健康だった子供に訪れる予見されていた異変 

今日は診察日、

年寄りの多い病院に子供が来るのは珍しい。

受付窓口での母親の声は上ずり、相当慌てている。

朝方、胸の動悸で呼吸が苦しいと、子供からの訴え。初めて体験する症状だと答えていた。

診断して心臓の専門を紹介するとのことでした。


この暑い夏、

火葬場は一週間以上待たされる異状な状況が続いています。遺体の腐敗が進み易い季節です。


首都圏に流れた『高濃度放射能雲』の影響か、以前なら心筋梗塞などありえない病名で青年層が亡くなっている。

子供たちも、循環器系の心不全で亡くなっている。急速に寿命が縮み、老人になったようです。


『高濃度放射能雲』が流れた日は、『過ぎ越しの日』でした。
家を閉じ密封して子供たちを守るべきでした。
死神をやり過ごすべきだったのです。



放射能デトックスを実践なさっているシンシアさんのブログです。



◆ 食べ物で放射能被曝対策まとめ~ビタミン療法、スピルリナ、リンゴペクチン~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR