スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■秦族と追族の因縁 百済(秦)と新羅(追)の正体?





   
 
   
後漢書にみられる四夷(蛮族)の概念


[秦族と追族の怨念 百済(秦)と新羅(追)の正体?] 


預言者ヨセフの言葉によって「東方の島々」目指したイスラエル人は、やがて朝鮮(カラ半島)の南部にたどり着いた。
荒れる海を目にした人々は、寄り添うように小国の建設に勤しんだのでしょう。


東夷伝によるとカラ半島南部を目指す大規模な移動が記述されています。
秦国以前の東夷とは、江蘇省や山東省の住んだ異民族を指します。蛮族としての記述しかありませんでした。

しかし漢以降は、東夷にカラ半島、日本列島に住む異民族まで含めるようになりました。すると、それまて蛮族としてしか見られなかた日本を目指す異民族は別格で、高度な文化を持つ人々として尊敬されていました。「穏やかで争いを好まず、法と信仰深い異民族」と記録されました。しかし周辺の部族は蛮族のままです。


渡来人の大移動が分る記述です。
秦の滅亡後、現在の中国東北部(満州地域)に長年いた東夷が移動したと思われます。
後漢書によると、東北カラ半島は濊(ワイ)の地で、前2世紀以降には大量な移住があった。
「前108年、前漢に滅ぼされた衛氏朝鮮の遺民が、三韓(馬韓や辰韓や弁韓)に移住」

南部のカラ半島に辰韓(秦氏の一族)を拠点に日本を目指した東夷の人々は、周辺に滞留した。
風濤(ふうとう)の激しい冬場の荒れた日本海は渡れませんので居留したのでしょう。


1世紀~3世紀中頃まで多くの人々が日本へ渡ったのです。
優秀な人々が去ると、カラ半島の歴史の空白期となり、見るべき古文書もありません。
移住が終焉すると、高句麗や鮮卑の侵攻で濊は滅亡した。


[ユーラシア大陸を時には同盟、時には戦争で敵対した怨念が、朝鮮南部に吹き寄せられた]


秦の始皇帝のシナ大陸統一では、鉄器製造に巧みな追族を重用しました。
優れた武器がなければ、統一できなかったとも言われています。
追族は、陝西省(西戎)に住んでいたトルコ系遊牧民族で、秦族とは同系です。
(シナでは戎人と呼ばれる人たち)


偶然、陝西省で戎人の埋葬地が発見されました。↓

----------------------------------------------------------------------

■陝西省で初めて大型の戎人墓地を発見
 2011-09-20 新華通信  
 
http://jp.xinhuanet.com/2011-09/20/c_131148839.htm
 
   【新華社延安9月20日】陝西省の考古専門家は先ごろ、同省黄陵県のある建設現場で、同省で初めての大型の戎人墓地を発見した。この発見は西戎の文化や移動などの研究に重要な手がかりを提供するもの。

   文献には、秦穆公の時期に、西部に遠征し、「12の国を滅ぼし、千里の土地を手に入れ」、多くの戎人の土地を占領したと記載されている。また晋襄公はコウ(山+肴)の戦いで秦穆公を打ち破ったが、これは晋と西戎の双方が協力した結果だった。
----------------------------------------------------------------------

謎の多い西戎です。
「陝西省考古研究院」の研究発表が待たれますね。


追族は、秦によって領地(陝西省)から連れ去られ、領地は奪われた。
秦に支配された部族です。
遊牧民族特有な「血の復讐の掟」が芽生えたのでしょう。

秦が滅びると、その秦の遺民は北狄 南蛮 東夷へと流れて行った。


前230年、周の宣王は、韓侯(周の武王の弟)に、追、貊を賜い伯(伯爵)とした。(詩経大雅韓奕)

「韓の名跡が絶えるのを憂えた宣王が、追、貊を伯爵として与えた」とある。


三韓(馬韓、辰韓、弁韓)にいた辰韓と弁韓にはトルコ系戎人が住み、
馬韓には、月氏・濊系扶余種族が鉄製造技術を持ち込んだ。

日本列島と鉄の交易は、主に馬韓ですが、馬韓は辰韓、弁韓の商社的な仲立ちもしていようです。
しかし「新羅」となった辰韓は、唐と同盟して馬韓「百済」を裏切り、カラ半島を統一した。


辰韓の追族にとっては、裏切りの意識はなかったでしょう。
むしろ復讐の機会を待っていたと見るべきで、韓候の正統な後継者と自負していたでしょうね。


このとき、秦族系(月氏)の人々は、ヨセフの預言を思い出したでしょう。
日本に雪崩をうって渡ったようです。

カラ半島の文化は停滞し、見るべき文書が残っていません。
辰韓は、「追族」の国のようです→新羅となった。

百済滅亡後は、度々日本に侵寇してきました。
執念深く、月氏を追跡しているようです。


追記
新羅は唐と結んで(唐・新羅の同盟)、660年に百済を668年に高句麗を滅ぼした。これによって三国時代は終わり、統一された


「東夷傳百済」其地自此為新羅及渤海靺鞨所分、百済之種遂絶。

百済之種遂絶・・・意味(移動食料として食べられた)

日本にしか血統は残っていない。

 


旧約聖書では、「東の島々」という言葉が幾度も出ています。地形的にカラ半島を指していない。
日本列島は、北イスラエルと緯度が同じです。天文観測に優れた「太陽の民」が、先導してきたのでしょう、末裔の村が現在も存在している。

百済に隠されたイスラエル血統は日本にある。
日本を示している可能性が高いと思います。

スポンサーサイト

■■ホワイトハウスHP 日中韓関係部分の略約抜粋 オバマ大統領と韓国の朴大統領との記者会見






過去に、翻訳ニュアンスの解釈で戦争になった、苦い歴史を日本は持っています。

詳細な翻訳は、外交専門家のよるものを待ちたい。

何について触れたか?
何について沈黙したのか?

概略が知りたかったので、ホワイトハウスHPを覘いてみました。








Press Conference with President Obama and President Park of the Republic of Korea



オバマ大統領と韓国の朴大統領との記者会見

ホワイトハウスのHPにある英文はこれ↓

http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2014/04/25/press-conference-president-obama-and-president-park-republic-korea

 これを、Google翻訳した日韓関係部分の抜粋が、以下の内容。


Qは、議長
私はまたあなたのための質問、マダム・プレジデェント(回答)を持っている。 あなたの国の悲劇的な損失に哀悼の意。 マダム大統領は、韓国と日本は、この地域の重要な共有の安全保障上の利益を持っていることを考えると、どちらかといえば、あなたの国の政府は、日本の第二次世界大戦の軍国主義の過去にわたる激しい論争のこの儀式を乗り越えるために何ができる?


プレジデント朴:それは韓国と日本に来るとき、2国間で共有利害がいくつかあります。 しかし、歴史的なビューの2カ国間で起こっていくつかの競合があった。 そして、あなたの質問には、我々は、これらの相違を解決しようとしている方法である。


この問題について、ハーグで、我々は三国韓米日米首脳会談があったが、私は私のポイントは、三国の首脳会談から始めることができると思うので、私は私の話は、三国の首脳会談から始めることができると思います。 米国、特にオバマ大統領は、ハーグで実現される三国首脳会談のために多くの努力を発揮しています。 そして、その首脳会談で、3カ国は北朝鮮の核問題の解決のための努力を調整される契約になってきた。


私は(聞き取れない)対話と(へ交渉をトレースしたいのですが - しかし、私たちは、この三国首脳会談があった前に、日本の指導者は、彼が行ったことのコミットメントをどのように行っていることを言いたい聞き取れない)対話 - リーダーは、彼は忠実にこれらの2対話を遵守し、韓国の慰安婦被害者に関連する問題の解決のためのいくつかの努力があることになると述べている。 それ以来、我々はその勢いを失い、そこから進歩を楽しみに運ばないことを確認する必要が達したいくつかの意見の一致があった。


だから私は何を最も重要なのは、我々は戻って安倍首相、日本側から実装することが彼らの正直な行動によって公約に行くことだと思います。 それは非常に重要です。 そして慰安婦問題のために、韓国の被害者のために、外務省の局長レベルでさらに協議があるでしょう。 我々はそこの事務局長会議で行わ会談も、我々は協力の勢いを続けていくことができるように、日本側で表示される真実性があることをことを願っています。 我々はその瞬間に予想通り多くの進歩を達成することができないのであればと、私たちはその時に実現することができました勢いから進歩を遂げるために、続けていくことができなくなります。


韓国の慰安婦被害者に関しては、多くの人が亡くなったており、我々は唯一の55の残りの生存者を持っている。 そして私はそれが我々が近い将来に進展がない場合は、この手放すならば、我々はそれらの犠牲者について何もすることができませんので、我々は努力、これらの被害者のための真実の努力を思い付くことが非常に重要だと思います。 そして、したがって、我々が作ったものの約束に基づいて真実のアクションを実装することで、我々は一度に達成することができました勢いで進歩を遂げることができるでしょう。 しかし重要な協調努力は、私は努力が関係者によって発揮されるべきだと思う、私たちの3カ国の間であろう。 と進歩は、単一の当事者の努力によって達成することができません。 、したがって、この点で、私は本当に日本側の努力を楽しみにしています。



Qは、私は、オバマ大統領のための質問があります。
そして次に、私は、北東アジアで起こっている紛争についてお話したいと思います。 韓国、日本と中国は歴史的領土紛争に緊密な政治的な協力関係で従事して北東アジアの3カ国である。 どのように協力をフレンドリーな雰囲気を醸成しますか? 米国は何ができますか? そして記者会見で安倍首相の発言は昨日に関しては、彼は日本の政治指導者による靖国神社への訪問を正当化する発言を行っています。 私は、日本の政治家が保有する歴史観の上にあなたの意見を聞きたいと思います。


オバマ大統領:私は以前あなたのアメリカのカウンターパートの質問の1に対応しているも、米国と私は一度に1つだけ問題を選択する余裕はありません。 それは地域での重要な同盟国、韓国と日本の国を脅かすが、それはまた、私たちに直接脅威を与えるのでそう、北朝鮮の状況は、私たちだけではなくへの直接の関心事である。 開発されているのミサイル技術のいくつかは、北朝鮮政権によって徹底的に無責任な外交政策と挑発的なアプローチとマッチングするとき北朝鮮で開発されている核兵器は、米国への脅威となる。 だから、我々は我々の注意に動揺することはできません。 私たちは、その戦術を変更するよう、北朝鮮を圧迫し続けていることを、私たちの同盟国との強い協調していることを確認する必要があります。


東アジアの他の問題のいくつかについては、米国の立場は、全体を通して明確で一貫している。 我々は自分自身、アジア太平洋電力を検討してください。 我々は、これらの紛争のいくつかの原因となっている特定の債権の株式を持っていません。 私たちは、例えば、尖閣諸島をめぐる紛争の当事者ではないです。 私たちの主な関心は、国際的な規範と法の支配を支持していることを確認しながら、およびこの種の紛争を平和的、外交的手段によって解決されていることである。 そして、我々はすべての関係者を奨励していきます - それは日本、中国、韓国、または南シナ海での紛争に関連してだかどうか - これらの紛争を解決するために、法律や外交を使用する。



そして中国への私のメッセージは一貫して明確に特定の問題に誇りと中国の間の違いがあるように起こっているが、協力の巨大な分野もあることでした。 我々は中国を含むことに興味はないね。 我々は中国の平和的台頭に興味があり、それは法の支配と国際システムの責任と強力な支持者であること。 その役割には、一定の規範を遵守しなければならない。 大規模な国は私たちがいないとき、それは人々を心配ため、小さな国よりおそらくもっとルールを遵守する必要があります。 そして、我々は一人で右になる可能性のあるシステムから離れて移動したい。


だから我々は、国際的な規範と法の支配に訴えるための措置をとるために関係者を奨励していきます。 我々は、これらの海洋紛争のいくつかを解決することができます行動規範を考え出す、例えば、ASEANと中国を奨励してきた。 私たちは、航行の自由、アジア太平洋地域の繁栄と、この地域の貿易と商業の成長を引き受けてきた他の原則を継続し、我々はそれが継続することを確実にするために、太平洋で自分自身を投影し続けるだろうことを確認します。



最後に、韓国と日本の間の歴史的な緊張に関連して、私は、ここに戻って韓国で慰安婦に何が起こったかの歴史を見て、私たちのいずれかが、例えば、これはひどいものだったことを認識しなければならないと思います人権の悪質な違反です。 これらの女性であっても、戦争の真っ只中に、衝撃的だった、の方法で侵害された。 そして、彼らは聞くことに値する。 彼らは尊敬に値する。 そして何が起こったかを正確かつ明確にアカウントがあるはずです。


過去は正直かつ公正に認識しなければならないものであることを、私は安倍首相が認識と思うし、確かに日本の人々は認識しています。 しかし、私はまた、前にも言ったように、ので、それは、など後方にも楽しみにしていますし、心痛、過去の痛みを解消することができる方法を見つけるために、日本と韓国の人々の双方の利益になると思います韓国と日本の人々の利益今日はとてもはっきりと収束する。 彼らは、両方の民主主義国家だ。 もし両方が盛んな自由市場を持っている。 どちらも、急成長経済圏の基礎である。 どちらも、強力な同盟国と米国の友人です。 あなたは韓国と日本の国の若者を考えるときにはそのように、私の希望は、我々は正直にこれらの過去の緊張のいくつかを解決するだけでなく、すべての人々の将来の平和と繁栄の可能性に私たちの目を保つことができるということでしょう。



それは、私は戦争の恐怖から考えて最も重要な教訓の一つだ振り返ると、人々が将来的に戦争を避けるためにできるようにレッスンを学ぶことができることです。




 

米韓首脳会談で、その場にいない日本に向けては、「慰安婦問題」を強調しています。
世界が「新冷戦」になる現状で、重要課題を話し合う問題ではないのが、朴大統領には分からない。

オバマ:「慰安婦の話は尊敬に値し聞くべきで正確に数えるべき」
分かりました「正確に検証」しましょう・・・韓国の嫌がる。

オバマ大統領は、中国へメッセージを発しました。
朴大統領は沈黙、直前に習キンペイと電話会談したばかり。

さすがに懲りたのか、オバマは「靖国」の質問に答えなかった。


 

■■■馬に乗ってきた月氏族の末裔 聖徳太子(厩の皇子) 根切り(根絶やし) *追記あり





◆これは過去生の夢に現れたものです。
歴史書には無いでしょう。

数次にわたり日本に渡来した支族を追って、シルクロードの国々を探し回る「追跡部族」がいます。
支族を滅ぼす(根切り)ことが宗教の本旨や本能になっているのです。シルクロードに十二支族の(血の)痕跡が消えた理由なのでしょう。

日本に渡来した月氏族(十二支族中の一氏族)は、巧妙に、先に海路渡来した十二氏族や縄文人の風俗を取り入れて隠れました。
「追跡部族」は朝鮮半島に居を構えて日本を窺う。(コリアンは、十二支族に寄生して大陸を移動してきたナリスマシ民族で、朝鮮を乗っ取った)

月氏族の末裔の日本人が、朝鮮半島を警戒する理由です。


 

*「追跡部族」について知っている方がいたら、ヒントなり教えてください。

紫雲山頂法寺(太子所縁の六角さん)を建てた場所に紫雲がたなびいたそうです。
縄文人の神聖な場所、ボルテックスの証し。

古神社は、縄文人の聖地・ボルテックス(渦巻き) のある レイライン上 に創建されています。
 

◆日本人は知っていました。
男子の遺伝子のみが、神上がりした偉大な「先祖の顔」が現れると。

聖徳太子(厩の皇子)の顔、姿を映した末裔です。

例えば・・
蓮如上人(浄土真宗)さんの瓜二つの顔を伝えるのは男系(世襲制)です。女系では、女系の実家の男系の顔になると・・日本人は知っていた。

朝鮮半島から来た「追跡部族」が、月氏族の末裔を「根切り(根絶やし)」に怨念(情念)を燃やしています。彼ら自身、その情熱の根源を知らないナリスマシ民族?。

「見通す眼」が、夢として現れて警告していました。


◆「東方のひかり」を求めて渡来した氏族と縄文人は融和しました。
精神性の高い人たちです。

 
安芸の舞楽

歴史に隠された遺伝子が共鳴し始めました。
世界に、十二支族の姿が、現れる時代になったようです。





喜多郎 (シルクロード) 絲綢之路 
http://youtu.be/oU7JWTtJaL4






*追記2014.4.27

ヨハネの黙示録 6:2 には、「そして見ていると、見よ、「白い馬」が現れ、乗っている者は、 「弓」を持っていた。彼は冠を与えられ、勝利の上に更に勝利を得ようと出て行った」 とある。

黙示録19:11~16にも白い馬が出て来る。「この方の衣と腿のあたりには、 『王の王、主の主』という名が記されていた」


弓月王国

弓月の国から渡来したのが月氏(秦氏姓)なのです。
聖徳太子(厩の皇子)に仕えた。

4月26日 ウクライナのチェルノブイリ原発事故が起きた28年目の日




ロシアの声
■核の安全性文化を最優先に

4月26日は放射能大事故とその犠牲者を悼み、思い起こす日だ。

   28年前のこの日、ウクライナのチェルノブイリ原発で起きた事故は人類史上最大の技術災害の象徴となった。それからちょうど25年たった2011年3月11日、今度は日本の福島第1原発が大地震とその後発生した津波によって事故を起こした。
|

|
国家調査核大学の教授で、国際学術技術センター、核・放射能安全性問題担当の元所長、ボリス・ゴルデン氏は 核の黙示録 に至らないために、人類は何を学ばねばならないかについて、次のように語っている。

「核分野で取られるいかなる決定においても核の安全性を最優先にしなければならない。これはなにか? チェルノブイリ事故の主たる原因は原発運営者側の安全文化が低かったとすることは西側の世論形成には分かりやすく、非常に好都合だった。これで低レベルの安全文化はソ連社会の低い文化の結果という考えが生まれてしまった。

これから生まれる帰結は、西側の原子炉はこうした事故はありえないというものだが、声明は最良のジャッジだ。日本は常に世界で最も産業化が進んだ、ハイテク国であり、安全の保障、立証、調整のためのモデルとなってきた。つまり福島の事故までは国際社会は日本の原子力専門家らの安全文化を高く評価してきたのだ。事故後、この評価はかわり、どんな社会構造でも、経済基盤でも、どんな文化伝統があっても低い安全文化はありえることが明るみにされた。安全文化の欠点が事故まで明らかにされなかったのは不幸だった。だがそうした欠点は事故後、はっきりと目に付くようになってきている

 28年間このタームが使われてきたが、それを同義付ける明確な指標は未だにない。安全規定は核物質を取り扱い、核施設を使用する作業員の安全文化だとされている。だが、たとえば決定を採択するもの、政権はこのカテゴリーに入っていないことに注意せねばならない。そのくせ、発展政策、運営機構を構築し、資源を分配する人たち、こうした人たちの活動にも核の安全は大きく依拠しているのだ。」


続き⇒ http://japanese.ruvr.ru/2014_04_26/271691939/



【私見】

原発事故が発生すると、「核の黙示録」を想起するほど、潜在意識で恐れているのでしょう。

人間の驕り高ぶりが、原子力の火を「プロメテウスの火」と変えた。



プロメーテウス像wiki



【参考】
プロメテウスの火

大きな役割を果たしているが、ひとつ間違えれば、すべてを焼き尽くす恐ろしい火になってしまう。 このことからプロメテウスの火とは、原子力など、人間の力では制御できないほど強大でリスクの大きい科学技術の暗喩としてしばしば用いられる。(Wikipedia)





福島の風に乗って救急車のサイレンの音が響き渡る 

 


【過去記事】

■ ■東京首都圏の放射能被害  「見ざる聞かざる言わざる」

テーマ:

三度目の春です。

放射能プルームが覆った地域に住んでいます。
あと・・いくつ花見ができるだろう?

五感が敏感になりました。
昨日は、夜半まで救急車のサイレンを数えました。気付いただけで八回です。
福島原発事故以前には、あまり聞くことがありませんでした。
のんびりしている住民も騒ぎだすでしょう。



星月夜☆様の記事の転載させてもらいました。
ありがとうございます。

続き⇒ http://ameblo.jp/tarooza/entry-11827787991.html


【関連】
世界の真実を探すブログ
4日~7日の間に29.21メガベクレル/km2の放射能が福島に降る!放射能速報地図も線量が高い!

20140415023121housyano07.jpg

先月も春風の影響で広範囲の放射線量が急上昇しましたが、今月に入ってからも福島県の線量は全体的に高い状態が継続しています。福島県が発表している「定時降水環境放射能測定結果(暫定値)(第831報)」によると、4月4日~4月7日の間に29.21メガベクレル/km2もの放射性物質が福島県に降り注いだとのことです。先月よりは少ない値ですが、2月や1月と比較すると、非常に高い線量となっています。

これは数十年前にアメリカが一番水爆実験をしていた時に匹敵する線量で、警戒が必要なレベルです。福島第一原発からは今も毎時1000万ベクレル、1日にすると2億4000万ベクレルもの放射性物質が放出されています。降下している放射能が増加した裏にはこの影響もあると考えられ、今後も福島周囲では放射能に注意が必要です。
*明日は太平洋向きの風向きなので、線量は上がり難いと思います。

続き⇒http://ameblo.jp/sekainosyoutai/entry-11823826516.html


放射能対策関連の過去記事

☆【放射性物質から身を守る食事法】亜鉛で造血機能と免疫機能強化!ミネラル豊富な天然塩も効果的!乳製品や加工食品には要注意!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-648.html


☆食べ物で放射能被曝対策!ビタミン療法、スピルリナ、リンゴペクチン!放射能対策まとめ
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-90.html




 放射能・デトックス 天使の巻毛  

新冷戦時代  日米韓に中国の影 工作員上がりの習キンペイと朴クネの電話会談




script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110239000/1dd7f2839307beb465d42bccf11522d8_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js
【保存】

■【日米首脳会談】中国「日米安保は冷戦時代の産物」 韓国「TPP譲歩へ大取引」
 
2014.4.25 産経

 【北京=川越一、ソウル=名村隆寛】中国外務省の秦剛報道官は24日の定例記者会見で、オバマ米大統領が安倍晋三首相との日米首脳会談で尖閣諸島(沖縄県石垣市)を日本の領土と認め、日米安全保障条約の適用対象だと明言したことについて、 「日米安保条約は冷戦時代の産物だ。第三国を標的にはできないし、中国の領土主権を損なうべきでない」 と強く反発した。

 
 秦報道官は尖閣諸島について、「他人が何と言おうと、何をしようと、中国固有の領土だという根本的な事実は変えられない」と述べ、この問題で妥協しない構えを見せた。
 
 中国国営新華社通信は、オバマ氏が「領有権に関して決定的な立場は示さない」と述べ、中国が同諸島に軍事侵攻した場合の武力行使の可能性に関して言及を避けたことについて、「米国は領有権争いで一方に肩入れしない」と解釈して報じた。
 
 一方、韓国の聯合ニュースは24日、オバマ氏が尖閣諸島は日米安保条約の適用対象だとしたことについて、「米国が尖閣問題で日本の要求に応じる代わり、日本はTPP交渉で米国に一定の譲歩をするビッグディール(大取引)」との見方があると報じた。
 
 日本在住の韓国人学者の分析として、「中国との葛藤を甘受しつつも尖閣問題で日本の立場を支持し、TPP交渉で譲歩を引き出そうとする、中間選挙をにらんだ(米国の)戦略的布石」と伝えた。





■訪韓直前にパク大統領が習主席と電話会談、出鼻をくじかれたオバマ大統領―香港メディア
2014年04月25日 毎日中国経済
香港メディア・大公網は24日、韓国のパク・クネ大統領が23日に中国の習近平国家主席と電話会談を行ったことについて、オバマ米大統領の訪韓を前に中国との強い関係をアピールする狙いがあったとする国外メディアの評論記事を紹介した。


パク大統領は、23日に習近平主席と電話会談を行い、3つの重要なメッセージを送った。25日にオバマ大統領が訪韓する前から、あらゆる事柄を習主席に報告していたのだ。

続き→ http://news.livedoor.com/article/detail/8773353/




■習近平主席と朴謹恵韓国大統領が電話会談
2014-04-23 ( cri )
中国の習近平国家主席は23日午前、韓国の朴謹恵(パク・クネ)大統領と電話会談しました。

 習主席は「パク・クネ大統領とは先月、オランダで開かれた核セキュリティ・サミットで会談し、両国関係の発展や地域の平和と安定の維持に関する共通の願いを改めて確認した。こうした交流は中韓関係の緊密性と重要性を示している」と述べ、11月に北京で開かれるAPEC首脳会議へのパク大統領の参加を歓迎すると示しました。
続き⇒ http://japanese.cri.cn/881/2014/04/23/241s220097.htm



【私見】




露骨な事大主義の中・韓連合関係

オバマ大統領訪日、来韓の直前に電話首脳会談したと、誇らしげに発表しています。

他国の外交団が、袖口を抑えて笑っている・・・

東アジアを新冷戦時代に突入させたのは、中国の覇権主義と韓国・北朝鮮の事大精神でしょうね。

ヒューマン・ライツ・ウォッチ報告書「中国の影で:ネパールでのチベット人虐待」 





中国の影に怯える周辺諸国をサポートしなければ、中共政府の執拗な工作、虐殺の人権侵害は止まらない。

日本国内の左傾リベラル政治家、マスコミ人の多くは、中共の血なまぐさい人権侵害に沈黙している。

***************************************************************************************

■ネパール:中国の圧力強化で脅かされるチベット人  当局による難民監視強化と人権侵害拡大
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=suDitJn8sWI





(カトマンズ)- ネパールが中国の強い圧力を受けた結果、国内に居住するチベット人への規制を強化していると、ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日公表した報告書で述べた。ネパール新政権は、迫害を逃れてきたチベット人を受け入れ、表現・結社・集会の自由を平和的に行使する基本的権利を制約しないことを中国に明示すべきだ。

 
全100ページの 報告書「中国の影で:ネパールでのチベット人虐待」 は、ネパールのチベット人コミュニティーが現在、事実上の政治デモ禁止状態にあり、チベットの文化と宗教を促進する公の活動を厳しく制限され、ネパール治安部隊から日常的に人権侵害を受けていることを明らかにしている。チベット人はネパールで、過剰な力の行使、恣意的拘禁、拘禁中の虐待、脅迫と強要、威圧的な監視、定義が曖昧で過度の拡大解釈が可能な治安関係の容疑の恣意的適用などに直面している。
 


「ネパールのチベット人難民コミュニティの状況は、2008年に中国がチベットで暴力的弾圧を行って以降、著しく悪化した」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチのアジア局長ブラッド・アダムスは指摘した。「ネパールはチベット人の保護を続けてはいるが、チベット人入国者数を制限するようにとの中国の圧力に屈し、法の定める義務に反してチベット人の行動に制約を加えている。中国はこうした要求を安全保障上の懸念と偽っているが、実際には中国によるチベット弾圧の延長であり、チベット人が自分たちの窮状を世界に訴えることを難しくしようとすることが狙いなのだ。」
 
ネパールにはかなり大きなチベット人コミュニティが存在しており、同国は中国での弾圧を逃れたチベット人の安全な避難先として重大な役割を長年にわたり果たしてきた。中国は2008年、チベット高原での民衆による大規模な抗議運動に対して、継続的な弾圧に着手した。チベット人のネパール亡命を妨害し、国外、特にネパールのチベット人コミュニティの影響力を奪うことに注力している。
 
中国がチベットに大量の治安部隊を駐留させ、ネパールと中国の治安部隊の協力関係が近年密になった結果、中国はネパールに脱出するチベット難民の数を抑えられるようになった。2013年に中国から脱出したと記録されたチベット人は200人に満たない。2008年以前は年平均2,000人を超えていた。
 
本報告書「中国の影で」は、その後のネパールが、治安と「情報共有」に関して中国とのあいだで複数の協定に署名すると共に、チベット人コミュニティとその指導部、実際の活動家や活動家と見なした人物を徹底的に監視している実態を詳述している。ネパール政府は「国境での違法活動の抑制」の実施と、「不法移民の送還を行う効率的な制度」の創設のため、難民申請者および難民の保護に言及しないまま、中国人民武装警察部隊の国境警備隊との協力強化を約束した。本報告書はまた、ダライ・ラマの誕生日や、中国政府要人訪問時など政治的に微妙な時期には、チベット人地区に威圧感を与えるほどの武装警官を配置することが、ネパール当局にとって普通のやり方になっている実態をまとめている。
 
「ネパールは曖昧で一貫性のない理屈を持ち出して、平和的な抗議運動を沈黙させ、チベット人を差別し、ネパール人の活動家を脅迫している」と、前出のアダムスは指摘した。「いかなる制約も法に基づくべきだ。中国の政治情勢の変化に基づくべきではない。」
 
中国への強制送還
 
ネパール政府と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)との「紳士協定」に基づき、ネパールは領土内に入ったチベット人に対し、難民の地位を得ることができるインドへの安全な移動を保証している。国際法はネパールに対し、チベット人難民の強制送還を禁じている。中国で拷問や迫害に遭う危険があるためだ。
 
しかし今回の報告書が詳述した、ネパールと中国両国の国境警備隊の協力強化が一因となり、ネパールが時々チベット人を中国に強制送還している可能性があるとの重大な懸念がある。元ネパール内務省高官はヒューマン・ライツ・ウォッチに対し、現地の国境警備隊は、国境や国境付近で発見したチベット人を「真の難民」でないと判断した場合、司法手続きや審問なしに追い返したり、強制送還を行ったりしていると述べた。当時入国管理局の職員だった別の当局者はヒューマン・ライツ・ウォッチに対し、チベット人が強制送還されたケースがあったと述べた。
 
ヒューマン・ライツ・ウォッチはこれらの告白を裏付けることができない。しかしその信頼性は高いと考えられ、さらなる調査が必要だ。こうした人びとは中国に送還されると拷問や虐待を受ける恐れが高いからだ。ネパール側から非正規に越境したとして中国当局に拘束されたチベット人は、通常投獄され、身体的虐待を受ける。
 
ネパール当局者はチベット人難民の規制強化方針について、「地政学上の微妙な問題」、ネパールが「一つの中国」を公式に指示していること、「ネパールでの反中国活動」を許さないという、その方針に関連する義務なるものを挙げて正当化してきた。しかし「反中国活動」という表現は、ネパール国内法では無意味であり、なんの力も持たない。チベット人の政治的発言を狙い打ちにする政策や実務は、明らかに差別であり国際法に違反する。ネパールは非暴力の政治的抗議行動を、それが自国民によらない場合でも禁止しているが、これは国際人権法上の確立した義務に反している。
 
ネパールによる取締強化の影響は、チベット人コミュニティ全体で感じられる。ネパールは、同国内のチベット人の少なくとも半数に対し、正式な身分証明書類の発行を依然拒否している。これによりチベット人は、政治活動への関与とは無関係に、警察や刑事司法制度から、強まる監視や悪化する人権侵害の被害にさらに遭いやすくなっている。通学、就職、商売、外国渡航などさまざまな活動に必要な書類を入手することが、チベット人にはますます困難になっている。
 
「ネパールは、大半がネパール生まれのチベット人数千人について、かれらが法的に存在することを認めようとしない。一切の身分証明書を発行してないのだ」と、アダムスは指摘した。「これにより、チベット人コミュニティ全体の周辺化と、かれらへの人権侵害が強まっている。」
 
報告書はまた、ネパール政府が中国の政治情勢に配慮することを強調していることは、ネパール人社会とネパール語メディアにも強い影を落としていることも示した。チベット人コミュニティの人権状況を監視し続けてきたNGOは圧力にさらされ、非国民呼ばわりされている。
 
ヒューマン・ライツ・ウォッチはネパールに対し、国内のチベット人の基本的権利を更に保証する具体的な措置を講じるよう求めた。難民の資格があるチベット人全員に難民としての身分証明書を与え、強制送還を禁じる国際法(ノン・ルフールマン原則)を厳守することなどが挙げられた。ヒューマン・ライツ・ウォッチは中国に対しても、国際人権法と難民法に定められたネパールの義務と相反する措置を行うよう、ネパール政府に圧力を掛けるのを止めるよう強く求めた。
 
「ネパールは、チベット人の人権を制限することを、隣の大国のご機嫌を良くする安上がりな手段だと考えているようだ。中国と良い関係を保つことは重要だが、基本的権利の制限は一線を越えている。これは、いまだ脆弱なネパールにおける法の支配を支えようとする努力を損なうだけでなく、政治的動機に基づいた警察活動と人権侵害の野放し状態を助長するものだ」とアダムスは指摘した。
 
証言(抜粋)
 
「 [中国側代表は]ネパールに不法入国したチベット人を、UNHCRに引渡すのではなく、ネパールの法律に従って処罰するよう要求した。」
 
―北京の省庁レベル会合に出席したネパール政府高官(2012年7月)
 
「ここなら安全だと思っていました。でもようやく中国がネパールに私たちの処遇を指図しているってことに気付いたのです。」
 
―ドルジェ・ツェリン(チベット人難民、2013年3月、カトマンズ)
 
「ネパール当局が情報をすべて中国と共有するのではと心配です。私たち難民の多くはチベットに親戚がいるので、地元政府による報復を恐れているのです。」
 
―J・K(2012年、カトマンズ)
 
「現在、正規の身分証明書を所持せず反中活動に関与しているチベット人を、中国政府に引渡す可能性について協議している。」
 
―ブハラト・バハドゥルG.C副警視総監(2009年3月)
 
「警察に地下室から連れ出された日、私たちは[ネパールに通じる]橋を歩いて渡るのに抵抗しました。行くものかと言ってね。でも中国の警察官に首根っこをつかまれて、橋を無理やり渡らされたのです。」
 
―ネパールに送還された中国籍のチベット人(2012年4月)
 
2014年04月01日 ヒューマンライツ・ウォッチ
 http://www.hrw.org/ja/news/2014/04/01

 

 

ネパールのチベット人難民コミュニティの状況は、2008年に中国がチベットで暴力的弾圧を行って以降、著しく悪化した。ネパールはチベット人の保護を続けてはいるが、チベット人入国者数を制限するようにとの中国の圧力に屈し、法の定める義務に反してチベット人の行動に制約を加えている
ブラッド・アダムス、アジア局長



【関連】

■チベット族男性が焼身自殺 中国・四川省、抑圧政策に抗議か
2014.4.16  産経

 米政府系放送局ラジオ自由アジアなどは16日までに、中国四川省カンゼ・チベット族自治州道孚県の地元政府庁舎付近で15日、チベット族の男性(32)が焼身自殺したと伝えた。

 男性は、チベット族に対する中国政府の抑圧的な政策に抗議していたという。

続き⇒http://sankei.jp.msn.com/world/news/140416/chn14041616250009-n1.htm


 

■■古代から続く夢見 とフェーズ(位相 PHASE)の関係










マイケル・ラディガの説明によると、睡眠時(REM)と覚醒時(WEC)の間にフェーズ(位相)が存在する。

フェーズの短い間、人間は不思議な別世界を体験をする。

人は、現実世界と別世界に、フェーズ(40Hz ヘルツ)を用いて行き来するそうです。

まるで明晰夢のように、夢の世界をコントロールして。

不思議な世界・・臨死体験、聖書の預言、天使と悪魔、宇宙人との遭遇、死者との邂逅



夢見は、「魂の夢」です。異次元世界へ行った魂の状態です。(短い体外離脱の旅)
通常の夢は、「心の夢」で脳内世界に止まると考えています。


夢見がフェーズと似ている事に、新たに気付きました。

一度は素通りしたものです。




フェーズ 
http://youtu.be/EfVSvrKkoWM





-----------------------------------------------------------------------------
■フェーズ by マイケル・ラディガ
THE PHASE (2013, 53 minutes) A documentary film by Michael Raduga

マイケル・ラディガは最先端の臨死体験(OOBE)研究者

何千人もの被験者を使って、大規模な実験を行いました。

グループで反復可能な実験を行っており、実験の間、被験者が経験した例


1)体外離脱
2)臨死体験;
3)死んだ人との出会い。
4)死んで、天使/悪魔/エイリアンの/ etcとの会合;
5)「神のビジョン」の聖書の物語を再作成。
6)その他 明晰夢 金縛り
 

詳細については、P.マイケル・ラディガの実験についての公開記事を読んでください。
http://neuroclusterbrain.com/michael..._articles.html






取り敢えず、フェーズの知識を得たいと思います。

そして、夢見とフェーズについての考察を深めてみたい。

フェーズでは触れられていない、第三の異次元世界には行かないでしょう。
危険な夢見と違うところですね。(肉体の消滅)



不定期ですが、後日のブログにアップできたらと思います。



韓国旅客船内は阿鼻叫喚 日本の製造元の関係者に訪韓要請




script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110238000/6f91cbc2b501d9cbc40bbc19da218473_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js
【保存】

■【韓国旅客船沈没】「脱出していいか?」一度も応答なし…乗組員、教師、生徒ら「生と死」緊迫の証言
 
2014.4.23 00:39産経
 
 乗客を残して逃げ出した船長ら。1人でも多く助けようと船にとどまった一部乗員や高校教師たち。報道された生存者らの証言から、事故直後のそれぞれの行動をたどった。

 
 「今、船が倒れます」。16日午前8時55分、セウォル号が管制センターに緊急事態を伝えた。だが、52分には、男子高校生の一人が「船が沈没しそうだ」と携帯電話で消防に通報していたことが聯合ニュースの報道で分かった。58分に海洋警察に出動命令が下る。
 
 左舷に傾きだした船内で即座に行動したのは高校生を引率する教師らだった。ナム・ユンチョル教諭(35)らは救命胴衣を探し出し「落ち着いて」と励ましながら手渡し始めた。
 
 9時14分、「乗客の脱出は」と問う管制にセウォル号側は「不可能だ」と応じた。23分には「船内放送で救命胴衣を着用させて」という管制に「放送もできない」と返した。しかし、船内では「その場にとどまってください」との放送が繰り返し流れていた。
 

 食堂もあり、多くの乗客がいた3階では、パク・ジヨンさん(22)ら一部乗員が「安心して」と泣き出す高校生らに努めて笑顔を見せ、救命胴衣を着せていった。パクさんは船(せん)橋(きょう)に「脱出していいか」と十数回問い合わせたが、1度も応答はなかったという。
 
 23分、最初に救助に駆け付けたのは地元漁船だった。漁船船長は45度以上傾いたセウォル号を目の当たりにする。「助けるにも誰も外に出ておらず、もどかしかった」と振り返る。30分、海洋警察のボートが到着。ヘリコプターの音でパクさんらが自身の判断で「皆さん、脱出してください!」と叫んだ。
 
 意外にも、傾いた左側の船室にいた高校生の救出率が高かったことが明らかになっている。すぐに浸水し始め、独自判断で海に飛び込んだ乗客も多かったという。逆に右舷側では船内放送を信じてとどまり続けた乗客が多かったようだ。
 

 逃げるにも60度以上に傾き、女子生徒の一人は父親に「傾きすぎて出られない」と携帯電話で送信。救助されたクォン・ジヨンちゃん(5を抱いて甲板に連れ出した男性乗客(59)は「20メートルほどよじ登った」と振り返った。
 
 セウォル号と管制の交信は38分を最後に途絶えている。船長らが脱出に移ったことが分かる。50分には、船長ら乗員10人が海洋警察第1陣のボートに助けられたことが確認されている。対照的にナム教諭ら高校教師の大半とパクさんらは最後までとどまり、遺体で発見された。
 
 高校生のチョン・チャウン君(17)は船内で混乱する仲間を励まし、自分の救命胴衣は友人に譲った。自らは逃げ遅れ、遺体で発見された。KBSテレビは「真の勇気と犠牲の意味を世界に教えた」と伝えた。最初に通報した生徒も行方不明のままだ。
 
 セウォル号は、生と死が交錯した過酷な現場だった。今後は、残された生存者の「心のケア」が大きな課題となる。


【関連】

■韓国船沈没、最初の通報は乗客少年「僕たちを助けて」

2014年 04月 22日 ロイター


[ソウル 22日 ロイター] -韓国南西部沖で起きた旅客船「セウォル号」沈没事故で、最初に危険を知らせたのは乗客の少年で、16日午前8時52分に消防に電話で通報したことが明らかになった。これは転覆につながった旋回の3分後だった。

消防当局者はMBCテレビに対し、最初の通報は船が沈み始めた時点で届いたとし、少年の声は震えており、緊迫感が伝わってきたと説明。少年が動揺していたため、船がセウォル号だと確認するまでにしばらく時間を要したという。

続き⇒ http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA3L04820140422



韓国旅客船セウォル号沈没事故で日本の製造元の関係者に訪韓要請!逮捕拘束で全責任追及から謝罪と賠償請求になる?
http://youtu.be/TvWEYcItq9A




■韓国旅客船沈没 日、米、中らに協力へ

聯合ニュース 4月21日(月)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140421-00000003-yonh-kr

 

旅客船沈没事故の収拾のために米、中などの協力を得ることとなった。西海地方海洋警察庁によると、事故5日目となる20日午後、アメリカのROV(リモートコントロール無人潜水艇, remotely-operated vehicle) 2台が全羅南道珍島郡の事故現場海域に到着した。

*海洋警察はセウォル号を設計、建造した日本の関係者たちにも円滑な事故収拾のために現地に来てもらえるよう要請した。




【私見】


最初に通報した生徒は、行方不明のまま・・・


沈没船内から引き上げた遺体は、指、手首を骨折していたそうです。*4.24 削除

必死に生きようとした。

韓国人は泳げないと言います。冷たい海水に恐怖したのでしょう。


今回の沈没事故は、韓国の民度がもろに出ています。


日本の造船関係者は、韓国から協力要請があっても断るべきです。

「中古船の改造前」から、舵や*バランスが悪かったなどと、日本への責任の擦り付けが始まるでしょう。

訪韓協力要請は罠と警戒すべき。
(日本人が人質にされる)




漏れてきた満州引揚者の凄惨な消息 奴隷にされた引揚者 2万遺骨と拉致交渉





2014/04/17 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説「外相級4者協議に暗雲か ウクライナ軍が親ロシア派の武装集団と衝突」「韓国の旅客船の沈没 急な針路変更で横転か」など
http://youtu.be/Dg53UVsJfHg




【注目情報】

1)日朝交渉は2トラック  A)核 ミサイル 拉致  B)遺骨 2万体

2)朝鮮戦争での米軍兵の遺骨引き取り交渉でアメリカに日本政府は問い合わせた。
 一遺骨2万ドル支払った。


3)戦後ロシアが満州地域の女性、子供に強制労働や(性奴隷)として抑留した。その内2万名を北朝鮮に渡した。
すべて死亡。


4)遺骨2万X2万ドル 400億円を現金でとの交渉がある


◆安倍政権は、硫黄島の戦死者の遺骨回収に意欲的です。 予算 年間30億円X10年間の予定
引揚者のご遺骨を回収し弔うつもりですね。


走路移設には10年で200億~300億円程度の予算が必要とみられている。首相は14日の硫黄島諮問前に自民党議員と会談し「換算すれば年間約30億円で済む」と述べた。訪問時には官邸主導で遺骨帰還事業を加速させる考えを表明した 。http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-4802.html



ソビエト連邦の崩壊で、満州引揚者の抑留情報が伝わってきた事がありました。

抑留した日本人を”払い下げた”のは北朝鮮だけて゜なく、中華人民共和国へも引き渡したと。

誰も帰国していません。




プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。