スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記







竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記



So Far from the Bamboo Grove



竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記 
http://youtu.be/OvpMNB9dnnY




3.11、大震災が起きて混乱の時期に、韓国政府は巨額なスワップを申し入れてきたのです。

 

そして、

日本が大震災、大津波、福島原発事故で呻吟している時、世界でただ一カ国で、祝福したのは韓国人たちであった。

日本が弱っていると踏んだのです。

 

 

アメリカで推薦図書であった『竹林はるか遠く』が、在米韓国人の工作で学校図書から排斥された。

日本では、翻訳が済んでいたのにも関わらず、在日勢力によって出版できなかったのです。

月刊誌で、その経緯を読んだ記憶があります。
著者は社会主義(朝鮮人に融和的)に同調的なリベラリストですが、南北朝鮮にとって立場が悪くなると解釈されたのでしょう。圧力を加えられたのです。

 

今まで、朝鮮半島での引き揚げ日本人の悲惨な話は表にされませんでした。

著者の表現は抑えたものになっていると感じます。(英語版)

 

ヨーコの一家は、満洲國に接する朝鮮半島北東の町、羅南に住んでいたようです。

歴史的に飢餓が最も多い地域です。

「昔から人肉食の噂」がある。

引揚者の赤子、幼児は「保存食」として狙われたのでしょう。

 

性質は残酷で強姦を自慢する者たちでした。

その地域からの脱出で女性(女児)は命がけだったのです。

 

満洲からの引揚者は朝鮮半島を通過して日本に戻った家族は少ない。

遠回りな中国コロ島からだけが、辛うじて引き揚げられるルートでした。

満人に救われた中国残留孤児は多いが、朝鮮残留孤児は皆無なのは知られるようになりました。

彼らは隠しているのです。

日本社会に実態が知られるのを怖れているのです。

 

シベリアに送られた日本兵は五体満足な者だけで、軍病院にいた傷病兵は全て虐殺されました。

豹変した元日本人(朝鮮人)が隣人(日本人)殺しを始めたのは、ソビエト軍の侵攻からでした。

 

 

アフリカのルアンダ虐殺(隣人殺し)と同じことをしたのです・・・

 

3.11での韓国人の振る舞いが、忘れていた「過去からの声」を聞かせるのでしょう。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

*注意 刺激的な場面があります。↓

 

ルワンダ虐殺を振り返る (1/5)

 http://youtu.be/MVXM4j89Q-w

 

コメント

tukobou 2 か月前

 

むしろ、「昔、我々はこんな酷い仕打ちを受けた!」と憤っていた­のが、虐殺の当事者フツ族だと思う。

 

このフツ族のツチ族に対する憎悪を見て、身近な某国の人々を思い­浮かべないだろうか?

 

そう、70年前の出来事をあたかも自身が体験したかのように憤り­、災害で日本人に被害者が出ると喜び歓声を上げるあの人々である­。

 

フツ族と同様な憎悪を日本人に抱く人々が近隣にいることを忘れて­はいけないと思った。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 


『ルワンダ虐殺』と
『竹林はるか遠く』で、『日本人引揚者虐殺』が結びつくことを、極端に怖れているのです。

「ルワンダ虐殺」動画は、過去何度も削除工作が国家レベルで行われた気配がある。 

 

福島原発事故対処に、日本国家として総力を挙げなければ成らない時です。邪魔をする特亜には物申す次第です。

 


小生の家族は、幻になった満洲國からの引揚者です。

小さい兄は、違法移住した朝鮮族の多い街で横死した。

 

合掌

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。