スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再掲】「時わたる精霊の夢」の続き

「精霊の夢」が、リアル世界とシンクロすることで、過去のブログを読み返す方が増えました。



子どもの頃から繰り返し見る悪夢の場面が、人生の晩年に現実として再現されても、驚きの感情が湧く事はありません。

ただ、夢の中で一貫して感じるのは、寂しく哀しみの感情で゛した。

夢の様相になってきましたので、[時わたる精霊の夢」の続きを載せます。




◆[時わたる精霊の夢]  *既公表部分⇒2011年3月16日  

宮は滅却

寺は荒れ果て

教会に人の声も無し


時わたる精霊が・・”去る時”

この国に

千年の祈りの記憶を持つ末裔たちは

生まれ変わることはないでしょう。
 
 



人類滅亡


*以下、未公開部分の一部解放⇒ 2012年 8月 24日 


◆[壊れ行く国の有様]

人の心も壊れる

後ろには、誰もいない

悲嘆と怨嗟の声


国を毀した強欲な者たちの国外逃亡

逃げ遅れて・・・

電柱に揺れる晒された大小の人影・・子ども

垂れ落ちるのは、腐肉にわく蛆


街を徘徊する

総毛立つ相貌に豹変した人々の列

封鎖地域には、遺棄された亡骸

弔う人は絶えて久しい

「・・・・・・」




Billie Holiday-Strange Fruit (Live)





悪夢の現実化を避けるのは、「内憂外患」の真実に向き合い、叡智を集めて”選択”する最後の時期。

時期を知らせる私の役目は終わりました。

後の選択は、御自身の機根が決めるのでしょう。


まだ間に合うでしょう・・精霊と共にある霊的感性に生きる人たちが、この世にいる間ならば。


絶えれば、悪夢は現実化する。 
(死に始めています!)

神仏の慈悲を乞う。

追記2012-08-24Ameba:掲載済み⇒fc2再掲
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。