原発事故の刑事責任 

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110180000/cdfafb4b472f617a27c31affaba165d2_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

[保存]

閉じる【東日本大震災】原発事故 100人超聴取へ 東電旧経営陣・班目氏ら 検察 来春立件判断
2012.12.30 08:43
 東京電力福島第1原発事故をめぐり、東電幹部らが業務上過失致死傷などの罪で告訴・告発された問題で、検察当局が当時の関係者ら100人超をリストアップし、年明け後に本格聴取に乗り出す方針を固めたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。事情聴取は原子力安全委員会(廃止)の班(まだら)目(め)春樹元委員長(64)や、東電の旧経営陣も対象。政権中枢にいた民主党議員らの聴取も視野に入れ、来春にも立件の可否を判断するもようだ。

 検察当局は8月以降、各地の地検に出ていた業務上過失致死傷罪などでの告訴・告発を相次いで受理。その後、東京と福島の両地検に案件を集約させた。

 告訴・告発の対象には、菅直人元首相(66)や海江田万里元経済産業相(63)=現民主党代表=ら当時の政権首脳▽班目氏や原子力安全・保安院(廃止)の寺坂信昭元院長(59)ら原発行政担当者▽東電旧経営陣ら幹部-などが名を連ねる。

 関係者によると、検察当局がリストアップした100人超の関係者は告訴・告発された人をはじめ、東電の実務担当者や原子力規制庁の職員ら。津波対策、地震発生後の避難対応などのグループに分類し、捜査する。応援検事を既に両地検に投入しており、年内に東電の事故調査委員会の担当社員や、放射性物質の拡散予測システム「SPEEDI」を所管する文部科学省の担当者らから事情を聴いたという。

 一方、検事らが防護服を着用して福島第1原発内に入り、内部の構造や破損状態を確認。勤務する作業員から事故当時の状況について説明を受けた。事故直後の東電本店と原発とのやり取りを収録したテレビ会議の映像の提供を受け、混乱を極めた指揮系統についても調べている。

 検察当局は今後、リスト化した関係者以外にも、事故と死亡との因果関係を調べるため「震災関連死」と認定された被災者の遺族からも、参考人として聴取する方針を決めている。また、同罪以外にも公害犯罪処罰法違反罪や原子炉等規制法違反罪など、他に適用できる法令がないか具体的な検討作業に着手している。

****************************************************************************************

被爆したことによる死亡原因を追究するのは困難。

残念ながら因果関係を立証するのは難しい。

しかし、現実として放射能関連死があるでしょう。

嵐の前の静けさ・・・




スポンサーサイト

「失われた支族の末裔」 輪廻転生した魂の記憶 

script_afpbb_news,http://jss.afpbb.com/sdata/newsdelivery/ameba/js/utf8/10030000/e5686a22588c62607b6622771e304f17.js

[保存]

「失われた支族の末裔」、インドからイスラエルに移住
 2012年12月25日 17:18 発信地:テルアビブ/イスラエル

【12月25日 AFP】イスラエルの「失われた10支族」の1つの末裔(まつえい)とされるインド人部族の50人が、イスラエルに24日到着し、移住手続きを終えた。先にイスラエルに移住した親族を持つ彼らは、イスラエルへの大量移住を待つ7200人余りの「ブネイ・メナシェ(Bnei Menashe)」の人々の第1陣だ。

 ブネイ・メナシェの人々は、自分たちは旧約聖書の時代にイスラエル王国にいた失われた10支族の1つだと信じている。聖書には、紀元前721年のアッシリア人による侵攻の後、これらの支族は国を追われ、広く散らばったと書かれている。

 テルアビブ(Tel Aviv)のベングリオン(Ben Gurion)国際空港に到着したNachshon Gangteさん(47)は、12年ぶりとなる姉との再会を待ちながら、「祖国を追われてから数千年の後、私たちはついに故郷に帰還した」と語った。到着ロビーで数時間辛抱強く待った後、姉の姿が現われたとき、Gangteさんは涙を抑えることができなかった。「素晴らしい。神は偉大だ。聖なる地での家族との再会をゆるしてくださったのだ」。めいのZimraさんも「私の家族と故郷を見ることができて幸せ」と喜びを語った。

 ブネイ・メナシェの人々の旅を手配した団体「シャベイ・イスラエル(Shavei Israel)」(ヘブライ語で「イスラエルに帰還する者」の意)のミハエル・フロイント(Michael Freund)氏によると、インドから移住するための援助をイスラエル政府に申請した人数は7000人以上に上る。

 フロイント氏はAFPの取材に、「この部族の人々は、自分たちの故郷を決して忘れることがなかった。彼らの帰還を手伝うことができて嬉しく思う」と語り、今後数週間以内にはさらに数百人が到着する予定だと付け加えた。到着した人々は、陽気な雰囲気の中、空港で数十人の親族に歓迎されていた。

 イスラエルに暮らすブネイ・メナシェの人々はすでに1700人以上に上る。その大半はインド在住中にユダヤ教の教えを実践していた。イスラエル政府は10月、2007年以来初めて、約275人のイスラエル移住を承認。ユダヤ教徒に改宗することになる新たな移住者は、イスラエル中部にある適応支援施設に3か月滞在した後、イスラエル北部に暮らす予定だ。

 ブネイ・メナシェは、インド北東部のミャンマーとの国境近くにあるミゾラム(Mizoram)州とマニプール(Manipur)州に暮らす部族「Kuki-Chin-Mizo」の人々だ。彼らの口述伝承によると、ブネイ・メナシェは数世紀をかけてペルシャからアフガニスタン、チベット、中国へと追われてきた。その間、割礼などユダヤ教の特定の儀式についてはずっと守り続けてきた。

 インドに着いた彼らは、19世紀の宣教師らにキリスト教に改宗され、聖書を読むようになった。聖書に自分たちの伝承と同じ逸話が記載されていることを知ったブネイ・メナシェの人々は、自分たちがユダヤ教に属していたことを確信するようになったという。(c)AFP


*****************************************************************************


十支族の住んでいた北イスラエル地域の緯度は、日本と同じ。
(砂漠化する以前の古代には、杉の木の豊かな森があった)

天文観測に優れた「太陽の民」と云われる人たちが日本に居ます。

太陽を追って、古代の日本に渡来した一支族の一部族かもしれません。

「月氏」の末裔、秦氏の渡来一族が有名です。

聖徳太子に仕えた、秦氏。

シルクロードの道筋にあった月氏は、現在の中央アジアに実在した小国でした。

地名も、「ヤマト」等として残っています。



輪廻転生してくれば、遥かな記憶の断片を思いだすでしょう。


民族の元型は変わらない。

信仰の根源を、輪廻転生した魂は忘れないからです。












縄文の音霊 土取利行

アフリカやネイティブ・アメリカンの部族間の意思の伝達に太鼓が使われていました。

また、シャーマンと精霊との交信には、太鼓の音霊を介しました。
日本の縄文人のシャーマンも同様だったと思われます。


遥かな縄文の記憶は忘れ去られていたが、
実証考古学の分野では、埋蔵遺物からその時代を推理します。

縄文土器の環状の小さな孔から、太鼓の音を再現しました。

七五調の音は、古代から続く日本の音♪




土取利行 縄文の音霊/ドキュメント篇 Jomon part1/Toshi Tsuchitori




土取利行/縄文の音霊 演奏篇 Toshi Tsuchitori / Jomon part2



「村山談話引き継ぐ」 菅官房長官

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110180000/a9ffebd3b6c51aa25a2db4ebaf6e10e1_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

[保存]

【第2次安倍内閣】
「村山談話引き継ぐ」 菅官房長官、首相見解と相違
2012.12.27 07:03 [歴史認識]


 菅義偉官房長官は26日深夜の初閣議後の記者会見で、植民地支配と侵略を認めた平成7年の「村山談話」について「第1次安倍内閣として18年にこれまでの立場を引き継ぐ考えを表明しているので、これまでの歴代内閣の考えを引き継ぐ考えだ」と述べた。

 村山談話は「遠くない過去の一時期、国策を誤り」と決めつけ、「植民地支配と侵略」への「痛切な反省の意」と「心からおわびの気持ち」を表明したもので、終戦50年にあたる7年8月15日の閣議で、当時の村山富市内閣が唐突に決定した。

 村山談話をめぐっては、安倍晋三首相は今年5月の産経新聞のインタビューで「かつて自民党は歴代政府の政府答弁や法解釈などをずっと引きずってきた」と指摘した。その上で「政権復帰したら、そんなしがらみを捨てて再スタートできる。もう村山談話や河野談話に縛られることはない」と述べていた。


*********************************************************************************


「日本を取り戻す」(自民党の選挙アピール)


選挙前の国会議員の”半分”は、帰化系のようでした。

「なりすまし議員」の忠誠心は、この日本にありません。


写真と、いくつかの見方で判別できます。

今回も、重要閣僚や党の執行部に居る。


その大臣のいる各省庁の政策実行には、国民の監視が必要。

例えば、全国の交通機関のあらゆる場所の表示に、益々ハングル文字が躍るでしょうね。

すでに、国民の支持を失う公約が仕込まれているのです。
(国の選挙で負けても、地方自治体での実権は離さない)


味方の振りをした獅子身中の虫がいる。


「在日特権」の維持が、巧妙になっています。


まだまだ、日本人の平穏な生活は奪われるでしょう。



【正論】元駐タイ大使・岡崎久彦 「安倍日本」どこが右傾化なのか

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110180000/b6ff5b792ed1b5f605dc75a3e969bafd_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

[保存]

【正論】元駐タイ大使・岡崎久彦 「安倍日本」どこが右傾化なのか
2012.12.26 03:14 (産経)

 安倍晋三内閣の成立を迎えて、内外に、日本の右傾化を懸念する声があるという。

 ≪まだまだ平和ボケを脱せず≫

 私にはどうもそれが理解できない。客観的に見て、日本は右傾化どころか、まだまだ、世界の常識からはずれたパシフィスト(日本語の平和主義者より、やや悪い意味がある)国家だと思っている。

 それは国際的に比較してみればすぐわかる話だと思う。冷戦期、ソ連の脅威が厳しかったころ、「あなたは日本を守るために戦いますか」という世論調査とその国際比較があったように記憶する。

 記憶に頼る古い話なので不正確かもしれないが、世界の平均が80%ほどだったとすれば、日本の場合は50%をはるかに下回っていた記憶がある。

 現在もう一度世論調査をすれば、おそらくは50%を超えているかもしれない。それでも、国際水準より遥(はる)かに低く、右傾化というよりも、正常化、あるいはまだパシフィストから抜けきっていないという結果が出るであろう。

 同時に、私が年来日本の政治学者に解明してほしいと思っているのは、右傾化ではなく、日本における右翼運動の凋落(ちょうらく)現象である。

 日本における右翼運動の歴史は長い。明治の頭山満、昭和初期の大川周明、北一輝からの伝統があり、戦後も、本命右翼といわれた大東塾、赤尾敏の大日本愛国党などは六〇年安保、七〇年安保の頃に活躍していた記憶がある。


私は情報関係事務に関与してきたこともあり、ある時期まではその種の情報にも絶えず接してきた。それが途切れて既に久しい。もう今は、注視を怠れない、ある程度の社会的影響力のある右翼団体は存在しないらしい。

 ≪右翼思想とはもう無縁の社会≫

 2006年の加藤紘一邸放火事件後、「今や30年代の右翼テロ時代の再来」という警鐘を鳴らそうとしたテレビ番組で、私は、「挫折した老右翼の単独犯」とコメントして、参加者たちを鼻白ませたことがあった。それも右翼凋落情報を知っていたからである。

 ヨーロッパでは、外国移民排斥などの右翼思想を掲げる政党が、今でもかなりの影響力を持っているが、自民党周辺、安倍内閣周辺には、そんな匂いもしない。今回の総選挙では、小政党が乱立したが、ヨーロッパの右翼に相当するような党はなかった。一つぐらいあってもよさそうなものなのに皆無だったということは、日本が右翼思想から無縁の社会だということを示している。

 右傾化でないとすれば、正常化への過程であろうが、国際政治の現実においては、日本はまだとても正常といえない状態である、バランス・オブ・パワーのパートナーとして必要とされる場合その期待を満たしてきていない。


1978年の日中平和友好条約の際の中国側の関心は対ソ包囲網の形成であり、当時中国側は日本に対して国内総生産(GDP)3%の防衛費を期待していた。日本にその気があれば、尖閣問題などはとうに解決していただろう。台湾問題も、当時はまだワシントンに五星紅旗と青天白日満地紅旗の両方が立っていた時代でもあり、対ソ防衛協力を梃子(てこ)に台湾関係の改善もあり得た時機であった。

 79年のソ連のアフガニスタン侵攻後、アメリカが同盟国に軍備増強を呼び掛けたときは、日本はよくそれに応えて中曽根-レーガン時代を築いたが、高度成長期でありそれでもGDP1%程度にとどまった。それが冷戦後、GDPの4%を使った米国に比べられて、「冷戦は終わったが、儲(もう)けたのは日本だ」と、「勝利にタダ乗りをした」日本たたきが行われた。

 当時の日本バッシングの激しさは、あの頃日本経済をになった世代の忘れ得ない経験である。

 ≪米国には日本の協力が不可欠≫

 時は移って、今は、米国は対中戦略に軸足を移す「アジア・ピヴォット」を呼号しながら、財政の赤字に悩み、同盟国、友好国の協力を強く望んでいる状況である。

安倍自民党圧勝直後の米国の論調を見ると、マイケル・オースリン氏は米紙ウォールストリート・ジャーナルで日本は少しも右傾化などはしていないと論じ、ジョン・リー氏はニューヨーク・タイムズで右傾化などは一言も論じず、安倍内閣が中国に対して毅然(きぜん)として立ち向かう姿勢を歓迎すると述べている。日本の右傾化については、ジャーナリスティックな報道や解説記事の中では、1、2パラグラフ触れているものもあるが、社説の類いで正面からこの問題を論じたものはあまりない。

 中曽根康弘政権、小泉純一郎政権のような長期政権は、強固な日米信頼関係の上に立っていた。佐藤栄作長期政権は米国の信を失って、ニクソン・ショックを受けて転落した。

 アメリカは、今やその国策であるアジア・ピヴォットのために日本の協力が不可避となっている。

 日本としては、防衛態勢を強化し、集団的自衛権の行使を認めて日米協力関係を強化することによって、日米関係を強固なものとするチャンスである。(おかざき ひさひこ)


**************************************************************************************


選挙は、「日本対反日本」の戦いでした。

世界標準からみれば、今日の自民党でさえ「左傾リベラル政党」でしょう。


正統右翼は、故三島由紀夫氏の「盾の会」解散で終焉しました。

右翼なるものは幻でしょう。


天皇陛下への・・

韓国大統領の侮辱によって、国民意識が伝統回帰したのです。


韓国への日本国民の意識は厳しい。


日本の開国以来、朝鮮半島は「頭痛の種」でした。

これからも同じです。

韓国は、「非友好国」として扱う時代になるでしょう。













尖閣諸島の共同支配 

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110180000/d6116f4e6c77e76b30bd963f720beda2_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js




 
(Wikipedia画像)


中国は、東支那海でガス田(日中・中間線を越えて)を稼働させている。

すでに日中間の約束(開発の棚上げ)を破っているのです。

日本の調査船を排除している。

尖閣諸島の共同支配提案は、応じられない。


「貴方の財布の中身を共同で使いましょう」・・・

大陸の人とは、思考回路が違うと心得るべきでしょう。

無理に付き合う必要はない。

腐臭が移ります。




ハーメルンの笛吹き男



「暗示」


夢を見た。

文字である。

「・・・・・・」と。



ネズミ退治のために、「村(日本)を取り戻す笛吹き(人物)」と契約したのですが・・・

村人 (国民)は、笛吹きに望みの報酬を払わない。

瘴癘の地(福島)に、子どもと若者たちを集める者なのかもしれない。



明日は 26日笛吹き(衆・参本会議にて首班指名選挙)が決まる。




2013年から適用開始 企業の社会的責任活動 ISO26000、JISZ26000


http://www.nicovideo.jp/watch/sm19646201?via=thumb_watch

韓国の根拠なき起源主張 

韓国が起源主張の剣道 全日本剣道連盟が日・英語で見解公表
 韓国がとかく世界中の様々なものを「○○の起源は韓国」と主張するトンデモぶりは、「味噌」や「ワサビ」..........≪続きを読む≫


韓国人の妄想(ウリジナル)の危険性は、経済力(パチンコ、新興宗教)を持ったことで、現実世界でも実現させようとすることです。


妄想と事実を一致させようとすれば、最後には軋轢を生む。



韓国南部に歴史上存在した「任那日本府」を否定したい為、あらゆる日本由来の遺跡を破壊して埋めてしまう。


古代日本が支配していた地域である証拠の「後期・前方後円墳」を埋めてしまったのには、世界の歴史界の学者たちを呆れさせた。


韓国の国内だけでなく・・日本でも、彼らウリジナルを発揮している。

よく分かる 古事記と日本人についての講義 竹田恒泰 先生



竹田 恒泰(たけだ つねやす、1975年(昭和50年) - )は、日本の作家、法学者。専門は憲法学。学位は学士 (法学)(慶應義塾大学・1998年)。慶應義塾大学講師。家系は伏見宮家より分かれた北白川宮家の分家にあたる竹田宮家。明治天皇の玄孫に当たり、皇太子徳仁親王の三いとこにあたる。竹田恒和は父。(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E7%94%B0%E6%81%92%E6%B3%B0

******************************************************************************

戦後、GHQに協力した左傾勢力に拠って、戦前・戦中の本は徹底的に排除されていました。
巧妙な検閲と焚書工作です。


読書好きな子どもでしたので、近所に貸し本を兼ねた古本屋に入り浸っていました。
学校にある本は、つまらなかった。
焚書を免れた本を読んでいたからです。


例えば・・
蒙古襲来の生き生きした戦前の本を読んでいたので、戦後の新刊本に違和感がありました。
元軍が敗退したのは、高麗 (朝鮮)の”人民”が船をわざと壊れるようにしたとか。
ベトナムの”人民”の抵抗で元軍は疲弊していたとかの・・今思えば、プロパガンダであり、歴史とは云えません。
日本人の戦闘力を過小評価したいのでしょう。


奇妙な感じのする歴史書の著者を視ると、殆どが日本人では有りませんでした。
日本名ですが、帰化系の学者です。

最も古事記、日本書紀や日本古代史を否定する人たちです。
著者の写真だけで、私には出自が分かったのです。
(彼らは気づかれないと思い込んでいます)

近年、日本の歴史を朝鮮の歴史にしたい願望は酷いことになっています。
神社・神域への攻撃は、赦されざる段階にある。


1万6千年続いている縄文文化の精神性が、神社神道に在ります。
そして、破壊衝動を惹起するのは、彼らの精神文化でないからです。

”侮日的”な彼らが、今、神社にも浸透し始めています。
内から破壊するつもりでしょう。

異和感を感じる。



追記 2013.2.5 テーマを日本の歴史から八咫烏に変更



プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR