■■③シンクロニシティの蔵出し 果たせぬ夢見能力者との邂逅   「瞑い光彩」は神との対話?






◆果たせぬ夢見能力者との邂逅

多少の縁を感じた方に逢う想いに、「シンクロの場(時間と空間を超える場所)」が用意されました。
今回は、「靖国神社の場」です。


靖国神社拝殿
 


終戦の日、靖国神社での正午の黙祷の時、その女性は右側に並らんで居られたようです。
女性はブログでしか私を知りません。

気になっている「霊媒体質」の有無を確かめました。
本人が認識していない隠れた「夢見能力者(ソウルメイト)」に邂逅(シンクロ)したいとの想いがあるからです。

まだ時期ではないようです。
声は掛けませんでした。




◆「瞑い光彩」は神との対話?

シンクロニシティが始まると連続して「シンクロの場」がオープン状態になります。
「シンクロの場」で起きる”イベント”は、その時は何の意味か分からないものであっても、後になって意味が分かることになります。



 
イスラエル政府高官シーマンの原爆発言

朝、宿泊したホテルから見下ろすと「瞑い光彩」を感じる外国人がいました。



イスラエル大使館から出てきた男です。
その日の午後、イスラエル大使館は、被曝者を冒涜した高官発言について「遺憾の意」を表明しました。
発表のある日でしたので、朝から警戒して緊張していたのでしょう。

その日、イスラエル大使館の門前を見下ろす部屋に泊ったのも偶然です。
私にとってユダヤ人と中・韓が連携していると気づかされた「遺憾の意」の表明でした。
それまではユダヤ人に同情的でした。

現在、「アンネの日記の破損事件」の捜査が行われています。
多少の縁のある杉原千畝さんの本も破損されています。(怒) 
*(杉原さんを支持する保守系が破るはずがない!)


ユダヤ人ホロコーストと日本を結びつけて陥れる工作としたら、まるで謀略戦争です。

神々が見下ろす眼を感じています。
「瞑い光彩」の中で蠢く者たち、にです。




*『シンクロの場』で繰り広げられる『精緻なイベント』は、神の領域なのかもしれませんね。
スポットライトが「瞑い光彩」です。




Arno Elias -El corazon - Η καρδιά (greek subtitles) 
http://youtu.be/WKqFnV4Pfrk


スポンサーサイト

「慰安婦調査」 検証のため日本政府内に検討チーム 韓国要望の具体的な行動?




■「慰安婦調査」政府内に検討チーム 菅長官が明言、韓国とのすり合わせ経緯も検証

産経新聞 228()120分配信

 菅義偉(よしひで)官房長官は28日午前の衆院予算委員会で、慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」の根拠となった元慰安婦の聞き取り調査などの再検証について「秘密を保持する中で、政府としてもう一度確認することが必要だ」と述べ、政府内に検討チームを作る方針を表明した。再検証後には国会に報告する用意があるとの考えを示した。日本維新の会の山田宏氏への答弁。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140228/plc14022811480013-n1.htm

 

 

■「慰安婦で日本が具体的行動を」韓国高官繰り返す 3月の首脳会談困難に

2014.2.2808:25「慰安婦」問題]産経

 韓国外務省の李(イ)相(サン)徳(ドク)東北アジア局長が今月18日、ソウルを訪れた外務省の伊原純一アジア大洋州局長との会談で、日韓関係を改善する前提として、慰安婦問題で「まず日本側が具体的な行動を示すべきだ」と従来の主張を繰り返していたことが分かった。伊原氏は、今春までの関係改善を求める米国に配慮し、日韓首脳会談の可能性も探ったが、李氏は否定的な見解を示したという。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140228/plc14022808260003-n1.htm

 

 

 

韓国 「慰安婦で日本が“具体的な”行動を」

 

日本 「政府内に“具体的な”検討チームで検証する」

 

韓国  日本は韓国が嫌がることだけやる。

 

世界  お・前・が・言・う・な

 

*韓国が進めている「慰安婦の世界記憶遺産」の登録には、「物的証拠」の提出が必須条件です。「河野談話」と「慰安婦の証言」だけでは審査に耐えません。

韓国としては関係国(日本)に問い合わせする立場なので、日本政府の「検証」は本来歓迎するものですね。

検証から逃げるのは、「河野談話の欺瞞性」が暴露されたからでしょう。



北朝鮮 短距離ミサイル4発を発射

北朝鮮 短距離ミサイル4発を発射

  
27.02.2014, 16:32
    北朝鮮が短距離ミサイル4発を発射した。ロイター通信が、韓国国防省当局者の情報を引用して伝えた。
    ロイター通信によると、ミサイルは現地時間で17時42分、北朝鮮南東部の沿岸部から海側に向かって発射された。 

  伝えられたところによると、ミサイルの射程距離は200キロ以上。 

マスコミは、北朝鮮による挑発の可能性に備えて、韓国軍が万全の体制をとっていると指摘している。

  
リア・ノーヴォスチ、インターファクス





[スカッドミサイルの射程距離は約200Kmなので、ターゲットは日本でない]

*韓国との軍事境界線(38度線)に近い個所から発射した模様です。

朴槿恵大統領が北朝鮮に向けて「統一外交政策」を発表した事に対しての揺さぶりでしょう。

日本外し、北朝鮮との事前協議も無い「思いつき外交」ですね。


亀の幽霊




 
葛飾北斎『富嶽三十六景』より相州江の島

ネットラジオで「妖怪の話題」を聴いていた妻が話しかけてきました。
昨年行った江の島で「亀の幽霊」が出たと。




亀岡八幡宮(記事とは関係ありません)
(鎌倉の鶴岡八幡宮と逗子の亀ヶ岡八幡宮はセットでお参りいたします)


その場所は老舗の旅館前で、目撃したネットラジオ主が宿の人に「立派な亀ですね~」と言いますと、・・・「亀は飼っていないのですょ、時々訊いてくる人がいます。でも、亀の幽霊なのよ~ね」
有名らしいです。

あそこで、「大きな亀がいるから観たら・・と言っていましたね。でも私には見えなかった」
「・・・・・」

私に見えても妻には見得ないことが稀にあります。
他人に不用意に喋ると、「おかしな人」と思われるので用心してきました。



*のんびり日向ぼっこしている亀にしか見えませんでした。
商売繁盛の福の亀ですね。(笑)

■■②シンクロニシティの蔵出し 「魂の伴侶]

別人格の転換が起きたような行動から「疑似憑依」と見えるのならば、精神・心療内科医は「乖離性同一性障害」を疑うでしょう。精神障害については、そちらの詳しい解説書を参考にしてください。


精神世界の一般論では、憑依状態の霊媒の記憶がないと言われています。記憶の無い間に別人格に憑依されていると。
これが精神病の症状と似ているので間違われ易い。
見極めることなく子供へ過剰な治療薬を施すことになります。投薬行為によって”危険な憑依”が強まるだけ。

人類の精神の原初(元型)である「集合的無意識」にどなたも繋がっています
誰でも存在する原初(元型)と同調する霊体が、強弱はありますが憑依するのです。
”危険な憑依者”を通して医療関係者とその家族に悪影響を及ぼすことにもなるのでしょう。医療関係者と周辺に精神性の不調が多い理由。


自我を保ちながら憑依を感じる霊媒体質者も居られます。
記憶も残っている。(乖離性同一性障害と異なる部分)

そのため集合的無意識にアクセスする可能性が高い。「同調する無意識」を残せているからです。(外部観察者からは分からない)
心の動きでなく魂の働きで繋がる。


魂とシンクロニシティには親和性があります。
ソウルメイト、ソウルレイを引き合わせるのはシンクロです。
高確率で巡り合う理由でしょう。


時間と空間を超越した「シンクロの場」・・・この場合巡り合わせ。
シンクロニシティを二人は意識するでしょう。
強く意識するようになるとフローで様々なシンクロニシティ現象が押し寄せます。

不思議なことにエゴを満たす願いは叶えられないようです。
利他愛的な願望は現実化するようですね。



コパカバーナ・ビーチ
に位置するコパカバーナ・パレス


来世に持ち越すのは、哀しい生き方をした恋人たち・・・コパカパーナ♪)

この世の僥倖で折角巡り合わされた二人です。
人生の目的(役目)を見付けられた方は、ぜひ前進してください。


次々と眼前に「意味ある偶然」が訪れる体験をするでしょう。

真正な望みの現実化に感動します。


梵我一如(ぼんがいちにょ)ですね。



梵我一如とは宇宙全体としての「梵(ブラフマン)」と、個体としての「我(アートマン)」が本質的には同一であるとする思想。また、同一であることを知ることにより、永遠の至福に到達しようとする思想。古代インドにおけるヴェーダ哲学の究極の悟りとされる。代表的な思想家は、シャーンディリヤ、ウッダーラカ・アールニ、ヤージュニャヴァルキヤなどである。
(釈迦によれば「我」は存在しないとされるため、仏教においてアートマンの用語は一般的ではない。仏教では「無我」を知ることが悟りの道に含まれる)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%B5%E6%88%91%E4%B8%80%E5%A6%82






Copacabana - Barry Manilow
http://youtu.be/JMHp9a5FwrI










【軍事情勢】中国が「自滅」を避けられぬワケ 自らの虚言を自覚できない厚顔無恥に失笑も

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110231000/da9bd292906d0b66373dbbd37c5634c3_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js
【保存】
【軍事情勢】中国が「自滅」を避けられぬワケ 自らの虚言を自覚できない厚顔無恥に失笑も
 
2014.2.26 17:12産経
 

 欧州一のクリ生産国だったイタリア。1911年に83万トン近い生産量が2012年には1万8000トンにまで激減した。10年ほど前に中国より輸入した苗木に付着していた害虫が、瞬く間に全土に広がったせいだ。もちろん、イタリアの植物検疫の甘さが問題。もっとも、厳しくしたところで、中国国内の大気や沿岸の超弩級汚染同様、中国発の「害」は増殖し続ける。

 
 中国も締結したはずだが、国際条約で開発・生産などを禁じた生物・化学兵器をおおっぴらに製造・拡散しているようなものだ。ただ、中国の食材・農林水産品が国際的信用を墜とせば、自身の国力を落とす。同じ様に、中国の軍事膨張や居丈高な恐喝まがいの暴言は、反中同盟を自然に結成させる反作用となって現出する可能性を秘める。《中国の自滅》である。
 
ダボス会議での厚顔無恥
 
 絶えず中国の脅威にさらされるわが国には僥倖だが、笑っていられる立場にはない。憲法改正による自衛隊の国軍化や集団的自衛権の解釈見直しなど、安全保障上の欠陥を埋めぬ限り《日本の自滅》も有り得ない歴史ではない。傲岸無礼な中国と、憲法前文で《平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した》と謳い、国家防衛のエネルギーに欠ける日本。「国家の自殺」はどちらが先か…。
 

 1月にスイスで開かれたダボス会議で、中国工商銀行の姜建清会長(61)が、会場を笑わせてくれた。洒落たジョークを発したからではない。自らの虚言を自覚できない厚顔無恥に、会場の政治家や国際機関・大企業・NPO法人幹部、学者らが失笑をこらえられなかったのだった。曰く-
 
 「中国は平和を愛する国。他国を侵略したことはない。どの国も脅したことはない」
 
 13年6月のシンガポールにおけるアジア安保会議でも中国人民解放軍副総参謀長の戚建国中将(61)が嘘をついた。
 
 「中国は平和を愛する国家。海軍は周辺国に挑発的行為を採ったことはない」
 
 さすがに、フィリピンのヴォルテル・カズミン国防相(69)が反論した。
 
 「南シナ海で実際に起きている現実と全く違う」
 
 以下、賢者を自任しても、どこか間が抜けている中華帝国について、米政府・軍に影響力を持つ現代を代表する戦略家にして戦略国際問題研究所(CSIS)上級顧問、エドワード・ルトワック(71)の近著《自滅する中国/なぜ世界帝国になれないのか=芙蓉書房》の助けを借りて、論じてみる。
 

「勝利による敗北」
 
 《自滅する中国》に通底する論理的支柱の一つは、一方的に勝ち続けることで相手の反動を呼び起こし、結局は自らを滅ぼしてしまう逆説的論理《勝利による敗北》。政治・軍事・経済・文化・移民など、あらゆる分野での国際常識を逸脱した台頭・侵出は畢竟、周辺諸国はじめ諸外国の警戒感や敵愾心を煽る。中立的立場の国はもとより、友好国にとっても許容限度を超え、離反まで誘発。敵対関係にあった国同士の呉越同舟さえ促す。そうした国々は公式・非公式に連携・協力し、場合によっては同盟関係構築にまで関係を昇華させる。国際情勢は中国にとって次第次第に不利になり、その大戦略・野望を挫く結果を自ら引き寄せる。
 
 実際、日本はベトナムに経済支援を実施→ベトナムはロシアから潜水艦を購入→同型潜水艦を運用するインド海軍が、越海軍乗員を訓練する-互いに意図しなかった構図を生んだ。一時後退していた米比の軍事関係も、元に戻り始めた。戦略的協力への進展度合が遅く、どこかもどかしい米印関係も、牛歩ながら前進している。全て中国の脅威の“お陰”だ。
 
 自国のパワー増大がもたらす、反中包囲網によるパワーの減退という皮肉=逆説的な状況の回避には「軍の拡大を遅らせる」以外にない。ところが、中国は他国への挑発的大戦略を止められない。なぜか-
 

 まず、中華思想に魅入られた中国に「対等」という感覚はない。冊封体制や朝貢外交に代表される「上下関係」が全てだ。しかも、2500年以上前の春秋戦国時代に著されたとされる《孫子の兵法》にもあるように、陰謀や騙し合いを当然のごとく繰り返してきた。漢民族は狡猾な策略こそが知恵だと信じて疑わず、欧米や日本などは権謀術数によって操れ、優位に立てると過剰なまでに確信する。
 
漢民族に戦略の才なし
 
 しかし、それは同一文化内では通用するものの、異文化に強要すれば自国の崩壊を招く。モンゴルやトルコ系王朝、満州族に敗戦を喫したため、過去1000年において漢民族が大陸を支配したのは、明王朝(1368~1644年)時代ぐらい。ルトワックは自信を持って断じている。
 
 「漢民族に(彼ら自身が思っているような)戦略の才はない」
 
 ルトワックは、中国に対抗する策も進言する。中国経済鈍化=軍拡の鈍化を狙った、中国を脅威と捉える国々による対中経済・通商包囲網の構築である。ただし、こう付言した。
 
 「韓国は例外で、中国に擦り寄った」
 
 そういえば、韓国の金寛鎮国防相(64)は「済州島に韓国海軍の基地が完成したら中国船舶も寄港は可能だ」と語った。大国に媚びへつらう事大主義を絵に描いたような発言。脅威対象が奈辺にあるか分からず、国家を衰退させてきた伝統・文化は不変のようだ。
 

 ところで、米アジア太平洋安全保障研究センター准教授が外交誌ナショナル・インタレストで明言している。
 
 《中国と韓国は日本を孤立させようと考えているが、日本は国際社会で孤立してはいない。むしろ、南シナ海の行動で中国が孤立している》
 
 米ケイトー研究所の上席研究員もインタレスト誌で《安倍晋三政権が憲法改正に踏み込んでも、中韓両国以外は驚く程好意的》と指摘した。
 
 日本が早期に安全保障上の欠陥を是正すれば「国家の自殺」を回避。うまくいけば《中国の自滅》を目の前で堪能できるやもしれない。その際には、中国単独の「自殺」より、韓国を巻き込んだ「無理心中」を期待したい。日本に安全保障上・経済上の悪影響のない範囲で…。
 
(政治部専門委員 野口裕之)

【外交戦争】①アンネの日記被害 被害は308冊以上 ②イスラエル大使館寄贈

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110231000/110869f1af71ed1f02cee91f9611ec89_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js
【保存】

①【アンネの日記被害】捜査本部設置、官房長官も発言…図書館も対策、被害は308冊に
 
2014.2.25 20:34産経
 

 東京都内の図書館で「アンネの日記」や関連書籍が相次いで破られた事件の波紋が広がっている。都内の各自治体では、図書館内での職員の巡回を増やしたり対象図書をカウンター近くに置くなど、対策を強化。菅義偉官房長官は記者会見で「わが国として受け入れられるものでない」と発言、警視庁も器物損壊事件としては異例の捜査本部を設置し、本格的な捜査に乗り出している。

 
 産経新聞が島嶼部を除く東京都内の全53区市町村に取材したところ、杉並区、中野区など8自治体の38図書館308冊で被害があった。JR中央線や西武池袋・新宿線の沿線自治体で被害が目立っている。
 
 今年に入って被害の認知が最も早かったのは西東京市の1月22日。その後練馬区で同23日に被害が発覚し、今月に入って他自治体で次々と被害が判明した。
 
 杉並区によると、今月3日に練馬区から注意喚起を受け、中央図書館にある「アンネの日記」を確認したところ、被害はなかった。その後今月6日に同じ書籍を見たところ、破られていたため、対象を広げて点検を実施し、100冊を超える被害が見つかった。
 
 被害を受け、西東京市では図書館での見回りや返却後の本の検査を強化している。練馬区と杉並区は巡回を強め、被害の防止を図っている。現在まで被害のない港区でも、関連書籍を開架には出さず、職員を通じ閲覧できるように変更した。台東区も同様の対応を取っている。関連書籍の被害は横浜市中央図書館(同市西区)でも新たに1冊確認された。
 
 日本図書館協会は25日、「どのような理由があれ、貴重な図書館の蔵書を破損させることは、市民の読書活動を阻害するものであり極めて遺憾」との声明を発表した。
 
 ブックディレクターの幅允孝(よしたか)さん(37)は「いくら切り裂いても、世の中から『アンネの日記』がなくなることはない。本について何かを訴えたいならば、別の方法がいくらでもあるはずだ」と訴えている。



【アンネの日記被害】イスラエル大使館が300冊寄贈へ 「心配と思いやりに感銘」
2014.2.25産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140225/crm14022522350025-n1.htm

警視庁捜査1課は、器物損壊と建造物侵入の疑いで捜査している。



アメリカで、「捏造慰安婦像」や「捏造南京虐殺」のプロパガンダを仕掛けているのは明らかに中韓連合による工作。
現在の狙いは欧米向け。

日本人にはプロパガンダの効果が薄くなったので、海外の同調を得て日本を攻撃する『世論戦』を仕掛けてきているのです。

日本の神社仏閣の放火、不審火、仏像や仏典の盗難、神域を穢しているのは大半が特亜人の犯行。
「日本海呼称」を「東海」にと運動しているのもコリアンであり、図書館所蔵の地図に「東海シール」を貼っている写真がネットに流れています。


【日本を陥れる謀略】

*公共概念の薄い「特亜の思考」と推測できる犯罪でしょう。


さすがに「焚書坑儒」の歴史を持った者たちです。

首謀者が、日本人と「アンネの日記」の関係に疎いのがまる分かり。
手先は間もなく逮捕されるでしょうね。


な・め・る・な!




STAP論文、修正へ 共著者の教授「単純ミス」  ~テヘッ♪

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110231000/d6fc3aacef7ff018b6e0275fde16468d_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js
【保存】

STAP論文、修正へ 共著者の教授「単純ミス」
 
2014.2.25 08:00産経
 

「小保方さん気付かなかった」

 
 理化学研究所などが英科学誌ネイチャーに発表した新型万能細胞「STAP細胞」の論文に不自然な画像があると指摘された問題で、共著者の若山照彦山梨大教授は24日、産経新聞の取材に対して単純ミスによる画像の誤掲載があったとして、論文を修正すべきだとの考えを明らかにした。研究の成果自体に問題はないとしている。
 
 若山氏によると、筆頭著者の小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダーは「指摘されて初めて(ミスが)分かった。全く気付かなかった。研究そのものを疑われるのは悔しい」と話しているという。
 
 論文では、異なる実験で作ったはずのマウス胎児の画像2点が酷似していた。
 
 若山氏は「不作為の単純ミスだと思う。画像は数百枚あり、小保方さんが勘違いで同じものを使ってしまったようだ。私を含め、共著者全員のミス」と話した。

 この問題をめぐっては理研とネイチャー誌が調査を始めている。
 
 他の研究機関から、実験の再現に成功したとの報告がない点について、若山氏は 「小保方さんと何回も再現に成功しているが、最適な条件や環境を整えることが非常に難しく、ノウハウが必要」 と述べた。



*御本人が実験計画通り進めても再現するのが難しい・・・

誰でも簡単に実験の再現が可能なら、もうとっくに発見されていた。

これからは、ノウハウの蓄積が新たなノーベル賞級の発見につながるのでしょう。



フィリピンのスカボロー岩礁付近で中国による漁船へ放水

■フィリピン、中国による漁船への放水を非難

  
24.02.2014, 12:12
    フィリピン軍参謀本部のエマヌエル・バウチスト将軍は24日、係争中のスカボロー岩礁周辺でフィリピン漁師らに放水砲を使用したとして、中国の沿岸警備隊を非難した。
  
  非難声明によれば、中国側は1月27日、係争諸島からフィリピン漁船複数を追い出す狙いで、放水砲を使用した。

  声明では、負傷者の有無は明言されなかった。中国大使館は今のところこの件に関してコメントを発表していない。 

  漁業資源の豊かなスカボロー岩礁はフィリピンのルクソン島から約120海里に位置する。2012年、この岩礁をめぐって、中比間に国境紛争が発生した。   AFP
引用元: VOR ロシアの声




【参考】


 

赤破断線は新しく中国が主張する「領海」で、スカボロー岩礁を強圧的に組み込んでいる。


*過去の帝国主義時代の歴史で、現在の平和な日本を非難する中国が、「遅れてきた帝国主義」になっています。
周辺国は韓国漁船の違法操業の対策にも追われています。

中・韓を嫌う潮流は止められませんね。

 

■■■女子フィギュアスケート、アデリナ・ソトニコワ(ロシア)とキム・ヨナ(韓国)の採点検証





ニューヨーク·タイムズ紙が、スケーターのパフォーマンスを分析し、司法的な公平性を評価しました。

http://sochi-olympiad-2014.ru/2014/02/21/kak-adelina-sotnikova-pobedila-yuna-kim/



【ソトニコワ】最も難易度の高いダブルトリプルコンビネーション を成功させた。

 


【キムヨナ】”最も簡単な”ダブルジャンプで低くて低速でした。

 




 

素人目にもソトニコワのスピンはぶれていません。回天力も早かったようです。



上欄内はSotnikovaに高かったポイント 下欄内はKimに高かったポイント

 

Официальный сайт олимпиады sochi2014.com
(ソチ公式サイト)

多くの要素でアデリナ・ソトニコワ(ロシア)がキム・ヨナより成績上位ですね。


詳細に検証するほどソトニコワ選手の金メダルは素晴らしい。

キム・ヨナの平凡な演技での高得点は疑念が残りました。




追記2014.2.26


ソトニコワがフェイスブックにキム・ヨナと自分のジャンプの比較画像をアップ
http://thumbnews.nateimg.co.kr/view610/news.nateimg.co.kr/orgImg/nt/2014/02/26/13933728う43.jpg


追記2014.3. ロシアの声
 
【フォトギャラリー】 アデリーナ・ソトニコワ、フィギュア女子五輪チャンピオンに(フォト)
http://japanese.ruvr.ru/photoalbum/128962892/128978551/



プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR