スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■②ユングのシンクロニシティ理論を超えて[夢と覚醒時に渡るシンクロニシティ 心の夢 魂の夢 ]



ひとりの女の患者を治療していた精神科医は、どんな手をつくしても、この患者と意思を通わせることが出来ないと思われました。

ある日、治療がうまくいかないことに非常にストレスを感じていたまま、患者の夫が、かの女をあの世へと引きづりこもうとする夢を見ていました。
その時診療室のドアがノックされる音で眼を覚ましたが、外には誰もいませんでした。
このノックの音は、かの女の夫がなんらかの形でかかわっているはずと直観した。

つぎの治療セッションでかの女に話すと、すると驚いたことに、かの女の夫は亡くなっていた。

これ以上どうにも進めない様な状況に直面したとき、この精神科医は、診療所のドアのノックと患者の死んだ夫の夢という、シンクロニシティにまきこまれたのです。
そのときから、精神科医と女患者との意思の疎通は進歩し、やがては治療につながったのでした。

(シンクロニシティ デヴィット・ピート著)

********************************************************************************************************

[夢と覚醒時に渡るシンクロニシティ]

どうにもならないような強いストレスが、シンクロニシティを引き起こす引き金になります。

潜在意識が不安定な状況を、ゼロポイントへと誘導して精神的な平衡を保とうとする

その精神世界の潜在意識の力が外部世界(環境)を動かすのでしょう

それが、意味ある偶然のシンクロニシティ現象・・・状況を変える力がある。


[心の夢 魂の夢 ]

■魂の夢  心の夢の先に現れる
すでに死んだ者を甦らせる「奇跡の力」は人間にはない。

かろうじ、死者の存在する場所に、夢を介(シンクロ)して意識を差し向けることしか出来ないのです。

心の夢は虚像(イメージ)であり辿りつけない。
魂の夢は実像(半物質界の)であり、中有(チベット死者の書 チベット語ではバルドウ)の幽界までなら到達するようです。

中有とは、あの世とこの世の中間世界で、半物質界の事・・・瞬間々物質界に通じる世界で、刹那の時間、「魂の夢」として視るのでしょう。

「死にたくない!死にたくない!死にたくない!」
絶叫している者が居る。

人を死に追いやった者の声でした。

間もなく、テレビでニュース解説者の訃報が速報されました。
中国共産党に支援されたポルポト軍によるカンボシ゛ヤの首都ぺノンペン陥落を、「解放された」と伝えた元記者でした。

ポルポトの留学生帰国運動の手紙が日本にも到着するも、半信半疑な留学生たちは、彼の”ポルポトを賞賛する”新聞記事でカンボジヤ人留学生は信じたのです。

ポルポト軍は、帰国した留学生たちを直ちに処刑した。
同じ留学生宛に、”ポルポトを賞賛して帰国を促す”欺瞞の手紙を書かせてから・・・合掌


慰霊塔カンボジヤ 

キリング・フィールドにある慰霊塔。手前の芝生は、通路で区切られた区画がそれぞれ500名前後の囚人を埋めた壕の跡であるwikipedia(日本からの支援です)

[追記]
 報道されない勇気のある僧侶たち http://ameblo.jp/tarooza/entry-11029444873.html


心ある日本の僧侶の存在は救いです。

虐殺が起きていた首都に、度々新聞記者として派遣されながら、漂う死臭に気が付かなかったとは言わせない。

菩薩道に生きる方と、修羅道に生きた者との明暗を感じました。



あの世への夢は、自制しています。
甘美な世界なら、帰って来ないかもしれないからです。



追伸
[不思議の解明]のテーマ記事は、気づいた時、これからも推敲していきます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。