福島原発事故 老朽化していた原子炉

古い記憶で申し訳ありませんが、原子力技術者が話さないことなのでポイントを述べておきます。

福島原発が、40年間使い続けていた炉を10年間延長しました。計画では、さらに10年延長して最大計60年間使う予定だと云われます。

延長に当たって技術的な検査(審査)をしたと思いますが、そこに”大きな疑問”があります。

強い原子炉内の発生放射線を金属に長期間照射すると脆化(劣化)するとの文献を読んだことが有ったからです。

放射能を帯びた金属に、”ス”が入ったような状態になり、脆くなる経年変化の実験資料でした。

古い1号炉と2号炉の圧力容器の内部金属は、表面がぼろぼろ状態と推測出来ます。

すでに設計条件は、満たしていません。

原子炉の寿命を延ばすことは、物理的に不可能と理解していました。


現在、注水作業で炉内の温度が上下する熱ストレスも掛かっています。
原子炉圧力容器に破壊的ストレスが掛かっているのてす。

老朽化して寿命が尽きたとも謂える原子炉を、使い続けた東京電力と監督官庁、政治家は、世界から指弾されるでしょう。


また、

枝野長官の言う「圧力計に大気圧以上の数値(低いレベル)があるので損傷していない」も疑問です。

圧力容器内の上部は壊れていないが、注水している間だけ下部に水が滞留していれば、水が損傷部分に蓋をしたように見えるからです。

底が多少抜けていても、見掛け上、上部の圧力計の数値は上がります。


いずれにしても、

原子力発電所の外観は綺麗に見えますが、内部は老朽化していたと云うことです。

東北・関東大震災で、一番古い原子炉から壊れていきました。

腐食していたのです。

 

短稿でした。 
スポンサーサイト

遅い発表 猛毒プルトニウム

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110079000/00b4703f8fb04f207afcad9f2b2bf66e_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

原発事故の関連で、生命危機への政府発表が遅いのが目立ちます。



水道水の検査発表も前日分です。

欲しい情報は、当日朝の検出結果です。危機に於いても、公務員は早出しないようですね。



放射能測定は、事故後には行っていると国民は思っています。

発表を躊躇していると分かっていますが、国民の健康に対する悪影響を考慮すれば告知する義務があります。



国民自身が、放射能に対処する手段が少ないとは謂えますが。





短稿でした。


クローバー 【放射能対策 水 空気 水と食品の簡易検査器】

メモ 参考にしてください ↓

1) 放射能 浄水器 

2) 放射能物質対応呼吸用マスク  FSC-F-99E  

3)食品用放射温度計SK-8920

*前回の「載せられないブログ記事」は、私の事情で削除致しました。

コメント頂いた方に感謝しています。

 

遊行上人 一遍の夢見

戦国時代劇映画の一場面でした。

僧が読経を唱えながら、幾多の白骨化した雑兵の髑髏(しゃれこうべ、頭蓋骨)に、経の一文を筆で書いていきます。

若い私の心に、激しいデジャヴを引き起こしました。 



一遍がみた風景



その時代、

時衆と呼ばれ、後の「一遍」の起こした時宗でした。

時宗は、大無量寿経 観無量寿経 阿弥陀経に拠っています。大本山は藤沢市・遊行寺です。

この映画が引き金となり、度々断片的に夢に現れる事になりました。


一遍の夢の解釈は、重要な示唆に富んでいます。

夢は、神仏から伝えてくる「夢託(夢の中での御神託)」であるとしています。
それを「夢見」で受け取り、「夢語」として多くの民衆に和歌に換えて分かりやすく仏の教えを説きました。

一遍の初期の夢見は、受け取るだけですが、
自ら神仏に近づくにつれて、チャネリングが自在になったようです。

高度な夢見では、

夢の共有が為され、皆同じ夢を見るようになると、異郷にある者と夢で邂逅することも可能になります。
たとえ、その人物が亡くなっていても、生ある者として現れるのだと思います。



「称名の外に見仏を求むべからず。称名、即真実の見仏なり。

肉眼を以て見る所の仏は、実の仏にあらず。われら当体の眼に仏を見るは、魔としるべし。

但し、夢に見るはまことなる事あり。これゆゑに、夢は六識が亡じて、無分別の位にみる故なり。

故に、経には「夢定」と説り。」とある。(播州法語集、一遍)



 神仏の御姿を拝みたいとの欲求は、信仰の深い人ほどあるようです。

一遍の見仏(けんぶつ)の考え方は、瞑想修行について独特な解釈をしています。

瞑想に観る仏を、「魔」と喝破する考えですね。

しかし夢見の状態こそ、

「夢定」に至るとは、「禅定」也との達観を披歴しています。


一遍上人は、

とても優れた「夢見能力者」だと、気づきます。

死者と夢見した対話から、

一遍は、野に晒された者たちを弔う、「遊行上人」になられたのでしょう。


残念ながら、

東北・関東大震災での膨大な死者を弔う、現在の遊行上人の姿は現地にありません。

スピリチュアリズムを否定してきた伝統宗教界の現実なのでしょうか?


玄関に立つ濡れた姿に、胸が塞がります。。


短稿でした。



潜在意識に隠される体内被曝 

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110079000/2587a27a8b6e1904e7645739f40f7330_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

枝野長官の放射能被害の認識は、低いと感じられます。



高レベルの環境下で研究してきたが、何の障害も無かった述べる原子力研究者も居ます。





アメリカ軍は、広島、長崎、ネバダ、ビキニ環礁などで人体への影響を調べ尽くしていますが、極秘文書を公開しているとは思えません。



福島原発事故への異常な対処に、危機意識の高さが窺えます。



日本の研究者が、その米軍資料にアクセスできるとは思えませんので、安心情報は割り引いて聞いています。





放射能チリの一つでも取り込めば、体に廻って留まった個所を高確率で癌化すると謂われます。



体内を廻るロシアンルーレットですね。
(死に目に当たると終わる生死を掛けたゲーム)


体内被曝に許容量は有りません。



これからは潜在意識に隠された不安が、集合的無意識に作用するでしょう。



全国水道水放射能濃度の発表では、未検出(基準値以下)を「未満」としました。

全国の水道の放射能濃度


毒検出では、毒の有無であり、許容値以下?だからといって「未満」とは言いません。


暫くすると、基準値以下の数値が出ても、「未満」と発表するかもしれません。

要監視ですね。


自分の子供に、

毒水を安全な許容値だから飲みなさいと言われても、飲ませられますか。



国民の安全・安心を保証する政府ではないようです。





短稿でした。





◆身代わり

チェルノブイリ原発事故後では、野鳥たちが最初に犠牲となりました。

鳥は放射能に敏感です。

まるで、人間に危険を教える使者の役目があるようですね。


何時も朝になると、野鳥たちと口笛で挨拶しています。

楽しい一時ですが、

口笛を吹くのができなくなりました。

喉のチャクラの異変で、口笛が出ないのです。

この様なことは、以前には有りませんでした。




天からの使者、

鳥たちは、地上での役目を果たすと、静かに天に戻っていくのでしょう。



その時、

国難のステージが上がります。



短稿でした。


世界中に拡散する死の灰

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110079000/80837f91f4eadaae117e7b64b9fd97e4_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

フランス気象庁は、福島原発事故による放射能拡散シミュレーション(スーパーコンピュータVPP700E)を公開しています。↓↓

Mod?lisation de la dispersion des rejets radioactifs dans l’atmosph?re ? l’?chelle globale



日本政府の対策は、世界から批判に晒されています。



アメリカ政府からの支援を嫌い、中国を優先するがごときの動きが顕著でした。

クリントン国務長官が発表した、事故直後の冷却水の提供を断ったと伝わっています。
日本政府は、適時の判断を誤り続けています。


現在、海水注入から真水に変えるようにとの、アメリカのアドバイスと提供の申し出を受け入れました。

真水を輸送する艦艇を、三日程度で福島に到着させるとの報道がありました。


世界中に放射能を拡散させているのを、このまま放置しないとのアメリカの強い意思を感じます。

事故に対する能力、ダメージコントロールが出来ていないと日本政府は見られたのでしょう。


原発大事故が、次のステージに上がると、

欧米諸国から強烈な反応となって来るでしょう・・

彼らは、イラクで戦争中です。 猶予はありません。。


短稿でした。

冷却システムの復旧

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110079000/851eb167b24be6bc456487066ba3d048_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

原発事故に因る危機から脱するために、冷却システムの復旧作業が続けられています。



被爆した作業員は、20~30代なのが気になります。中堅世代ではありません。



異常事態の作業中にも関わらず、、放射線量の計測員が同行していないのが被曝事故で分かりました。



現場作業できる人選には、ベテラン技術者との組み合わせが絶対に必要です。





冷却システムの復旧が、原発事故による被害拡大阻止の要なのを、事故直後に理解していなかった首脳陣だと感じます。

多少でもシステム制御を学んでいれば、危機対策ができます。



的確なアドバイザーの姿が、未だに見えてきません。

後ずけのアドバイザーは不要ですね。



彼らの迷走が、国難を招きました。





今、弾丸のようなガンマ線、中性子線が、防護服なしに突撃作業をさせています。

(現在の防護服は、放射能チリしか対処できない)

原発事故はあり得ないと、完全防護服を準備していない。



若い人たちを死地に追いやっています。





指導層のドグマが、大震災の復旧を妨げていると感じてなりません。。





短稿でした。

ニューシア (nucia) 原子力施設情報公開ライブラリー

日本原子力技術協会元理事長 記者会見/videonews.com



3月18日、日本原子力技術協会元理事長の石川迪夫氏が外国特派員協会で記者会見をしました。

石川迪夫氏は、スリーマイル島・チェノルブイリ原発事故の解析研究された方です。

原発事故の過渡現象を詳しく知っている。


多少専門的な知識が必要ですが、冷静に福島第一原発事故(水素爆発前)を推測(データ提供されていないので)しています。

石川迪夫氏(77歳)は個人的な意見として述べていました。


体内被曝については、専門外なのでと講評はされませんでしたが、気になるところですね。

現在(3月24日)、放射性物質(ヨウ素、セシウム)が検出されています。

野菜の出荷停止、水道水の飲用制限(乳幼児)が公表されました。

毎日、水道水の放射性物質のチェックをして、用心したいと思います。




参考:一般社団法人 日本原子力技術協会


短稿でした。


クローバー 放射能で汚染された水を、飲まないようにしましょう。


東北・関東大震災 福島原発事故 南相馬市原町区からの拡散希望

相馬野馬追2010_神旗争奪戦



子供の頃、汽車に乗り、相馬野馬追い祭り(現在・国指定重要無形民族文化財)に行きました。

まだ、あまり知られていない地方の祭りでしたが、縁者からの招きです。

勇壮な先祖伝来の旗指し物をなびかせ、人馬一体の甲冑武者となり疾走する勇壮な神旗争奪戦(妙見信仰)を見物しました。

その地が、

東北・関東大震災に加えて、福島原発事故で追い打ちを掛けられています。

 



-----------------------------------------------------------------------------------------

【拡散希望】<福島県トピック> 南相馬市発

南相馬市在住です。今も原町区に居ります。
こちらは災害で数千人が死亡・行方不明です。捜索にかかったところ原発事故で屋内避難地域になりました。自衛隊の姿も見えません。捜索も進んでおりません。
昨日から自主避難が始まり街はゴーストタウンです。置いてきぼりの犬たちの悲しい鳴き声だけが聞こえております。

物流も完全にストップです。タンクローリーの噂は真実です。近づくのを拒否され、夜中に市の職員が運転手を連れて迎えに行きました。幸いライフラインは提供されておりますが完全に見捨てられた街となりました。
政府は会見で「津波災害による事故」を強調しておりますが、これは紛れもない人災です!。この地からもたくさんの人が原発で働いておりました。一昨日の夜に市側からの状況説明会が各小学校講堂でありました。その折偶然出会った一人の20代後半の若者と話を致しました。彼は事故当日原発で仕事をしていたそうです。
以後はその若者の話です。

「原子力保安院の責任者が真っ先に逃げました。約150人の仲間が原発で死闘しています。人手が足りません。だから明日自分も行きます。誰かが行かなくては為らないから。皆を被害から守らなくてはいけないから。」
その若者は命を掛けて行きました。ただただ頭が下がりました。
どっかのアホ菅が「命懸けで対処する」と抜かしていたがそれなら自分が現地に行って陣頭指揮をとってみろ です。
今回の事故は人災です。初期段階は炉心の存続を優先し、如何し様もなくて2日目から海水注入。もたついている内に他も水位の低下そして爆発。今は燃料棒の護りを優先している。現地に専門家がいないので機動隊も自衛隊も各自で放水をするしかない。だいたい機動隊の放水車は対人用で確かに仰角35度で90m位は飛びますが50mより先は霧状になってしまいます。機動隊や自衛隊が気の毒です。
無事に収まることを祈るだけです。
政府や東電は事後の補償の回避を検討しているのではなでしょうか。長くなりましての終わりますがどうか皆さん真実を広く国民や諸外国に知らして下さい。

------------------------------------------------------------------------------------------

 相馬馬追いの尚武の気風が、若者たちの敢闘精神の原動力です。

大切な大和の国の魂を持った若者たちを、すり潰さないでください。


今、「相馬野馬追い祭り」の”神事復活”を夢みています。

拡散を希望いたします。。 

 

日本の記憶 黒い雨 福島原発事故の放射能汚染

script_afpbb_news,http://jss.afpbb.com/sdata/newsdelivery/ameba/js/utf8/6974000/44e2e3bae4bf41bdbd348f922de7ae67.js

管首相の福島原発への激励訪問は、”雨”で中止されました。



日本には、広島・長崎・ビキニの体験があります。



雨で、放射性降下物が高濃度に濃縮します。



「黒い雨」に濡れた被災者たちは、

後で、次から次に放射能障害で亡くなって行きました。



福島原発では、自らの命を賭して作業する人たちがいます。

自分の寿命が、短くなることを知っているのです。



管首相は、長生きしたいのですね。



サムライの生き方に、”逃げる”はありません。

戦いの場での”後ろ傷”は、最後に腹切りです。



彼が、真の日本のサムライならば・・?


短稿でした。

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR