巨大小惑星 地球近くを無事通過



巨大小惑星 地球近くを無事通過

  
1.06.2013, 11:20
    31日、衛星を持つ巨大小惑星1998QE2が、地球から580万キロ付近を無事通過した。専門家らは「この小惑星がもっと接近していれば、地球を簡単に壊滅させることもできたろう」と述べている。
    ロシアの複数のマスコミ報道抜粋






[保存]



巨大小惑星 地球近くを無事通過
1.06.2013

 31日、衛星を持つ巨大小惑星1998QE2が、地球から580万キロ付近を無事通過した。専門家らは「この小惑星がもっと接近していれば地球を簡単に壊滅させることもできたろう」と述べている。

この小惑星の監視は、6月9日まで続けられる。小惑星1998 QE2は、その名称に含まれているように、1998年に天文学者らによって発見された。この星は、直径2,7キロで楕円形をしている。次にこの天体が、接近するのは2028年で、地球から724万キロの宇宙空間を通り過ぎる。

ロシアの複数のマスコミ報道抜粋




地球で磁気嵐が始まる
1.06.2013

地球上で、適度な強度の磁気嵐が始まった。

米国海洋大気庁(NOAA)宇宙天候予測センターの情報では、この嵐の影響で高緯度地域では、高電圧の電気機器に問題が生じる恐れがあり、又無線通信にも乱れが生じる可能性がある。

なおオーロラについて言えば、ニューヨークの緯度でも見られるかもしれないとの事だ。

VOR

************************************************************************************************************




無事に朝を迎えたようです。

地図で確認すると、北京、ニューヨークとも北緯約40度にあります。

オーロラが北京で観られたら、天変地異として歴史に残りますね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR