スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【原発民間事故調報告書】 「テンパッた」菅氏による「人災」が証明されたといえる

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110137000/e0fbf93fa5baba04b9d22d6d220e3e6f_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js


産経ニュース

パニックと極度の情報錯綜 「やめた方がいいですよ」 枝野氏は菅首相にダメ出していたが…

2012.2.28 00:17

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120228/plc12022800190001-n1.htm



福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)の報告書から浮かび上がるのは、「パニックと極度の情報錯綜(さくそう)」(報告書)に陥り、「テンパッた」(同)状況となった当時の菅直人首相や官邸中枢が、現場に無用な混乱を招き、事故の危険性を高めた実態だ。調査の結果、菅氏による「人災」が証明されたといえる。



 「厳しい環境の中でやるべきことはやった。一定の達成感を感じている」



 菅氏は昨年8月の首相退陣表明の記者会見でこう自賛した。だが、報告書が指摘するのはむしろ、やるべきでないことばかり繰り返した菅氏の姿だ。



 報告書によると菅氏が東日本大震災発生翌日の3月12日早朝、東京電力福島第1原発を視察することに、当初は枝野幸男官房長官(当時)も海江田万里経済産業相(同)も福山哲郎官房副長官(同)も反対だった。



 ところが、「言い出したら聞かない」(報告書)菅氏は視察を強行する。視察に同行した班目春樹原子力安全委員長は現地に向かうヘリ機中で種々の懸念を説明しようとしたが、菅氏は「俺は基本的なことは分かっている。俺の質問にだけ答えろ」と聞く耳を持とうとしなかった。



また、菅氏は第1原発に代替バッテリーが必要と判明した際には、自分の携帯電話で担当者に「大きさは」「縦横何メートル」「重さは」などと質問し、熱心にメモをとっていた。同席者は「首相がそんな細かいことまで聞くというのは、国としてどうなのかとぞっとした」と述べたという。



 菅氏が官僚機構に不信を抱き、セカンドオピニオンを求めるために3月中に次々と6人もの内閣官房参与を任命したことには、当時からメディアで「船頭多くして船山にのぼる」という批判が強かった。この点について枝野氏は事故調に「常に『やめた方がいいですよ』と止めていました」と証言した。官邸中枢スタッフもこう述べている。



 「何の責任も権限もない、専門知識だって疑わしい人たちが密室の中での決定に関与するのは、個人的には問題だと思う」



菅氏が原発事故の初期段階以降も他の閣僚や事務レベルに適切な権限委譲を行わず、引き続き直接的な関与を続けたことへの批判も指摘されている。



 「(政府と東電の)統合本部の士気を低下させるから、なるべく菅さんが出てこないように言ってほしいと何人かから頼まれた」



 これは官邸スタッフの言葉だ。同様の証言は報告書を待つまでもなく、当時から枚挙にいとまがない。



 報告書は「菅首相の個性が政府全体の危機対応の観点からは混乱や摩擦の原因ともなったとの見方もある」と指摘する。ただ、これは「前首相」に一定の配慮を示した控えめの表現だろう。(阿比留瑠比)



********************************************************************************

【原発民間事故調報告書】

3月15日が「運命の日」 SPEEDI生かせず 国の失態を批判
2012.2.28 00:27 [放射能漏れ]

http://sankei.jp.msn.com/science/news/120228/scn12022800290002-n1.htm


 民間事故調は、放射性物質の飛散が増えた昨年3月15日を、住民避難の観点から「運命の日だった」と指摘した。報告書は放射性物質の拡散予測システム(SPEEDI)に関し「(避難の)判断材料とするため30年にわたり開発してきたのではなかったのか」と問い掛け、予測を避難に活用できなかった国の失態を批判した。

 報告書はSPEEDIについて「原発立地を維持し、住民の安心を買うための『見せ玉』にすぎなかった」とも表現。一方で、予測に不確実さがあるものの「避難住民の被曝(ひばく)の可能性を低減させるため、最大限に活用する姿勢が必要だった」とした。

 また文部科学省が第1原発事故後に、SPEEDIの運用を原子力安全委員会に「一方的に移管した」と指摘。「責任回避を念頭においた組織防衛的な兆候が散見され、公表の遅れを招く一因になった」と文科省の無責任ぶりを非難した。


**************************************************************************



スポンサーサイト

しばらく(一週間ほど)ブログ更新はお休みいたします。


福島原発以来、体調不良を訴える方が増えました。


今週は病院で精密検査を受けています。

しばらく(一週間ほど)ブログ更新はお休みいたします。



インフルエンザが流行しています。

皆様の健勝あらんことをお祈りいたします。






「にわかスピリチュアル層」



団塊世代の初期世代はリタイヤして自宅に籠る状態の人もいます。
仕事を通しての付き合いは浅いもので、会社を離れると年を経るほど大半が切れてしまいます。

子供たちは独立して別所帯を持っていたり、
連れ合いと死別すると独居老人となります。

若いころから趣味も持たず仕事のみの方は、スピリチュアルなことに無関心でした。

しかし身の身辺に死別する縁者を見送ると、急に霊の世界が気になるようになります。
「にわかスピリチュアル層」・・・免疫がなく簡単に騙される層ですね。


そして、
単身老人をターゲットにする「開運・霊感商法業者」が近づいてきます。
孤独感に附け込むトークを散りばめて高額商品を売り付けます。

除霊 石に悪霊を封印 結界 数珠、水晶
と、それぞれ”高額な商品”を次々送ってきます。

その中には、数珠と石に悪霊を封じ込めたので川に捨てろと指示します。
巧妙な手口です。気が変わった客から返品させないためです。

益々悪質な「開運・霊感商法」になっているようです。


以前、
「写真から憑き物を視る」事をブログに載せたことがありました。

このブログをヒントにしたと思われる者たちが現れ、活動した形跡があります。
それ以後は、核心的な見方や方法は載せないようにしています。

詐欺師グループは、スピリチュアルなブログを漁っています。

無防備に書かないでください。
彼らの手口に悪用されてしまいますから。


真の霊感、霊能者ほど載せるについて御配慮願います。




参考 「霊感商法」(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%8A%E6%84%9F%E5%95%86%E6%B3%95



昭和の思い出 大きな柱時計



$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢
(柱時計と棒温度計 net-NO1)

店には、明治生まれの大きな柱時計が鎮座していました。


$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢
(ゼンマイ鍵 net-NO2)

ぜんまい仕掛けですので子供には触らせません。

時々、時計屋さんが来て専用のゼンマイ鍵で巻きあげます。

振り子の調整で時刻を合わせるのは年寄りの人でした。


ぼ~ん ぼ~ん ぼ~ん

時計屋さんの仕事ぶりを眺めのが楽しみでしたね。



そして・・・

家の小さな掛け時計を壊したのは私です。

ゼンマイを巻すぎて壊してしまいました。 
あせる


ビョ~イン 足あと 





プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。