥を追って行きました。


思い出させてしまったと、少し後悔しましたが、

来年、暖かくなる頃、めでたく新しい命の雛を育てることに期待しています。



短稿でした。ニコニコ

秋田の聖母マリアの奇跡

 「秋田の聖母マリアの奇跡」として知られているものは、シンクロニシティ現象だと思います。

マリア像からの落涙と芳香現象、「三つのお告げ」などから受ける印象に、それを感じます。

シスターの方に纏わる潜在的な超能力(サイキック)が、招いたとも云われていました。
超能力としても不思議なことに変わりないと思いますが、批判的な人たちは、それに気がついていません。


眠っている時の「夢」は、幻ですが、「意識した夢見」では物質化したリアルな現実が起きます。 

「幻想の物質化」なのかもしれません。



近代科学は、「物質の存在」を以て「存在証明」としていますが、幻想の物質化を想定していません。

観音像、金粉、乳香、蜜香など、空中(無)からの出現現象を手品か詐欺と見做しています。

幻想の物質化を「仮定」としても考えてきませんでした。


但し、サイキック能力ではありません。

真摯な祈りに応える「何かの存在」がもたらすものと感じています。


シンクロニシティ現象が起きたタイミングにメッセージ性があります。

シスターに起きた時期と内容に意識を向けるべきだと思います。

マリア像の涙に意味があると直感します。

*不思議な現象に、信仰の違いはありません。


短稿でした。ニコニコ

金型技術の流出 



国内の工場を閉鎖して、中国に移設するということが常態化して久しい。


日本の製造・生産技術を中国に渡すべく主導する勢力は、戦後のリベラリストとマルキストの合作です。

気づいた時には、国内の「現場の宝」ともいう人たちの仕事場が失われています。


金型工場が、中国に工場と共に技術移転すると聞いた頃(20年程前)、日本の製造業は衰退すると確信していました。

「金型技術」が、
物づくりに携わる者は、大切な核心技術と知り尽くしています。

何を作るにせよ。


「現場の宝」ともいう人たちが育つ環境は、何世代にも亘る、文字にも現れない技術者魂(スピリット)の継承が在ります。

それを、
マインドコントロールされたことすら気づかず、主要なポストを占めた者たちにより壊されてきました。

電話の一本で・・・。叫び   


現実です。


短稿でしたニコニコ

夢に訪れる村人たち

夢に現れる訪問者が、見知らぬ筈なのに、なぜか懐かしく思うこともあります。

それは、いつの時代とは分からぬ装束に戸惑いを覚えた夢でした。

小さなお堂の前で、老若男女と子供も交えた村人たちが、静かに集まっています。
僧侶の読経が続いていますが、その僧侶の姿は見えてきません。

とても穏やかな気持ちになる、深々とした静けさです。


過去の漠然とした記憶を呼び戻そうとするが、今生でのものではないと、妙に納得している自分がいます。

この夢は、何度か見ています。
場所は分かっていませんが、いつか訪れる機会が来ると思っています。


「夢と一致するシンクロニシティ」

は、この様な「何度かの情動を揺らす」ものから始まります。

夢の細部まで記憶する意識を向け続けていると、その場所を啓示されるでしょう。


その場所は、
繰り返してきた過去生の関わりがあると自覚することになります。


なぜに、
封印された過去生の記憶が、人により薄く解かされているのかは分かりません。

それは、過去世に生きた者が、何らかの信仰心から「この世の苦行を発願」していたのかもしれません。

過去世の記憶に触れた人たちが、一様に精神性の高さを謳うのを感じます。



クローバー前世の記憶を持って「輪廻転生」したと云われる14世ダライ・ラマ法王が、11月に来日されます。
(11月12日(金)~14日(日)ノーベル平和賞受賞者世界サミット )



*追記2010.10.15.ダライ・ラマ法王法話講演、例年ありました東京講演は無いとの事です。地方講演のみです。
          (江戸、所払いを感じます)

短稿でした。ニコニコ

存在と無の先へ

現在は「シンクロニシティのユング理論」を全般的に採用しているつもりはありません。

意味ある偶然の一致としての「シンクロニシティ」は変わりなく使っていますが。

どなたでも、体験をし続けてくると否応なしに分かることだと思います。


今・・・
先導した説に追従しているものが多すぎます。

体験したと称する事柄が、先導本と同じとはなり得ない筈です。

真実、体験している方のものは、事実の重みがあります。



シンクロニシティを体験した方の本からは、示唆に富む内容が感じられるものです。 

自らの「天職」を、シンクロニシティによって導かれたカウンセラーの本を再読しました。

読み返してみると気づくことがあります。

生きる使命を正しく知ると、
向かう方向にシンクロニシティが導いてくれる。


本シンクロニシティに導かれて―会社を辞めて出会えた本当の自分

メモ同じ想いです。それを羅針盤のように感じたことがあります。 



他のスピリチュアル本についての諸説も、様々に解釈されていますが、「知りたいこと」の核心には触れずじまいです。

「信ぜよ 委ねなさい 祈りなさい」

されば、救われると、同じような信仰を説く宗教思想がありますね。

それは、信仰の無謬性を強調するあまり、「神の存在」を問うことは許されません。


「知りたいとの欲求」を、エゴと見做すようですが、そうでしょうか? 


無謀かも知れませんが、

「啓示する存在」との対話を渇望する欲求は募るばかりです。

専心する信仰心からではありません。

魂を置き忘れてきた半生の帳尻合わせなのかもしれません。


何世紀にも亘る、

「神の存在と無」を議論していては、命の時は尽きてしまう。

彼らは、繰り返す過去生と同様な、翩々(へんぺん)とした議論を繰り返しているのです。


人生の「時」は、「宇宙の時」に浮かぶ泡沫のようなものです。

しかし、僥倖として「時」の中に顕れるシンクロニシティ(神の手)が、導いてくれます。



余り、廻り道はできません。

人は、露と消えてしまう身ですから・・。



短稿でした。ニコニコ 

守護天使のプラン

ヒヨドリが、窓先の百日紅の木に飛んできて囀りました。



何気なく聴いていると、 


*「ピーちゃん、ピーちゃん」と鳴いているようです。



「あっ!」ひらめき電球


天からの使者、あのヒヨドリだと思いました。


私の口笛を覚えていてくれたのです。


嬉しいですね。(笑)



夫婦で、


「何を思っていた時に鳴いていたのか」 を思い出しています。


とても困難なプランを計画中ですが、実行する決心がつきました。



守護天使のプランです。天使

(非公開)




短稿でした。ニコニコ


*人に愛された鳥は、また生まれ変わるのかもしれません。


祝福された人々 

スピリチュァルなことに、関心を寄せる動機は様々です。

おそらく、「肉体の死と精神の死」が、身近に起きたことに因る動機が、最も強いものと感じられま す。 


その方たちのブログには、興味本位とは異な る真摯な想いが伝わってきます。

魂の求道者の生き方をしています。



そして、
暗い道を、一本の蝋燭の明かりを頼りに歩く魂の求道者に、

自らの身を滅ぼすとも、

ともし火を消そうとも群がる蛾たちの存在があります。


その蛾のような情熱は、どこから来るか?

自らの「魂の純化」を果たそうとする者の生き方に、なぜ無意味な干渉の情熱を注ぐのでしょうか?

*(これらの疑問は、別ブログで、もう少し考察したいと考えています。感覚的には深刻な問題を含んでいると思います)



霊性の本質を問うこともなく、

オカルトの危険性を根拠に否定するものが目立ちます。

高度なスピリチュアルに触れている人たちには、その者たちの真贋は、充分に分かっていることなのです。

「霊性の本質」を感じる繊細な意識が、峻別しているだと思います。



破壊的カルト組織から脱退者の書いた本を読むと、どれも安易な動機が感じられました。

「疑似神秘体験」を熱心に求めています。

その為には、自己催眠による洗脳を多用していると云われます。

バーチャルな世界の創出からは、リアルな神秘体験は起きません。
頭脳の混乱です。



今生の魂の求道者は、

 「霊性の本質」を悟ろうとする目的を持った瞬間から、導かれるようなシンクロニシティを、次々と体験するようになります。 



クローバー 真にスピリチュアルを意識した人たちには、歓びに満ちた啓示が必然的に示されます。


 「祝福された人々」と、感じています。

見つけた時は、心底、鳥たちのような幸福感を味わっています。 

(自己満足ですが)

短稿でした。 ニコニコ

眠れない唯物主義者(唯脳論)の迷い

スピリチュアルな思考する者と唯物主義者(唯脳論)は、対極的にあると思いますが、
唯脳論者の一部には、「自分は唯脳論者であるが、脳が創造してくれた最高の恵みとして、
スピリチュアルな概念を理性的に信じながら生きていきたい」  (参照 生きがいの創造III)

と、従来のスピリチュアルな概念を完全否定する立場から変化した人たちも増えてきました。

但し、スピリチュアルな概念を「仮定」としてのものです。

魂(霊魂)の存在、生まれ変わり、前世の記憶、宇宙意識との交信、神の存在を唯脳論者は、仮定と見做します。


スピ リチュアルな概念を「仮定」から「確信」までにするには、
「決定的な証拠」が提示され、それを分析したう えで納得したいとの思いが見え隠れします。

繰り返す過去生と同様な、「真理の放浪者」だと感じてしまいます。


仮定の一つに、「夢と一致するシンクロニシティ現象」が存在します。

「夢と一致するシンクロニシティ現象」とは、時間を超えた空間を意識させる事例です。

所謂、予知夢と云われるものです。

未来には、「夢の場面と同じ結果」が起きてきます。


「不可逆な時空間に起きるシンクロニシティ」は、思いこみでは起きません。

万人を納得させられない事例としても、本人の体験は人生観、宗教観に甚大な影響を及ぼします。

本人にとっては、「決定的な証拠」となり、スピリチュアルな概念が、「確信」に変わります。



この空間に、身を曝した時、
唯物主義者(唯脳論)の迷いは、終わるでしょう。




短稿でした。ニコニコ


医師との縁談 

時代の常識が、

意識の底では、次第に変化すると気付かないものです。



医師との結婚を望む女性は、多いと思っていましたが、
従来の常識にかからない話なので印象に残ったのだと思います。

外科の医師と奉仕活動をする良家の子女の縁談だと思います。
男性は結婚を望みましたが、娘さんの方から断ってきたといいます。

男性は断られるとは露とも思っていませんでしたので、断られた事情を知りたがりました。あせる


女性から、
スピリチュアル・ケアを志す者として、その思いを認めた手紙を寄越しました。

あなたの手を想像すると、その手に眩暈を生じますと。パンチ!


男性の医師になるまでの誠心誠意の努力は、見てもらえずと思いました。
(医者は、汚いものに触るから厭だと言う人が居る時代です)


クローバー世の中から、誇りが薄れると、

聖職と見られる職業は無くなるようです。


繊細な女性の本心は、「聖人の手」を望んだのでしょうか。

男性の手は、職業人の手ではあるが、聖人の手ではないと?


短稿でした。ニコニコ




プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。