スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■夜に光る奇妙な夜光雲、高空で気候変動が起こっている兆候




ScienceCasts: An Early Start for Noctilucent Clouds
http://youtu.be/ohQzHz9gy6c







【参考図】


http://www.nasa.gov/mission_pages/aim/news/early-nlcs-2013.html



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

夜光雲(やこううん, 英:noctilucent clouds, NLC)は中間圏にできる特殊なで、日の出前や日没後に観測される気象現象である。地球上で最も高い高度に発生する雲と言われる。になっている北・南どちらかの半球の高緯度地域で多く発生する。極中間圏雲(polar mesospheric clouds, PMC)とも呼ぶ。

超低温・低圧環境の成層圏や中間圏では、主成分が硫酸塩硝酸塩からなる雲が発生する。

(wikipedia)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

AIM研究チームの主席研究者であるジェームズ・ラッセルは、メタン排出量の増加が夜光雲の発生に拍車をかけていると指摘する。「メタンは高高度の大気に達したとき、複雑な反応をして酸化し、水蒸気を発生させます。この余分な水蒸気が、夜光雲発生の原因となる氷晶になっているのです」。http://www.nasa.gov/mission_pages/sunearth/news/CHAMPS-NLCs.html







【参考図】は、日没後の太陽の光に反射する雲が夜光雲です。


1885年以来、主に高緯度地域で観測されてきた夜光雲が、例年より早く現れました。


夜光雲は、高緯度地域で夏の日没直後に観測されていましたが、より低い緯度の地域にも現れてきました。


太陽活動の活発化と環境(メタンガスなど)の悪化に併せて、夜光雲の出現数が増えた要因かもしれません。



彩雲              夜光雲





虹色の「彩雲」ならば、”瑞兆”なのですが、「夜光雲」は”凶兆”と観るべきか?



















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。