【再掲】■深い森の精霊 妖精たち  推敲

深い森は薄暗いものですが、一条の光が差し込む空間もあります。

日の差し込む不思議な、芳醇な香りが漂い花が咲いている、ほっとする場所・・

精霊の棲む場所です。

キリスト教徒の社会では、妖精とも謂う、同じ存在なのかもしれません。


現れかたは、森の訪問者の霊性に違いが有る・・と感じるようになりました。

その森の中に居ると、遠くから来る者の正体を鳥たちが教えてくれます。

侵入者と思われれば、朽ちた白骨に遭遇させられ、早々に退散していきました。


歓迎されれば、風もないのに小枝を揺らして教えてくれます。

野鳥たちも歓迎の囁きに森は賑やかになります。

ひょいと、鹿も顔を覗かせます。


こどもの頃、妖精と遊んでいたと言う女性が居りました。天使

私は信じる心を持っています。 

未だにですよ。(笑)
 


*[現証] として・・・

長野聖火シンクロニシティ現象、昆虫の とんぼ カナブン も近づいてくる。トカゲ、ぽゃっとしたヤモリも私の腕で一休み。ヒヨドリたちとも心を通じ合います。
敢えて、画像や動画に残したのは、信じがたい疑りの心を解かす為でした。
 
どこかで信じる心を失った人は、それは見ることも、感じることもないようですが、まだ良い方です。

「低級霊に憑依されている」と、
霊能者と称する者の御託宣には、違和感を覚えました。憑依を知る子です。


精霊の魂を感じていないのでしょうか?

「変化身」が顕すものと気づかず、悟るらずの者と・・・

神域を侵す者と見做されれば、早々に退散させられるものです。

霊能者が近づかないように、「恐ろしげな幻視」を見せられたのでしょうね、子供の私から。


精霊は、変化身(へんげしん)を致します。

寄り添う存在を感じた子どもでした。



短稿でした。



メモ【変化身】 へんげ‐しん
仏語。仏が衆生を救うために、姿を変えて現した身。



Secret Garden - Nocturne






続きを読む

スポンサーサイト

サンフランシスコ市に新たな慰安婦像計画 中国系が準備委設置

*なぜか?あちらの記事が消えたので、保存の為の下書きを載せておきます。


■【歴史戦 第6部「主戦場」米国】サンフランシスコ市に新たな慰安婦像計画 中国系が準備委設置 2014.8.30 産経

 【ロサンゼルス=中村将】米カリフォルニア州サンフランシスコ市で中国系住民らが慰安婦像の設置計画を始動したことが29日までに、明らかになった。すでに準備委員会を設立し、公共スペースでの設置を目指している。これまで米国内の慰安婦像や碑は韓国系が推進しており、計画が実現すれば中国系による初の設置となる。米国における慰安婦問題で中韓連携が一層強化される恐れもある。

続き⇒ http://sankei.jp.msn.com/world/news/140830/amr14083008570006-n1.htm

【私見】

◆サンフランシスコ市長は中国系のエド・リー氏であり、
中国系団体「世界抗日戦争史実維護連合会(抗日連合会)」が準備委を支援しており、中国系のサンフランシスコ市議も像設置案への支持を表明している。(産経から引用)



アメリカ・サンフランシスコ中華街 ポーツマス広場


 慰安婦像設置予定のアメリカ・サンフランシスコ中華街 ポーツマス広場(左側)


中韓連合との戦争には”善意”の道が引かれている。

朝日新聞は罪深い。
「サンフランシスコ講和条約」の都市で、平和を破壊する道具(南京、慰安婦)を提供した。
自らが信奉する「戦後体制」を壊している。

中国共産党政府は、「サンフランシスコ講和条約」の戦後体制を認めていない。
今は、「中国の夢(領土拡大)」の実現にとって邪魔だから。

更に、日露戦争の結果で締結した「ポーツマス講和条約」にも反対している。
だから市のポーツマス広場が狙われた。
偶然でない。


二つの条約に深く関係したアメリカが認める意思を疑う?
戦争させるキッシンジャーのプランですな!




追記 ポーツマスの地名は、ニューヨークの北方約400キロメートルの軍港であると同時に別荘の建ち並ぶ閑静な避暑地

続きを読む

【再掲】■スピリチュアル感性と、高い感受性の持ち主 (HSP) 推敲

高い感受性の持ち主(HSP)が、スピリチュアル(霊的)な感性の持ち主とは限らないようです。

人間の一定数が、敏感なHSP気質であるとされます。
もちろん動物や鳥たちも同じと気づいていますか?

周囲の変化に最初に敏感に気づくのが、HSP気質のゾーンです。
外敵から種族を守るのに、絶妙な配分で存在する本能なのでしょう。
それが適した種族が自然界に残ってきました。

その本能は、不用意に森に近づく人間を、
特に警戒心の鋭い一羽の野鳥が騒いで群れに伝えます。
勘の鋭いHSPの野鳥です。


HSP気質の特徴である・・
良い面としては、創造力、直観力、共感力(エンパス)、物事の本質を見抜く感覚が鋭い。
否定的な面としては、他人からの中傷に傷つきやすく、説明不足で受身の立場になり易い。
不思議なことに、攻撃的な人物の標的にされやすい。


しかし・・・
人間の種を滅ぼす”外敵”とも謂える原発事故の”人災”の正体を見抜く感覚は、
HSP気質だけでは説明できないと気づいてしまいました。

今は否定的な、神経質、臆病などの面が見られ現実から逃避しているようです。
共感力が麻痺して働かない。残念ながら本質を視ようとしていない。

しかし・・・
地から涌ような人たちが世に現れてきました。
その人たちの突き抜ける”情熱”は、スピリチュアル(霊的)な感性なのかもしれない。

覚醒している人たちから感じるのは、霊的な感性です。

動物、野鳥たちが視ているのは、その人間界の霊妙(オ-ラ)な感性です。
彼らは近づきます。いつの間にか周囲に集まっている。
だが、警戒すべき人物を視ると避けます・・・弾かれたように、群れは一斉に去る。

人間の「霊性」を見分けていたのです。


短稿でした。

Secret Garden - Appassionata

(Appassionata 情熱)

続きを読む

【再掲】■【シンクロニシティの導き手】 シャーマン体質の子どもへの伝言 推敲

必然性の時期が来れば、シャーマン体質の若者は、眷然(けんぜん)と悟ることでしょう。
多弁をいくら尽くしても理解されない時は気付けません。


シンクロニシティに、
気持ちを翻弄させられる体験を重ねることで、「霊性の根源」を考えるようになるでしょう。
(シャーマン体質の方は、多く体験すると理解しています)

さて・・・
2008年の春、北京オリンピックの聖火が、日本の長野市に巡ってくると大騒動になりました。

世界注視の中、日本政府は厳重な警備態勢を敷きました。
最高度の秘密で、聖火リレー輸送が計画されていたのです。


しかし、シンクロニシティによって、三度聖火に近づきました。
”人智の外の偶然”が導いたのでしょう。シンクロの場(処)です

私が居た高坂インターでは、輸送隊が休憩の為に入ってきました。
ここで少なからずの日本人から、初めて抗議のアピールを受けたのです。
抗議者が居るとは警備陣は考えていなかったのでしょう。失敗です。

聖火リレー前日、長野市のホテルに、密集した警備隊に囲まれて聖火ボックスが持ち込まれました。
目撃した抗議者は、私一人だけです。

スピリチュアル(霊的)な働きに依って、
警備計画は破たんしました。

マスコミが報道しない暴力的な中国人の正体を目撃しました。
日中友好の欺瞞に民心は気づいたのです。


世界で動画にシンクロニシティ現象(シンクロの場)を載せたものは、これだけです。↓

■ 紅い星のペンキ(長野聖火リレー騒動)
http://ameblo.jp/tarooza/entry-10790077246.html



未来のシャーマンの子どもへの伝言・・・

「霊性の根源」につながる意識に共感(エンパス)すると、

シンクロニシティ現象がフローに転換します。

そして、シンクロニシティは、真実に気づきます。


この世での務めを果たして下さい。




短稿でした。


Kundun (Soundtrack) - 05 Caravan Moves Out



追伸 2011.8.26

【ご紹介】

精霊、妖精を知見されたjunko 様のブ゛ログにコメンといたしました。
あたたかく詳しい説明に感銘しました。

アイルランドの精霊たちから学んだこと その3
http://ameblo.jp/junkohill/entry-10996361818.html#main





ではでは・・ペンギン足あと

続きを読む

【再掲】 【ソウルメイト】シャーマン体質の方へ (推敲)

魂の伴侶とは、
この世で意味ある偶然の一致(シンクロニシティ)に導かれて巡り合うことになります。


過去世からの「縁につながる」ソウルメイト(魂の伴侶)です。

シンクロニシティは、3回の機会が与えられます。

シンクロニシティは、縁に沿って起きる導き手です。

時を亘ることもある。

前世と今世を合わせて三回目・・・その場合、輪廻のねじれで激しい場面となるでしょう。



心、体、魂の結びつきを歓喜の中で瞬時に悟ります。

すでに、夢と現実が一致する出逢いをしているからです。




短稿でした。




*小規模BGM:「風のガーデンロケ地」 上野ファームの春







続きを読む

【再掲】 ふけめし 推敲

数多くのシンクロニシティを体験する者には、おぞましい他人の行動、性(さが)の目撃者ともなります。

「知らぬが仏」ならば暢気でいられたでしょうに、危険な悪意を察知する。


サラリーマン時代、外出先のすし屋に入った時のことです。
出されたチラシすしを食べ始めると異常を感じました。

私の嗅覚は、異常に発達しています。
じっと、どんぶりの上っ面を見回すと、"ごまつぶ"が散ったようにあります。
そっと具を寄せ、すし飯を視ると数本の細い髪の毛が現れました。

「ふけめし」です。

異変を感じそちらを視ると、中年女性の店員が視線を外しました。
明らかに食べる様子を覗っていた。



つばキムチ


近隣諸国人に多い悪癖なのでしょう。
(つば、痰、鼻くそ、ふけ、生ごみ、精液etc)
現在では、ネットで知られるようになった行為です。

嫌な思い出として、子どもの頃にも目撃しています。
ジュースに小便を混ぜて、日本人の子に飲ませたのです。

おぞましき彼らの仮面です。遊び仲間と思わせて居た。
今は、やっと口に出来ます。


若い頃、友人に指摘してもムキになって否定してきました。*誹謗中傷だと。
私の性格に問題があると・・・(笑)

この世には、霊性の低い警戒すべき人たちがいる。
その為なのか、彼らの出自を”見分ける感覚”が働くのでしょう。
戸籍ロンダリングは通用しない。


『観念的な差別ではない、厳粛な霊性の問題』・・との踏み込んだ指摘はしませんでした。
呑気な友人です。食べさせられても気付かない口だろうと諦めました。


食べずに店を後にしました。
後日、見かけたら、店は潰れていた。


短稿でした。




----------------------------------------------------------------------------------

女性の顔に唾「スッとした」 韓国籍の24歳男を再逮捕


■女性の顔に唾「スッとした」 韓国籍の24歳男を再逮捕 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp

路上で女性の顔などに唾を吐きかけたとして、大阪府警此花署は3日、暴行容疑で大阪市此花区西九条、会社員で韓国籍の趙昌彦被告(24)=同罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認め「女性に唾を吐き、気持ちがスッとした」と供述しているという。同署によると、平成24年9月~25年11月、同区と隣接の福島区で女性が男に唾を吐きかけられる事件が二十数件発生。このうち、趙容疑者は昨年3月中旬に市内の路上で小学生の女児に自転車で近づき唾を吐きかけたとして、1月9日に暴行容疑で逮捕されていた。
----------------------------------------------------------------------------------

続きを読む

【再掲】 現代のエクソシスト 動画追加

「いつも悪魔に言われるのさ、『神に守られているおまえには手出しができない』ってね」



悪魔払い師(エクソシスト)に頼って来る人々がいるようです。

最初に精神科の専門医に診断をさせるのは,精神病患者が殆どだとの理由です。


悪魔が存在するかの議論は昔からされていました。

悪魔現象からの救済を求められたバチカンの判断は、悪魔払い師(カトリック神父)を認める。

長い間、検証しています。


中東にも及んだのが・・・

厳格なイスラム国のサウジアラビアでは、魔術使いの儀式をしていた女性を断首刑にしました。

現代の宗教裁判です。


リアルな世界では、悪魔の存在を認識している国もあるのです。

我が国は、あまりにも無知のまま・・・。




カトリックとWicca(魔女宗)が、悪魔探しでは裏で連携しているのではないのか?

欧州のWicca(魔女宗)を信奉する人たちの教線は、我が国にも及んでいると実感したのです。



過去記事

黒魔術 ★アメンバーに変更
2011-01-13 11:00:49
テーマ:霊性問題
http://ameblo.jp/tarooza/entry-10766881470.html

◆ 逆五芒星に閉じ込めた人物は、taroozaのようですね。(笑)



Dominion: Prequel to The Exorcist - Trailer
http://youtu.be/mvYMflXVH_Y




短稿でした。

続きを読む

【再掲】 「人間界を凝視している精霊」 推敲

幼い頃、森に行くのが楽しみでした。


その森の精霊に野鳥たちとの交歓を学んだようです。
世の常識は知らなかった。

鳥たちにも”豊かな感情”があります。
メジロが、手の届く枝の上で踊る様にくるくると廻って観せてくれた。
喜んでいる気持を伝えてきます。

それから何年もしない内に、森が土地開発で消えると、
鳥たちは去って行きました。


老いを感じるようになり・・・
巡拝の旅をするようになると、幼い記憶が甦ります。
鳥たちとの楽しい交歓を忘れてはいません。
ずっと気に掛かっていたのです。

ある名跡寺院の森でウグイスに呼びかけて見ると、
反応してくれました。

ずっと帰る路にも飛びながら付いてきます。
森の外れまで見送ってくれました。
友情の復活ですね。

それからは、エナガやヒヨドリに呼びかけると応えてくれます。
余人が居ない時は、幼い頃のように、真近に来てくれるようになりました。
綺麗な声を聴かせてくれます。


現在の鬱蒼とした山の森は、放射能で汚されました。
人間のエゴで穢されたのです。

深い森の奥から人間界を”凝視している精霊”は、怖い存在でもあるのです。
森の中の生命が失われ始めていると気づいている。

二月からは、精霊の仲間を奪ったセシウム・スギ花粉が飛散し始めます。

今年の三月十一日以後に飛散して騒がれた黄色のスギ花粉と同じものです。(原子炉に注入した海水中の塩素は、中性子(臨界)に反応して黄色い放射性物質となり花粉に付着)


花粉症対策のマスクで吸引量を低減可能と公表されています。
せめてマスクをつけてください。



クローバースギ花粉のセシウム濃度 福島・飯舘村で調査開始

引用元 河北新報 2011年12月02日金曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/12/20111202t61027.htm

$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢

(シジュウカラ)

花粉症対策のマスクを準備しましょう。

森の生き物にはありませんが・・・。


読んでくれてありがとう。


続きを読む

【再掲】 悪魔と天尊 祈雨  

この世の有り様を「夢見」する人たちが急激に増えている。
老若男女の区別はないようです。


夢見の世界は異次元です。

神々に近づくほど現れてくる世界なのかもしれない。

だが、悪魔、悪神,邪神、そして低級霊とも呼ばれる存在も謂集する。


夢で、偶然異界を覗いた者は、示されるヴィジュンや囁きに惑わされる。

その正体に気が付く者は少ない。
自分で望んだ異界のヴィジュンだからです。

そして、潜在意識に潜り込まれた霊体に繰られる。


「夢見能力者」は憑依体質なので、それらに憑かれやすい。

しかしながら、なぜか分りませんが、”霊眼”らしきものが開くのが普通です。

善神を装っても、悪鬼の正体を見抜くことができるので、意識を繰られることはない。


反社会的な破壊活動を実行した「元***真理教」の中から、気づいた人物が居ます。
極端な「瞑想修行」からは、何も得られず”魔境”のヴィジュンを見せられただけだと。

その人物も、

虹の不可思議を認識するのに、シンクロニシティ現象との関連に気づいたのです。

心と外界は、一つだと・・

悟りに近づいたと思ったのでしょう。

しかし、この世で取り返しのつかない悪業の因を積んでしまった。

魔に憑かれた仕業。

最も悟りに遠い者になっているのです。



鎌倉時代の伝説・・・

大旱魃は農民にとって死活問題です。

日蓮聖人は、「祈雨の行」で見事に雨を降らせました。

心が天尊と一つ(シンクロ)となり、雨を降らせた。




*某新興宗教S学会員ではありません

続きを読む

【再掲】 ■他人に関わる予知夢は伝えられません。

予知夢は、「夢と未来が一致する」運命を変えるシンクロニシティ現象。

シンクロを体験する程、予知夢とはシンクロニシティ現象の一つであるとの思いが深まるのでした。。


予知夢は、未来に起きる物理的な現象を捉える事ではありません。

大地震、噴火、大津波、大事故などの物理的な破壊を視るわけではないのです。

末後の眼なのでしょうか。

肉体から魂が離れる瞬間に見た、この世で最後の情景、情動が時間を超えて捉えるからでしょう。
そして臨終の場では
、 「一念三千」  の想いが凝縮されています。
 
臭気まで感じられる集団としての死は、何とも形容しがたい。
暝い堂内に膨大な人の背中が彼方を向いています。
大津波前夜に視た夢でした。

【参考過去記事★アメンバー全面解除】追記 2012.3.31
■気仙沼の大火災 東北・太平洋沖地震 ★アメンバー解除 公開2012.3.31
2011-03-12 01:34:22
テーマ:☆夢見能力者 (元★アメンバー記事)




当日から数日間の報道では、犠牲者の数は少なかつた。
余りに少ない発表に違和感を感じた。

在京のメデイア関係者の緊張感の無さは異様です。
”他国の出来ごと”のように見ている者たちだった。
笑い声さえ聞えた。


予知夢は遠い未来まで視るようです。
しかし、警告夢は比較的近い。

其の日の朝の事も有りました。
間に合わない時は、その瞬間を捉えてしまう。
其の時は、夢か現実かの区別がつかない動悸が激しいものになりました。

夢の中を幼い児のように叫び声をあげて脇を走り抜けて行きました。
女子生徒が飛び降りてコンクリートに叩きつけられた現実の衝撃音でした。


私自身ではなく、
他人に関わる予知夢は伝えられません。


運命に干渉することはできないのです。
自らが感じて、未来を「転換」させるしか許されていない。

直接伝えたい衝動に駆られることがあります。
気づいてもらえない。

民族としての予知夢を少し公開しているのは、その中から「自らの運命を転換」して欲しいと望んでいるからです。

民族の存亡、
大乱の時代です。



ご訪問感謝いたします。


Secret garden-Silence Speaks


続きを読む

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR