機根 関が原 島津の退き口 捨て奸(すてがまり)

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110195000/717b912fe6bdbcf41d1a949770c0e711_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

[保存]

【産経抄】「相手の言いなり」だけが外交ではない
2013.4.24 03:16
 薩摩、大隅などを治めた島津家は関ケ原で敗れたにもかかわらず、幕府による取りつぶしを免れた。領地はほぼ無傷で安堵(あんど)された。それは島津義弘軍による凄(すさ)まじい退却戦の効果である。敗北後わずか千人の手勢で敵将、徳川家康の本陣に襲いかかった。

 ▼たじろぐスキに退却を始め、最後は80人になる死にものぐるいの戦いで、義弘は自国に生還した。それを目の当たりにした徳川方は、これ以上追い詰めた場合の島津の抵抗を恐れた。だから戦後処理でも島津家にだけは手を入れられなかったのである。

 ▼同じようなことは先の大戦でも起きた。日本は敗色濃厚となっても、特攻を繰り返すなど決死の戦いを続けた。それは米国など戦勝国を畏怖させた。このため戦後、さまざまに日本人の「骨抜き」を図りながらも、象徴天皇を残し苛烈な占領政策はとらなかったのだ。

 ▼そう考えると今、繁栄を享受している日本のリーダーが靖国神社を参拝、英霊たちに感謝するのは当然のことだ。いやそれだけではない。参拝によって日本人の勇敢な戦いぶりを思い起こさせる。そのことは、日本を敵視する国に対する十分な抑止力となると言っていい。

 ▼麻生太郎副総理ら3閣僚をはじめ、160人を超える国会議員が春の例大祭に合わせ靖国を参拝した。韓国は早速とばかり外相の訪日を中止した。抗議行動も起きているそうだ。この過剰な反応こそ、韓国が日本の「底力」を恐れていることの証拠と思えばいい。

 ▼例によってマスコミの多くは、日中、日韓外交が悪化すると憂える。参拝を「無神経」などと批判している。だが相手の言いなりに「よい子」でいることだけが外交ではない。中国、韓国をはじめ世界のすべての国が知っていることである。

************************************************************************************************************

関が原 島津の退き口 捨て奸
http://youtu.be/opnPJlDFvTI

~捨て奸(すてがまり)~
本隊が撤退する際に殿(しんがり)の兵の中から小部隊をその場に留まらせ、死ぬまで追­ってくる敵軍を足止めさせる戦法。
それが全滅するとまた新しい足止め隊を退路に残し、これを繰り返して時間稼ぎをしてい­る間に本隊を逃げ切らせる。足止め隊はまさに置き捨てであり生還する可能性がほとんど­無い、壮絶なトカゲの尻尾切り戦法である。  wikiより


戦後の左傾教育で日本人の機根を挫く工作が行われました。

私は不思議なことに戦争中の「強兵」から直に話を聞いていたのです。

伝えることも無く「弱兵」どもの話が残るのは先人に申し訳ないと思っています。


「きけ わだつみの声」(日本戦没学生の手記)などに収められたものは、敢えて「弱兵」のものを採用し、勇敢な話は採用しなかったと、晩年の編集者は白状していました。

老いて青年時代を回顧する頃になると、死者を辱めたことを恥じたのでしょう。


戦後盛んに日本軍は弱いと宣伝工作が行われていました。

壮絶な硫黄島の実写版として記録映画や、後にはテレビで盛んに放映されていました。

投降兵の日本兵500名なる場面が繰り返し強調されていると・・・復員した人が指摘しました。”朝鮮人”だと。

私は、彼らを見分けます。

その通りです。
青年になりアメリカ側からの硫黄戦を調べていると、投降兵について記録されたものに当りました。

緒戦の投降した500名に戦意が無いと喜んだが、詳しく調べると”Korean”だったと。
朝鮮人は米兵に協力して日本兵の洞窟陣地を教えた。(本国を護る絶対に退かない捨て奸り戦)
米兵は、「裏切り者のKorean」を心底から軽蔑していたそうです。

戦後、米兵や米軍属と元日本兵が同僚となって働く場では友好的でした。
但し、太平洋戦争、朝鮮戦争を経た軍属のアメリカ人たちは、卑劣なKoreanを軽蔑しきっていたそうです。


戦後の過酷な混乱も・・・靖国の英霊に少なからず護られていたのです。
しかし、未だに硫黄島の御遺骨は回収されていない。



機根の違いです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR