■薬師如来がつないだチベットと日本  前の第13世ダライ・ラマ法王と日本の不思議な縁 

 

 

薬師如来像が盛んに作られてきたのは、チベットと日本です。

(薬師如来は古代では一番信仰された仏さま。菩薩の時代に立てられた「薬師十二大願」の内、第七願の除病安楽が大きく取り上げられて広く人々の病気を治し延命にするだけでなく、精神的な苦痛までも取り除くという至りつくせりのお医者さんです)http://www.eonet.ne.jp/~kotonara/yakusinyorai.htm

 

老荘思想と儒家思想に膠着した儒学の中国と朝鮮国ではとても少ない。

シルクロードの道筋、ウイグルの敦煌に見られる。(中国とは云えない)

 

住むには自然が厳しいチベットと、自然に恵まれた日本なのに偶然ではないようです。

両国とも 古代からのアニミズムが伝わっている。

 

中国の中原では、民族の興亡が激しくてアニミズムが伝わっていない。

断絶の歴史です。

 

日本とチベットのアニミズムは、仏教伝来の「薬師如来」が受け入れやすかったのでしょう。

現在もチベット医は、治療前に薬師如来像に祈りを捧げます。

 

両国は、阿吽の呼吸で通じる土台があるようです。慈悲の心です。

 

 

昔の話です・・・が。

 

戦争の混乱の満洲國で 彷徨う病気の日本人の子どもたちを救ってくれたのは、薬草の知識と慈悲の心を持つラマ僧(チベット仏教の僧侶)と満人でした。

 

戦争は8月15日で終息したのではありません。僻地の引き揚げは、混乱が長く続きました。

 

敬虔なラマ教の信仰を持つ満人の少ない満洲國の北(*現在の中国延辺朝鮮族自治州の北方)では、ほとんどの子どもたちの命は絶たれた・・と、深く記憶しています。

 

アフリカ・ルワンダ虐殺の悲劇を想像してください。

 

 

 チベット仏教と日本の不思議な縁を感じるのは・・

 

満洲國では、前の第13世ダライ・ラマ法王(1876~1933)は、親日家で知られていました。

戦争の混乱前から、敬虔なラマ教の信仰を持つ満人と日本人は穏やかな交流をしていました。

 日本人を助けてくれた人たちです。

 

 
その第13世ダライ・ラマ法王(トゥプテン・ギャツォ)の夢見による重要な遺書です。
生前、チベットへの中国共産党の侵略を正確に視ていたのです。

 ***************************************************************************************

■聖なる遺書 13世ダライ・ラマ法王(トゥプテン・ギャツォ)の予知夢


テーマ:チベットの運命

 
聖なる遺書・・・


「チベットは、宗教、政府の両方が”内外から攻撃を受ける”であろう。

もし、我々みずから自国を守らないならば、ダライ・ラマとパンチェン・ラマ、父と子、すべての尊敬すべき宗教的指導者たちは、この国から姿を消し、無名の者になってしまうであろう。

僧も僧院も絶滅されるだろう。

法の支配は弱まり、政府官僚の土地、財産は没収されるだろう。

彼らは己の敵に奉仕させられ、物乞いのように国を彷徨うことになろう。

すべての者が塗炭の苦しみに喘ぎ、恐怖に晒され、昼も夜も苦悩に重い足を曳きずってゆくだろう。」


 *****************************************************************************************

 

今の世で・・

 

チベットの人たちは忍苦の果て、抗議の焼身自殺するまでになりました。止まりません。

(現在、2012年11月27日時点では85人。若年化している!)

 

チベット國の存亡の姿は、近未来の日本を暗示している。
若い人の覚悟の死を止めるのは、この日本の声は大きく響きます。


慈悲の心が分からない中国共産党政権下の中国を、最貧国に戻す力を持っているのです。

第13世ダライ・ラマ法王の遺書による・・「 内外の敵」に分からせる時期。


声を挙げましょう!

[拡散] チベット中央政府 CTA)から グローバル連帯の日、12 10 日の声明文

 


*延辺朝鮮族自治州(北満洲)

高句麗の以前から満州族の住まう土地であったが、清代に入るとこの地を満州族の聖地と見なし一般人の出入りが禁じられた。そのため人口密度が極端に低い状態が続き、そこへ貧困から当地に密入国する朝鮮族が増え不法に定住を始める。清政府は、その対策として取締りの強化とこの地への中国人の移動を許可するにいたったが、満州国時代になると日本への不法移住朝鮮人の受け皿としてこの地がその役割を果たすこととなった。日本統治下において、日本本土への渡航を禁止された朝鮮人の大半は本土への不法移住から満州国へと流れた。この時期には合法・不法問わず多くの朝鮮人が移住を行っている。(wikipedia)

 

スポンサーサイト

■日本古代史のシャーマン  謎の人物・稗田阿礼(ひえだ の あれ)

歴史的な発展で、社会構造が複雑化しても、部族の原初的な創世神話(精神世界)は余り変わりません。

(神話には、神々と精霊と祖霊の魂が入っていると思っていたのでしょう)

縄文時代(1万6千年~)は、人類史上珍しい長きに亘る文化でした。

縄文時代の中期までには、部族単位で創世神話が語られていたのでしょう。

 
日本的アニミズムとは、「神々の存在」、「精霊崇拝」、「マナイズム(R.R.マレットの定義)」、「生まれ変わり(魂)」や「マナ(外来魂)」を抱合した精神文化の形態を云うと思います。

地震、噴火、雷雨、台風、竜巻、火球、天空の動きなど、自然現象の力から精霊より超絶な「神々の存在」を感じたのでしょう。後の道教の神々、仏教の神々とは異なります。

草木、あらゆる生き物 に「宿る霊」を感じて「精霊崇拝」となったのでしょう。

そして、その宿る霊力を食べる事でパワーを得られると考えた。「マナイズム」と云われます。

 

部族社会では、食料は「公平」に分け合いました。
大切な埋葬場所も大きさが同じで「公平」に作られていました。
人間も動物も物は、神々からの預かり物との意識があるからです。

また、厳しい自然の中では協力していなければ生きられません。


*縄文(前期~中期)の陸穂が食べられる以後・・
突然、食人の風習のある集団が現れると、それまで狩猟にしか使えない矢じりが「殺傷用の矢じり」に変わりました。そして古墳が現れ、埋葬地の大きさが「公平」て゛なくなった。しかし、「公平」の概念は神話の中に残り、後世に伝わって行った。

「貝塚」は、縄文人の心を推察するのに重要な場所です。
自然界にあるものは「全て神々の所有」するものと考えていたのでしょう。

広場の中心にある埋葬地・祭祀の場所から骨になった人骨を「聖なる場所の貝塚」に置いたのです。
神々に還すと、やがて生まれ変わって戻ってくるとの思考法でした。


生前使用していた土器類や衣服、装飾品なと゛の副葬品を葬った。
動物の骨も、生まれ変わると考えていたようです。

大切な身代わり土偶もあります。(私は依り代の原型と推定しています)
貝塚はゴミ捨て場との意識ではなかったのです。

縄文時代前期を主体とする貝塚で、狩猟の道具、漁業の道具、土偶、耳飾りなどの装飾品、どんぐりなどの木の実、しじみなどの貝、イノシシ、シカの骨、埋葬された人骨が出土しています。(福岡県鞍手町歴史民俗博物館)

*{学者・知識人・精神世界を知る芸術家でも、日本的アニミズムを理解するのは難しいのでしょう。
沖縄の僻地の島で、聖なる場所を奇習と捉えるテレビ局と共に穢してしまった某騒動。以後、久高島の風葬の後生(ぐそう)儀式が行われなくなった例がありました。

唯一、遥かな歳月を守られてきた縄文時代の伝承儀式を毀したのです。)

縄文人が思う「生まれ変わり」(魂)は、仏教の「輪廻転生」思想(業が輪廻する)と似ている様ですが、異なる考えです。
これまでが、大部族によって「國作り」が始まる頃までに形成された「原初的な創世神話(精神世界)」です。(複数の部族の神話も収斂する)

 
さて・・

神話の中には民族の心の規範となるものがあります。神話に込められた精神は、いくら外面が時代の変化をしても変わらない。(理解出来なくなる事も多くなりますが)

 

古事記の神話の中で、スサノオウの乱暴に対して八百万の神々たちが、高天原から罰を与えて追放しました。公平に裁きました。

 八百万の神の「宿り神」信仰は、「公平」を意識させるものです。

何故ならば神々の集まりの場では、公平だからです。

 

古神道て゛は・・

「語り部」として、神話を記憶して後世に語り継ぐ役目(家刀自、いえとじ)は、古代において巫女が担っていた。しかし優秀な巫子(男子シャーマン)が見つかれば、用いたのでしょう。

 
*『神話として民族精神を口伝で伝える役目の者が居ました。
ふつう考えると伝言ゲームでやると、最後にはなんだか分からないようになります・・が。
この口伝者が伝えるものは、シャーマンで一言一句を「憑物状態で記憶」する と云われています。
紙で伝わったものは消えますが、口伝は消えないのです。
ネイティブアメリカのシャーマンは、ベーリング海を渡りアメリカ大陸に着いた神話を語りました。』


仏教伝来と共に、神祇信仰(古神道)は、「禊と穢れ」思想が入ることで、原始宗教とも云える「精霊信仰」は低くみられるようになると廃れてしまいました。

 
神祇信仰思想によって土俗”の精霊信仰は、八百万の神の「宿り神」信仰に、すべて変化したのて゛しょう。

それによって「山川草木」に親しむ、「精霊信仰」の担い手であった男子シャーマンは、霊的感性を利用されるが差別されるようになった。(霊的感性は、巫女舞、 儀式として残った)

 *(大乗仏教の”小乗”と断じる批判(差別)と同様な事が、古神道の形成の中で起きたようです)


例外として、

 天武天皇の勅で(古事記・日本書紀)、「帝紀・旧辞」を誦した国史に携わった謎の人物として稗田阿礼(ひえだの あれ)がいた。 江戸時代から謎の人物として色々な説があります。未だに確定していない。
元明天皇の代、詔により太安万侶が阿礼の誦するところを筆録し、『古事記』を編んだ)
参考 http://www.geocities.jp/yasuko8787/o-067.htm


賀茂神社の神事・賀茂祭の宣命に、「阿礼乎止女阿礼乎止己」とある。

 神の「*依り代」となる男女を “アレ” ヲトメ・“アレ“ヲトコという。

依り代=アレ=阿礼  

乎止女(をとめ)・乎止己(をとこ)は、巫女(娘)・尸童・巫子(男)なのでしょう。

 

謎の人物・稗田阿礼は、“精霊信仰”の担い手であった男子シャーマン「依巫(よりまし)」だと理解すれば、“神祇信仰“に変わった古神道の記録から隠されたのでしょう。



稗田阿礼は、上古語の言葉・「縄文語」で誦したのです。
*(舎人の阿礼は、各部族の神話を集めた時、男女の「語り部」から訊き取る優れた記憶力の持ち主であったようです。語り部(シャーマン)は一言一句”違えない原初の縄文語を伝えてきたからです。普通に言われる記憶力とは異なる、憑依状態の特別な記憶です


*(一度見たものはいつでも口に諳んじ、一度聞いた事はいつまでも記憶して忘れない。古事記 序文) 


今、原初的な神話
を子らに語らないと 民族の基底に心根の無い砂の民になるでしょう。(日本神話の集大成とも云える古事記には、日本民族霊・霊性を強く感じる)

 
共通する神話(精神世界)を持つ民族の間では、阿吽の呼吸で通じる・・・通じない者が増えたようです。

 
縄文時代以来の「公平」・・を、今、生きる大衆は求めているのです。

付記 市井に生きる者の私論です。

 [参考]
古事記・日本書紀の編纂方針を解く (古事記真福寺本
http://www2.ocn.ne.jp/~syouji/kodaisi_7.htm
「依り代」wikipedia
アニミズム発生論理再考 「霊魂」の人類学思想史 タイラー


追記 2013.2.5 テーマを日本の歴史から八咫烏に変更



プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR