スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お報せ 


夢で示される事が現実になるのは悩ましい。


巫(ふ、かんなぎ)の「出口なお」、巫覡(ふげき)の「王仁三郎」さんの過去の事跡について詳しくはありません。
が・・・王仁三郎さんの神示に、「鳩山氏」への言及があり、私の意識が向きました。


シンクロニシティ現象は、事前に用意され学ばせます。

その時期が到来したようです。

鳩山氏が、私の動画を観ていたと自分なりに”確信”していたからです。

しばらく、お二人(出口翁)の事について知識を得たいと思いますので、ブログの更新はお休み致します。

尚、学びに繋がる皆様のブログは、その間も読ませていただきます。


 

出口なお-1 


 (NET画像 翻刻編纂:飯塚弘明)

 

出口なおさんは、所謂、巫(ふ、かんなぎ)とは異なる範疇であるようです。
神託を使命とされた御方です。
周辺に神力を分ける役目があります。
その神力を出口王仁三郎さんに授けている。

 


 

スポンサーサイト

[再掲]■【兆候】 物事の起こる前ぶれ きざし 前兆




個人ブログ、ツィッターで身近な人たちの突然死、免疫力の低下とみられる病死など、低線量被曝の「兆候」とみられる影響が増加してきました。

これから数年もしない内に、低線量被曝を疑われる病死は、あらゆる情報統制が行われるでしょう。

過去の★アメンバー記事を状況を視ながら公開するものは、公開しようと思います。





****************************************************************************************************************

2011-07-01 11:51:35

■【兆候】 物事の起こる前ぶれ きざし 前兆 ★アメンバーに変更

テーマ:★アメンバー記事

キリスト教の世界観では、特に良くないことの前兆を「オーメン(omen)」と呼んでいます。
日本では、「凶兆」とされることを指しています。


古来から、天変地妖の「兆し(きざし)」として、シャーマンの「悪夢」を読み解く事をしてきました。

夢と兆しが一致(シンクロ)する時、起きている様々な現象に意識を向けます。

その兆候が、凶兆であるときは、「悪夢」として顕れます。


大地震、大津波、火山噴火、土石流、台風、竜巻、大風(突風),流行病、旱魃、蝗害、冷害、長雨などの自然災害を主体が「悪夢」の根源ではありません。

”未来に起きた”動物たちの悲劇、人間の死の恐怖、哀しみ、嘆きの感情が、「悪夢」の主体であり、自然現象ではありません。


福島原発事故は、自然現象ではなく、
被曝の耐えがたい悲劇の感情が、「悪夢」の因となるのです。


すなわち人間と動物たちの 心と魂の叫びを 「悪夢」が捉えると云うことです。



自然界の「兆し」は、「夢と一致するシンクロニシティ」の最初の引き金となります。

せっかくの自然界の【兆候】を 殊更無視する現在の日本 は、耐えられないほどの苦しみに陥るでしょう。


”霊的な感性の高い人たち”は、近未来を直感しています。

”地涌の菩薩”のように多くの人たちが、世に現れてきたと感じます。

それが、【兆候】なのですね。




偏った思想・思考の持ち主(悪鬼)たちは、霊的な感性の高い人たちの言霊を抑圧してきました。

しかし、末法の世界には、通じるはずもなく、地涌の菩薩に弾き飛ばされて混乱しています。




今・・・

霊的な感性の高い人たちは、言霊の発信を始めています。



現在ほど、正体が分からない悪鬼(omen)の現実の姿、形、声が露わになった時はありません。

幼いこどもたちに、放射能を浴びさせ、飲ませ、食べさせてもなんら恥じることもない者たちです。

こんなに多くの悪鬼(omen)が、この世に存在していたのかと・・・


この世を被曝地獄にした悪鬼(omen)との戦いです。

未来を変える力は、霊的な”戦士”の感性です。



短稿でした。 足あと

メモ「なう」tarooza[6/30 14:01]【兆候】2011.6.30 子どもの尿から微量の放射性物質 福島市の10人 【共同通信】http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011063001000390.html

*BGM:Gregorian - Nothing else matters


The crime reports for "Chinese Gestapo " 動画


◆Caution! There is a terrible scene. 注意! 酷い場面があります。

why do Tibetans burn themselves? by Khawe Lungta 
◆動画 http://youtu.be/-oMREmiXAqo





Crystal Night (Kristallnacht) wikipedia


Irony of history · · ·


Tibetans were detained by the ”Chinese Gestapo”...And then,  Tibetans were executed in the dark night.


American Jews, ordered the massive aid from Japan to China. It was a great help to the Chinese Communist Party.




クリスタル·ナイト(Kristallnacht)wikipedia

歴史の皮肉・・・

中国人”ゲシュタポ”によってチベット人は拘束された・・・そして、チベット人は暗い夜に処刑されました。

アメリカのユダヤ人は、日本から中国への大規模な援助を命じた。それは中国共産党のために大きな助となった。





ヒッグス粒子発見、ほぼ確実に

ヒッグス粒子発見、ほぼ確実に
 欧州原子核研究機構(CERN)が、2012年に発見した「ヒッグスらしき」粒子は、本当に長らく見つか..........≪続きを読む≫



[保存]
ヒッグス粒子発見、ほぼ確実に

3月18日14時27分

提供:ナショナルジオグラフィック

 欧州原子核研究機構(CERN)が、2012年に発見した「ヒッグスらしき」粒子は、本当に長らく見つかっていなかったヒッグス粒子であるとの確信をこれまで以上に深めたと発表した。ヒッグス粒子は、宇宙の物質が質量を持つ理由を解明するカギとなる粒子だ。
 
 2012年のデータがヒッグス粒子の存在を示していることは統計上の偶然であり、長らく見つかっていなかった粒子の発見が間違いだった確率は「今や天文学的に低くなりつつある」と、スタンフォード大学SLAC国立加速器研究所の実験物理学者でアトラス(ATLAS)実験に参加するティム・バークロウ(Tim Barklow)氏は述べる。
 
 CERNは3月14日、イタリアで行われた年次会議モリオン国際会議において、発見された粒子の一部の基本特性が現時点で素粒子物理学のいわゆる「標準理論」の予想と一致していることを明らかにした。
 
 例えば、ヒッグス粒子は「スピン」(回転)が0であり、また標準理論では「パリティ」(粒子を鏡に映したときにどう振る舞うかを示す尺度)が正であると考えられている。
 
 そして実際、最新データは「新発見の粒子が標準理論のヒッグス粒子と同じスピンとパリティを持つことを示している」と、CERNのATLASプロジェクト広報デイブ・チャールトン(Dave Charlton)氏は声明の中で述べている。
 
 ATLASと小型ミューオン・ソレノイド(CMS)の2つの実験グループは、CERNが運営する大型ハドロン衝突型加速器(LHC)でヒッグス粒子の存在を示す兆候を探している。最新の解析には、ATLASとCMSが2011年に収集した約500兆回分の陽子・陽子衝突データと、2012年に収集した1500兆回分の同データが用いられた。2012年7月4日にヒッグス粒子の発見が報告された時点と比べて、約2.5倍のデータ量だ。
 
◆本当にヒッグス粒子なのか
 
 新たに提示された証拠が十分な説得力を備えていたため、一部の研究者は慎重な態度を捨て去り、既に新粒子を「ヒッグスらしき」粒子ではなく単に「ヒッグス粒子」と呼び始めている。
 
「2012年の全データセットを用いて出された暫定結果は素晴らしく、個人的にはこれがヒッグス粒子であることは明白だと思う」と、CMSの広報ジョー・インカンデラ(Joe Incandela)氏は声明の中で述べている。ただし、「これがどのような種類のヒッグス粒子かを解明するにはまだ長くかかる」という。
 
 ヒッグス粒子は、証拠がますます強く示唆するように、標準理論で予想されたすべての特性を備える単一粒子と考えられる一方、より例外的な、複数粒子からなる複合体などである可能性も考えられる。
 
 ニューヨーク州のブルックヘブン国立研究所(BNL)の物理学者で、ATLASコラボレーション副委員長のハワード・ゴードン(Howard Gordon)氏は、最新データには「心躍る」が、これをヒッグス粒子と確信するのは、新粒子の特性のさらに正確な測定を見てからにしたいと述べている。
 
 理論の予想する通り、ヒッグス粒子のスピンとパリティがそれぞれ0と正であることについて、CERNは3シグマ程度の確信しか持っていない。シグマとは結果の確からしさのレベルを表すもので、値が大きいほど確度は高い。
 
 CERNは2012年7月、ヒッグス粒子とみられる新粒子を発見したことを5シグマのレベルで確認したと発表し世界を驚かせた。5シグマというのは、観測されたヒッグス粒子とみられる信号が統計的な偶然である確率がわずか100万分の1であることを意味する。
 
 ヒッグス粒子のスピンとパリティは、「新たな粒子を発見したという事実ほどに確定的なものではない」とゴードン氏は述べている。
 
 また、新粒子の崩壊または「カップリング」(結合)の過程についても、まださらに詳しく調べる必要がある。標準理論では、ヒッグス粒子は崩壊してボトムクオークやレプトンなど、より一般的な亜原子粒子になると予想されている。
 
 最新の解析結果は、ヒッグス粒子が標準理論の予想に一致していることを示しているが、2つの崩壊過程に関する確定レベルにはまだ向上の余地が残されている。ヒッグス粒子の「2つの(崩壊)過程には依然として非常に大きな誤差がある。まだ確定には至っていない」とゴードン氏は述べている。
 
Ker Than for National Geographic News

**********************************************************************************************************************

【解説】ヒッグス粒子とは
7月4日 17時25分


ヒッグス粒子は私たちの身の回りも含め、すべての宇宙空間を満たしている素粒子として、1964年にイギリスの物理学者、ピーター・ヒッグス氏が存在を予言しました。


もし、ヒッグス粒子が存在しなければ、宇宙を構成するすべての星や生命が生まれないことになるため、「神の粒子」とも呼ばれています。私たちの宇宙は、1960年代以降、まとめられた現代物理学の標準理論で、17の素粒子から成り立っていると予言されました。


これまでに、クォークやレプトンなど16については実験で確認されてきましたが、最後の1つ、ヒッグス粒子だけが見つかっていませんでした。
ヒッグス粒子が担っている最も大きな役割は、宇宙のすべての物質に「質量」、つまり「重さ」を与えることです。


およそ137億年前、宇宙が誕生したビッグバンの大爆発によって生み出された大量の素粒子は、当初、質量がなく、自由に飛び回っていました。
ところが、その後、ヒッグス粒子が宇宙空間をぎっしりと満たしたため、素粒子がヒッグス粒子とぶつかることで次第に動きにくくなり、物質を構成していったと物理学者たちは考えたのです。

ヒッグス粒子にぶつかることで動きにくくなる、この「動きにくさ」が質量そのものだと考えられているのです。


ヒッグス粒子はよくパーティー会場のたとえ話で説明されます。
会場を訪れた大勢の人たちが「ヒッグス粒子」だとします。
その人波の中を、人気アイドルが通りすぎようとすると、たちまち多くの人にまとわりつかれて動きづらくなります。
この「動きづらさ」が、質量・重さだというのです。


どこにでも存在していると考えられているヒッグス粒子ですが、発見に向けた道のりは、平坦ではありませんでした。
非常に小さく、空間に密集して存在しているため、空間からヒッグス粒子をはじき出すためには、宇宙が生まれたときと同じような極めて大きなエネルギーが必要とされたのです。


このため、CERN=ヨーロッパ合同原子核研究機関は、1周が27キロある巨大な「加速器」と呼ばれる実験装置を建設し、人類史上、最大のエネルギーで、2つの陽子を衝突させ、宇宙誕生の直後を再現する実験を続けてきました。



Scientists may have discovered Higgs boson
-NHK WORLD-


**********************************************************************************************************************




■⑤ユングのシンクロニシティ理論を超えて 「存在の手」



 


ユングのシンクロニシティ理論を超えてシリーズのアクセスが増えてきました。


シンクロニシティへの関心の高さが伺えますね。



しかしながら、内外の新興宗教系を隠したセミナー等では、シンクロニシティを取り込んで勧誘しているのが目立ちますが、なにか違うと思います。




悪魔が聖書や仏典を売っているような感じです。



見返りは、金、出世、名誉、異性だとしたら哀れですね。


それらには、無欲(菩提心)こそ、本道なのだと思います。






悟られたお方は、「存在の手(シンクロニシティ)」を感じることでしょう。



尋ねられても・・「存在」の御名は知りません。




駅でも、彷徨える人に勧誘しているようです。お気をつけて。



竹内まりや/駅 Photo by黒木メイサ
http://youtu.be/0elsJzCgpzs



追伸[不思議の解明]のテーマ記事は、気づいた時、これからも推敲していきます。


右傾化のレッテル貼り 韓国こそ「正しい歴史認識」を

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110190000/5a4b4f10d8036e98fb8df5e74115ef24_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

[保存]

【政論】右傾化のレッテル貼り 韓国こそ「正しい歴史認識」を
2013.3.18 00:02 産経

 日韓外務当局による「日韓記者交流」で11日から16日まで、朴(パク)槿(ク)恵(ネ)大統領の新政権が発足したばかりのソウルを訪れ、政府当局者、韓国人記者、さらには一般の高校生までが日本の「右傾化」への懸念を口にすることに驚いた。この言葉は、日本を「過去」のイメージでとらえるための便利な道具なのかもしれない。

 「日本は右傾化しているのではないか?」

 「軍備増強や歴史認識での日本の強硬姿勢への心配が広がっている」

 外交通商省を担当する韓国メディアの記者らは12日、日本人記者団との意見交換会でこう指摘した。視察した高校でも、男子生徒が「日本人は極右の傾向を持っている」と口にした。

 安倍晋三首相が11年ぶりに防衛関係費を増額し、旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」の見直しに意欲をみせたことを一緒くたにして「右傾化」のレッテルを貼れば、韓国人には居心地がいいのだろう。

 ただ、防衛関係費の増額は、核・ミサイルの開発を進める北朝鮮や、沖縄県・尖閣諸島で領海侵入を繰り返す中国を念頭に置いたものであり、韓国に向けられたものではない。日韓両国が米国と緊密な連携を図る上でプラスになるはずだ。

 尹(ユン)炳(ビョン)世(セ)外交通商相は15日、日本人記者団に「歴史問題について日本側のリーダーたちが正しい認識を持ち、行動で示してほしい」と答え、慰安婦問題での前向きな対応を促した。

 しかし、島根県・竹島に関する質問には答えず、それどころか、外交通商省当局者が「質問はなかったことにしてほしい」と求め、拒否する記者団と押し問答になった。国内で「弱腰」と報じられることを懸念したのだろう。

 竹島問題に関し、尹氏は閣僚候補として2月28日に行った国会の人事聴聞会で「日本帝国主義の侵略過程で起きた歴史問題」と位置付け、「日本が、紛争地域化しようという戦略がさらに強化されている」との見解を示している。

 日本が閣議決定によって竹島領有の意思を再確認したのは、1910(明治43)年の日韓併合に先立つ1905年のことであり、1950年代から韓国が不法占拠を続けている。竹島問題で韓国側が「正しい歴史認識」を持つことが、「未来志向の関係を構築していく」(朴大統領)ための第一歩になるはずだ。(加納宏幸)

****************************************************************************************************************


日本が、特亜人(中国・韓国・北朝鮮)と同じように、自国中心の歴史捏造教育をした場合を想像してみるとゾッとするのは、彼らでしょうね。

在日・特亜人が安心して住める日本では無くなります。

彼らと同じ民度になるからです。

現在極右なのは特亜人でしょう。

世界の国の人々が、特亜の異常性に気づき出しています。

韓国こそ「正しい歴史認識」をしなければ、後悔することになる。



■④ユングのシンクロニシティ理論を超えて 「宇宙律」を動かす力

 

カールユングは シンクロニシティを、『おなじ意味を持つ、二つのあるいはそれ以上の因果的には無関係なできごとの同時生起』と定義しました。

意味することは明らかです・・・・宇宙に於いて、いくつかの出来事が、通常の因果関係の力によらず連続しておこり、意味あるパターンをつくりあげるということです。

したがっシンクロニシティは、科学の通常の諸法則からはみ出してしまうに違いありません。
なぜなら、宇宙の基底から生じるはるかに深い運動の表現であり、物質と意味とを切り離すことのできない形までまきこんでいるものだからです。


「因果律」とは、原因と結果の連鎖として定義されます。(”因果”とは仏教の基本構造でもある)
因果律に支配された宇宙観を信じる限り、「ランダムな偶然の一致、想像力の投影にすぎない」とシンクロニシティを否定する立場になります。
(シンクロニシティ F・D・ピート)

**********************************************************************************************************


現在では学問として古典的な物理学と工学を学び実務を経験してきましたが、それらを基礎にシンクロニシティ現象を掘り下げても、結局曖昧なものにしかなりませんでした。

現在の科学的理論(素粒子)はヒントにはなりましたが、理論を構築する土台にはならず、「群盲象を撫でる」のが実態です。

シンクロニシティ現象の体験者(観察者)としての考察が不足していると感じるからでしょう。

提唱者のユング自身は、体験者でした。深い考察は現在も色あせてはいません。
未だに彼を超える学者はいないようです。


仏教には、ヒントが無尽蔵に人類の智慧として蓄えられています。
しかし仏教を深く学ぼうとする人たちの輪に入るには忍耐がいります。
議論のための議論に絡め獲られて、シンクロニシティ現象の研究まで深まることには、ならないからです。
やわらかに遠慮しながら議論の俎上に載せても、各宗門教義に牽引され、それらの解釈から離れられず、進展することはありませんでした。

仏教の基本構造でもある「因果の法」から、踏み出せないからでしょう。

これは、因果律に支配された宇宙観を信じる”一般科学”の学問の世界でも同じです。
シンクロニシティがトランプのジョーカーに感じられるからでしょう。

シンクロニシティ現象は、”心と物質”をつなぐ不可解な現象です。
大真面目に考えるべき学問だと思いますが、なかなか固定観念(因果律に支配された宇宙観)に縛られて理解されないようですね。


神道、古神道、精霊信仰、アミニズムと遡及すると、ぼんやりとした世界が見えてきました。
太古の人たちと自分たちは、繋がっていると・・・

すると彼らの心と魂が身近になりました。精霊たちと人々は一体化していたのです。


懐かしい幼い頃を想い返すと、森の動物、野鳥、昆虫、草木、大木、あそんだ小石、登った岩・・・そして精霊の存在は身近な仲間でした。
太古の子供たちと同じ感覚を共有していたことに気づいたのです。
自然界に存在するあらゆるものと繋がる感覚でした。

それが他人とは異なり、シンクロニシティ現象を数多く体験する状況になったようです。

*(封印していた幼き頃の森での心を取り戻すと、野鳥や昆虫たちとの交流が戻ってきました。精霊も小枝を揺らせて歓迎してくれます。シャーマンの魂を取り戻したのです)



”心と物質”をつなぐのは、名も無い存在(シンクロニシティ)だと、太古の人々は知っていたのでしょう。

■シンクロニシティ現象を自在に操る太古のシャーマンが、その能力を得たのは、”真実”の宇宙の因果律である 『宇宙律』を意識して動かしていたからです。


それは、 『神人一如』 の心境なのだと感じます。

神は我なり我は神なり、神人一如の境地に立つた場合を無我の境と云ふのである。 (水鏡/出口王仁三郎/天声社から引用)


シンクロニシティ現象を善なる意識で生起させましょう。
明るい未来を迎えるために・・・・集合無意識を揺らすことは不可能ではありません。
鍵となる太古の人々の魂を呼び寄せてみましょう。




うりずん琉球/土取利行(唄・演奏)Urizun/Toshi Tsuchitori http://youtu.be/-PABYcxiquQ

【緯度経度】千年経てば… 韓国、執拗な要求は未完の対日独立戦争の代わり

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110190000/42a88db768f818ed41ab98f5d81436ae_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

[保存]
【緯度経度】千年経てば… 韓国、執拗な要求は未完の対日独立戦争の代わり

2013.3.16 11:17 産経


 キャメロン英首相が2月、インドを訪れ、植民地時代の1919年に北部パンジャブ州で起きた「アムリトサル虐殺事件」の現地で犠牲者の慰霊碑に参拝した。この事件は集会のインド人群衆に英軍が発砲し数百人の死者が出たもので、インド独立運動の大きなきっかけになったものだ。

 英首相の現地訪問は初めてでキャメロン首相は慰霊碑に献花し「英国史において深く恥ずべき出来事。われわれは決して忘れてはならない」と記帳したが「謝罪」はしなかったという。

 キャメロン首相は謝罪しなかったことについて「私が生まれる40年以上も前に起こったことにどう対処すべきなのか。私がすべきことは歴史をさかのぼって謝罪できることを探すのではなく、起きたことについて敬意と理解を示すことだ」と述べたという。

 フランスのオランド大統領も昨年12月、旧フランス植民地のアルジェリアを独立50周年を機に訪問し議会で演説した。演説は「われわれは植民地主義という残虐で不公正な制度の下で暴力、不当行為、虐殺、拷問などの忌まわしい事件を引き起こし、多くの苦痛をもたらした記憶を尊重する義務がある」と述べたが、ついに謝罪の言葉はなかったという。

 これはエリザベス女王のインド訪問やミッテラン仏大統領のベトナム訪問、オランダのベアトリックス女王のインドネシア訪問の時も同じだった。

 過去の植民地支配について他の国は謝らないが、日本は韓国に対し共同宣言(1998年)を含め何回、謝ったことか。それでも韓国は承知しない。ということは、この件は日本側に問題があるのではなく、韓国側に特殊な事情や考え方があるためと思わざるをえない。


 今回、英首相や仏大統領がインドやアルジェリアで謝罪しなかったからといって、地元の政府やマスコミ、識者たちが大騒ぎしているという話は聞かない。結局、インドもアルジェリアもそしてベトナム、インドネシアも独立戦争(闘争)で独立を勝ち取ったため、いまさら旧支配国に謝罪を求めても意味はないと思っているのだ。

 ましてや「反省」などは、やられた方が過去を反省し、再びやられないように肝に銘じて自
ら努力すべきことで、加害者に反省させても意味はないと思っているに違いない。

 日本に対する韓国の執拗(しつよう)な「謝罪と反省」要求は過去、自ら果たせなかった未完の対日独立戦争の代わりだから際限がないのだ。

 インドでのアムリトサル虐殺事件と同じ1919年、韓国でも「3・1抗日独立運動」が起きている。長期間続いたため犠牲も多かった。今年、「3・1節」の政府主催記念式典で朴槿恵(パク・クネ)・新大統領が日韓関係について「加害者と被害者という歴史的立場は千年の歴史が流れても変わることはできない」と述べ話題になった。

 しかし千年も経(た)てば世界は変わる。韓国が加害者で日本が被害者になっているかもしれない。

 過去にも千年にはならないが、800年ほど前には中国(元)が韓国(高麗)を手先に日本に侵攻したことがあった(元寇)。いつ何があるかわからない将来に備えようというのが歴史の教訓だろう。相手に要求してもはじまらない。(ソウル・黒田勝弘)

***************************************************************************************************************

朴韓国新大統領、「日本は歴史直視を 被害の立場は千年不変」と何度も強調しました。

それでは千年後に友好関係を築きましょう。

それまでは、「教えず、助けず、関わらず」の三原則で済ましましょう。







■③ユングのシンクロニシティ理論を超えて 「夢見人(ドリーマー)」

未開の部族にとっては、木や岩や動物は声をもち、夢をみている間に「知恵の言葉(インスピレーション)」を語りかけてくるものでした。

多くの太古の人々にとって、夢とはまさに、きわめて重要なものだったのです。

 

夢は純粋な創造的な行為、その本質において自律的な、部族にとって意義ぶかいメッセージをふくむものとして現われました

あるグループでは、たとえば特別な夢見人(ドリーマー)が自分の属する部族のために夢見の役目をはたし、解釈されるべき夢を提供したのでした。

 

アーティストやシャーマンに意識の心の彼方にある、象徴とインスピレーシイョンの力づよい世界は、「現実」なのです。(シンクロニシティ 著者F・Dピート)

 

 

 

夢見人(ドリーマー)は、”意識”して部族のために”無意識”の領域に踏み込むのです。(F・Dピート)

自分なりに考察してみました・・・
不随筋を意識して働かせて、随意に筋肉を動かすのは多少困難な事。可能なヨガ行者は居るが、”無意識(内界)”を”意識(内界)”して働かせることは、難しいが可能。

肉体的な不随筋を意識して動かす能力は、ドリーマー必須条件です。
意識エネルギーの閾値(しきいち)が明確になる。
すなわち、夢見に入る準備ができたことになります。

 

無意識の世界は、人類と“自然界すべて”の「集合的無意識」、宇宙をも抱合する内・外的世界です。
集合的無意識(内・外的世界)にアクセスするのは、極端に難しいと感じるでしょう。
宗教的な修法、行法を行っても達することは不可能だと悟るでしょう。
生涯「夢見と瞑想」を修行したチベット僧でも、現在居りません。
過去調べた中で、二名の僧侶しか居ませんでした。

「転生霊童」を”霊視”した全ての僧は、間違いました。虚像(イメージ)を見ただけでした。

「輪廻転生」を視るのは「霊眼」であり、”霊視”ではないようです。

集合的無意識のパターンとエネルギーは、ユングの生涯の研究対象でありつづけました。

 

夢見人(ドリーマー)は、本質的にシャーマン体質(霊媒)。

それで無ければ、能動的に夢を見ることができません。受動的な夢を見るだけです。

 

深い底に潜在する夢は、目覚めるとともに薄れて憶えていないのが普通。
普通に憶えている夢は、表層部分の夢で、シンクロニシティのネットワークには寄与していません。
単発のシンクロニシティになり易い。

集合的無意識に近いほど顕著で記憶されない。

チベット瞑想によって、記憶の底から掬い上げるしか方法はないようです。 

但し、あまり深い瞑想に浸りこむと、其処だけに捕らわれてしまい迷走します。

兼合いは難しい。(指導はしておりません)

■聖なる遺書 13世ダライ・ラマ法王(トゥプテン・ギャツォ)の予知夢
■夢見とシンクロニシティ瞑想

■「夢見の部屋」 シャーマン覚醒者への伝言


受動的な夢にもメッセージ性の強い「夢示」があります。

繰り返し々す同じパターンの夢です。

 

「集合的無意識の大海原」に無意識にアクセスしているのでしょう。

過去、現在、未来が混沌として漂う感覚の世界(阿頼耶識)。稀に、昏睡している他人の夢と交差する場合があります。瀕死の状態なので繋がるのでしょう。訪問者として玄関に現われました。

■神々の子の守り手 予知の要諦 ◆阿頼耶識
■夜の訪問者

「大量死の瞬間の意識」が、其処には存在します。近未来のイメージは、個人の死の瞬間の意識・無意識(一念三千)を伝えてくるのでしょう。

建物などの物体の様相ではありません。

東日本大地震でのイメージは、膨大な死者の背中を見るものでした。2011年.3月9日、朝方の夢です。

 ■気仙沼の大火災 東北・太平洋沖地震 ★アメンバー解除 公開2012.3.31

福島原発のキノコ雲は、ぼんやりしている幼い頃から、長ずるにつけても繰り返す夢として鮮明になっていった。特定の地名はなかったのですが、母の里であった。

シンクロ二シティ現象は、「因縁」に沿って現われる実例です。

 

普通、幼い記憶は消え去りますが、歳を重ねても繰り返すことで鮮明な記憶となるのです。

シャーマン体質者の特徴です。

そのため古代日本では、「語り部」としての任についてきたのです。

記憶力が優れているからではないのです。

シャーマンは、消えない人間記憶媒体です。
■日本古代史のシャーマン  謎の人物・稗田阿礼(ひえだ の あれ)

■「時わたる精霊の夢」の続き

■印 (しるし) シャーマン体質の青年への伝言

夢見人(ドリーマー)は、シンクロニシティ現象をフローで体験することが何故が多い。
(ユングの研究対象者には居なかった)

もしもあなたがドリーマーなら、きっと公開されていない自分の能力にも気づくでしょう。
シンクロニシティは不思議の宝庫です・・・。








日本そして世界へ ホピ族からのメッセージ
http://youtu.be/Vh9bw62qPNs



追伸
[不思議の解明]のテーマ記事は、気づいた時、これからも推敲していきます。



TPP (環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加表明の表と裏

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110190000/7e112151cf7ef6e96eb5a1c0a1e2f6ef_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

[保存]

【TPP】交渉参加表明の裏舞台 首相ひそかに党内調整
2013.3.15 11:26 産経
 安倍首相は15日、TPPの交渉参加に踏み出す。決断が可能となった背景には、自民党内の農水族ら慎重派議員への説得工作が奏功したことがあるが、そこには首相の柔軟な戦術と2人のキーマンの存在があった。

 「慎重派や全国農業協同組合中央会(JA全中)に根回しをしたのは、筋金入りの農水族議員だ」。政府高官のいう議員とは江藤拓農水副大臣。副大臣になる前は党の「TPP参加の即時撤回を求める会」の幹事長代理だった。訪米から帰国した翌日の2月25日、首相は報道陣に悟られないよう、裏口から江藤氏を官邸に招き入れた。

 「もう新たな局面に入ったんだ」。首相の一言で江藤氏は趣旨を察した。日米首脳会談で関税撤廃の例外を確認したのだから、例外品目を交渉で勝ち取る条件闘争に局面は移った-。江藤氏は農水族やJAへの根回しという「密命」を受け入れた。

 さらに首相は、江藤氏に時間をかけた説得工作を指示した。それは首相の戦術変更も意味していた。実は、訪米にあたり首相は交渉参加表明のタイミングを「帰国直後」「2月28日の施政方針演説」の2通りと想定していた。説得に時間をかけない正面突破の戦術といえる。

 だが、米側から議会への説明などに時間が必要なため「発表を待ってほしい」と要請されたことで方針を転換。待っている間に党内の反対論が勢いづく事態を避けるため、丁寧に説得にあたることにしたのだ。

 もう1人のキーマンは党TPP対策委員長に起用した西川公也衆院議員だ。小泉純一郎政権下で郵政民営化担当の内閣府副大臣を務め、当時官房長官だった首相とも近い。対策委では慎重論の矢面に立ち、「政府も一丸で交渉にあたる。攻めて攻めて攻めまくる」と防波堤役を果たした。

 さらに、3月15日の参加表明という日程も、首相が狙いすましたものだ。12日には農林漁業など8団体の反対集会、17日は自民党大会が予定されており、その間しかないと見定めたうえでの表明となる。



[速報]

首相がTPP交渉参加を正式表明
2013.3.15 18:07 [産経]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130315/plc13031518070012-n1.htm

**********************************************************************************************************************

[追加]


【TPP交渉参加表明】安倍晋三内閣総理大臣記者会見生中継 


環太平洋戦略的経済連携協定(英語: Trans-Pacific Strategic Economic Partnership環太平洋戦略的経済連携協定 Agreement または単に Trans-Pacific Partnership, TPP,環太平洋経済協定、環太平洋連携協定、環太平洋経済連携協定、環太平洋パートナーシップ協定)は、環太平洋地域の国々による経済の自由化を目的とした多角的な (EPA) である。Wikipedia


交渉参加後発国の日本の表明は、「同床異夢」となるでしょう。


日米首脳”戦略”会議では真の取り決めがあるのでしょう。


中国との尖閣事変(宣戦布告なき戦争)にアメリカ軍の支援があるとの”確約”です。


TPPの日本の参加は、中国包囲網の経済、そして軍事力の実力行使の完成。


中国共産党政府首脳(習近平体制)は、日米の”密約”に怯えることになる。



[追記]2013.3.16

日米で中国潰し 経済的、軍事的に牽制 TPP交渉参加

2013.03.16( 産経zakzak)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130316/plt1303161436003-n1.htm

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。