スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再掲】 「廃仏毀釈」の因縁?

血筋に現れる「御知らせ」


明治時代に起きた廃仏毀釈 [ はいぶつきしゃく]についてコメントしたことで、思い出した奇妙な体験です。

若い頃、結婚前の振袖姿の妻と、明治神宮の初詣に行った時の出来事です。

鳥居をくぐった辺りから、太ももがチクチクします。

しばらく歩くと針が刺さっているように痛み出しました。

参拝は取りやめて、開いていた喫茶店のトイレに入り調べてみると、何の痕跡もありません。

念入りにズボンを折り返して調べても、針みたいな物は出て来ません。

この年の参拝は取りやめました。

近所の氷川神社で参拝を済ませました。



あくる年・・

覚悟を決めて、明治神宮の初詣に出かけることに致しました。

また、鳥居をくぐった辺りから、太ももがチクチクします。

しばらく歩くと、針が刺さっているように痛み出しました。今度は強烈な痛みです。


御祭神と先祖たちとの曰く因縁があるのでしょう。

徳川幕府の幕臣だった時代の因縁を強く感じました。

私自身、明治天皇御神霊への崇敬の念は持っていますが・・・先祖の想いとは異なるようです。


「廃仏毀釈」の騒動は、未だに因縁として残っているかもしれない。

やがて、

清浄な神気の漂う伊勢神宮への参拝で、先祖の霊は慰められたようです。




***********************************************************

$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢
(破壊された石仏 Wikipedia画像)

日本の廃仏毀釈 [ はいぶつきしゃく]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%83%E4%BB%8F%E6%AF%80%E9%87%88

一般に「廃仏毀釈」と言えば、日本において明治維新後に成立した新政府が慶応4年3月13日(1868年4月5日)に発した太政官布告 (通称神仏分離令、神仏判然令)、明治3年1月3日(1870年2月3日)に出された詔書「大教宣布」などの政策によって引き起こされた、仏教施設の破壊などを指す。

神仏分離令や大教宣布は神道と仏教の分離が目的であり、仏教排斥を意図したものではなかったが、結果として廃仏毀釈運動(廃仏運動)とも呼ばれる民間の運動を引き起こしてしまった。神仏習合の廃止、仏像の神体としての使用禁止、神社から仏教的要素の払拭などが行われた。祭神の決定、寺院の廃合、僧侶の神職への転向、仏像・仏具の破壊、仏事の禁止などを急激に実施したために混乱した。明治4年(1871年)ごろ終熄したが、影響は大きかった。


追記2012.07.31Ameba掲載済み⇒fc2再掲 *推敲
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。