「真夜中の訪問者」



夜中に訪問する者は歓迎されないが・・・


幼い頃の家は、大正時代からあった別宅を店に改装した建物でした。

黒く塗った板塀に囲まれ、
玄関先の大きな丸い電燈は、ぼんやりとした明かりです。

明かりは燈していますが、玄関は使っていませんでした。

どう云う訳か北向きに作られており家人は避けています。

日常は、中庭を回って小さな玄関を使っていました。


何らかの縁があるのでしょう。

夢の中に、
その玄関先に訪問してくる女性がいました。
優しそうな、懐かしく感じる人。

翌日なのでしょう、
祖父の後を、とぼとぼ歩く幼い自分の記憶。
着せられたのは、歩きにくい着物でした。


線香の匂いとにぎやかな祭壇を見ていると・・
布団に寝ている人に会わせられたのです。

夢の中の女性でした。



http://youtu.be/4UYgtD7fWrc


スポンサーサイト

【原発事故の記録1-3】 川内村の「帰還宣言」

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110132000/93ed92b2fd7d2e928e09c134563ea99d_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js
********************************************************************************

【保存】川内村、31日に「帰還宣言」へ 警戒区域の市町村で初

2012.1.27 20:52

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120127/dst12012720530025-n1.htm

 東京電力福島第1原発事故で、一部が警戒区域に指定されている福島県川内村は27日、村役場が避難している郡山市で村議会全員協議会を開き、避難生活を送る住民らに村へ戻ることを呼び掛ける「帰還宣言」を31日に出すことを伝えた。

 除染で放射線量が低減したことを受けた措置で、避難区域に指定された自治体の帰還宣言は初めて。村に戻る時期は自主的な判断に任せられる見通し。

 遠藤雄幸村長は「チェルノブイリ原発事故による避難で消滅した村も視察してきた。避難が長引くほど帰還は難しくなると考え、宣言を決めた」と説明。複数の村議からは「除染が不十分」「子供の健康が心配」といった慎重論も示されたが、遠藤村長は「明確な反対はなく、一定の理解は得られたと思う」と話した。

 村は一部を除き年間被(ひ)曝(ばく)線量が1~5ミリシーベルト程度と低いほか、村内の小中学校も同0・2ミリシーベルト程度にとどまるという。今後も子供がいる住宅などの除染を重点的に進めるほか、産業誘致などで雇用確保も進める。

 同村は原発の南西約20~30キロに位置し、約3千人の住民の大半が現在も避難生活を送っている。

(産経ニュース)
********************************************************************************



汚染されている川内村に住民を呼び戻そうとしている。

東電・福島第一原子力発電所から白煙があがっていたのが、数週間前の事で放射線量も上昇しました。

まだ放射能漏れが継続中なのは歴然としています。




高濃度に汚染された村の周辺の山々の除染は手つかず・・・

吹き下りてくる放射能に、村は日々侵されている。

事実を見ようとしない頑迷固陋な人物たちに、この日本は侵されている。




夢見に視えた村の様子・・・

静寂の村に声は無い

暝(くら)い靄に包まれている村を見降ろすカラスの目。





不思議な写真

もう何年も前の事です。
不思議な写真を見ました。

私が手術されていた最中、
朦朧とした意識の中で光が流れて行く・・・
そして、ぷつんと闇に閉ざれ完全な無になった。

光の光芒は、一瞬の出来事なのかもしれない。
そのおなじ光の光芒を現した写真を観たのです。

死の闇に閉ざされた生命の光なのかもしれない。
感じたのは、生死の関頭にある人の意識です。



写真が伝えた哀しみは、ソウルメイトならではの伝わり方でした。
遥かな先祖の地で縁を結んだ人です。

その女性の先祖の地を伝えると、感じた通りでした。

尋ねなくても分かる事があります。
シンクロニシティは、深い過去世の縁に沿って現れるからです。

深淵にある存在が導く手です。





$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢
57年目の赤松との再会 

「不思議な老化の秘密」  若い美女が、 あっという間に老女に 

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110131000/4c7afa68975a3de2412e95295f65133d_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js



「サイエンスミステリー2012_見えざる禁断の世界II」(1月28日午後9時放送、フジテレビ提供)

 遺伝子や脳科学など最新の研究から人間の真実と愛を浮き彫りにする人気シリーズの第9弾が登場する。1月28日午後9時放送の「サイエンスミステリー2012 見えざる禁断の世界II」は最先端科学を通じて人体の“見えざる世界”に迫る。(フジテレビ広報部 小出和人/SANKEI EXPRESS)



***********************************************************

26歳のベトナム女性が、2年で老女に変身してしまった。

8歳年上の婚約者が歳下にみえるようになる。



不思議な人体の“見えざる世界”に注目です。



1月28日午後9時放送、フジテレビ提供


束縛 原発避難の移住を阻むもの

束縛 原発避難の移住を阻むもの

安定した生活をしていた層ほど移住することに悩むでしょう。

家族の関係・・親の介護・扶養、子どもたちの学校、
離職することの不安。
代わりのない適職から離れる事。
親しい友人とのお別れ。

家のローン残債の整理。
愛着の有る家の売却。
(後になるほど売却は不利)

原発避難移住の決断は揺らぎます。
耳に心地よい、政府の「安心・安全」に気持ちが傾くのでしょう。
動きは鈍い。

ナチスから迷っている間、
最後に逃れようとしたユダヤ人は、カバン一つで追い立てられました。
★ダビデの星を胸に縫い付けられて・・・

そして、
その後の移住の歴史は、パレスチナの新たな悲劇を生んだ。



Hatikva- Israeli national anthem



「老人と放射能」


福島原発から20キロ圏内に住んでいる老人と老犬のルポルタージュ番組でした。
老犬は里山で切った丸太運びを手伝っている。
ちやんと役割を知っているのです。


宮沢賢治の生き方に共感する高齢な老人。
乏しい電燈の下で、賢治の詩を写経するがごときの静かな日常でした。



*youtube=> kizuna311 #01 渡辺謙「雨ニモマケズ」朗読


福島原発の爆発は、ささやかでも豊かな生活を一変させる。
最晩年になっての避難所暮らしは見ていても辛さを感じます。


そして、
転転とする避難所は、住民が逃げ出した汚染レベルの高い場所なのです。


まるで避難した住民の穴埋めに、行き場のない老人たちを集めているようです。

非情の立案者がいる・・。


宮沢賢治がいつも持ち歩いていた手帳には、「雨ニモマケズ」詩篇が書き込まれていました。
その手帳の背表紙には「南無妙法蓮華経」と彼の信仰の証があるのです。

隠されている真実です。



シンクロニシティの失敗 説明はない

現役の頃でした。

過去の話を話しているつもりでいましたが、明日に起きることでした。

シンクロニシティ現象には、過去と未来の時間の壁がありません。


相手の関係企業の若い男性が血相を変えて訪ねてきました。

何気ない雑談のつもりでしたので、あまり話しの内容を覚えていません。



「家族の話はしたことはなかったのに・・・」

「どうして子供の怪我を知っていたのですか?、それも起きる前に知っているのですか?」

「・・・・・」

「分かりません。偶然ですね」



詳しく話しても無意味です。

説明はありません。










【東日本大震災】 「お化けや幽霊見える」 心の傷深い被災者 宗教界が相談室

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110130000/31266a6979920e23bb76457d216f612c_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js



昔から、戦争、大震災の庶民の記録として、多くの亡霊奇談が残っています。

同様に東日本大震災は庶民の記録として亡霊奇談も残るでしょう。

すべて精神心理現象として見る事は、本質から離れます。




被災者のみならず、外部からの支援者の目撃例がありました。

外部からの支援者には、震災トラウマが少ない。

直接被害に遭われた方たちとは心理状態に差があります。

その支援者にも亡霊目撃があったのです。



亡霊のいる、いないの論は、被災者にとって無意味なことです。

悩みの解決になりません。



大震災の直前に、私は夢の中で、甚大な数の亡霊の背中を見ています。

余りにも多くの死者の背中に滂沱として涙を落していました。

不思議の世界です。



霊的感性の高い人たちには、見る、感じることでしょう。

伝えてあげてください。


宗教者の助言が心の平安を取り戻すでしょう。



合掌

ストロンチウムとプルトニウムの飛散状況

政府と県の隠蔽体質は瘴癘の地を出現させるかもしれない。

警鐘は終わりました。

選別の始りです。




$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢
(表示されていない)

原発で何かが起きている。

空間線量計の数値の急上昇が示していました。



[ストロンチウムとプルトニウムの飛散状況]

飯舘村(春の検出当初)
http://i36.jp/00kakusyu.pdf


*別図2 はストロンチウム・プルトニウムの飛散図と濃度です。
http://i36.jp/00-st_pr_map.pdf


避けないで、直視してください。





野鳥たちの引っ越し *追記 夢にアクセスできる方へ

福島の避難地域に取り残されたペットの犬や猫の救援活動は盛んなようですが、野鳥の救出は行われていません。残念です。

野鳥たちの引っ越しの夢を見た・・・

鳥たちを安全な地域に誘導したいとの気持ちが日々強くなったのでしょうか。
どれだけの鳥たちが移動してくれるのかは分かりませんが、呼びかけてみたいものです。


森の精霊にお許しを乞うて、そして手伝ってもらう。 
誘導に成功すれば、汚染地域の鳥たちや動物も姿を見せなくなる。


精霊と野鳥が去ると、森は森閑として悠久の眠りに付きます。
還ってくるまで・・・


仲良しの鳥がいるので仲間に呼びかけてもらい、皆で移動してもらう密かなプラン。
半分本気です。(笑)



ヒヨドリのさえずり 呼び寄せ Calling Wild bulbul

by tarooza


読んでくれてありがとう。
森の仲間です。




*追記 夢にアクセスできる方へ

夢に自由にアクセスできる人は、野鳥や動物たちの夢で対話ができます。
人間界の異変に怯えています。
愛に満ちた神域に案内してあげてください。
可能だと直感するでしょう



プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR