スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 『共産主義者』、『成りすまし』 の国会議員誕生

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110207000/896c61884f5a60bbc97a213d4de9cf51_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

【保存】

【参院選】「反自民」明快な主張が票を呼ぶ 東京選挙区
2013.7.22 22:47


 東京選挙区(改選数5)では、民主現職や、候補者調整で民主の公認を取り消された無所属現職が議席を失った一方、「反自民」を強く打ち出していた共産党や無所属の候補が当選した。民主の衰退傾向に加え、各野党とも自公政権に明確な対立軸を打ち出せない中、識者からは「反自民票が、分かりやすい主張をした候補に流れた」と指摘する声が上がった。

 「『プロの政治家』にはなりたくない。どこまでも市民に寄り添う」

 「反原発」を訴えて初当選を果たした無所属新人の山本太郎氏(38)は、一夜明けた22日朝、記者団に抱負を語った。「キラキラ」のキャッチフレーズで“金星”を挙げた共産新人の吉良佳子氏(30)も同日、早速街頭で支持者らに感謝の言葉を述べた。

 いずれも反自民を「反原発」「反アベノミクス」などワンフレーズで明快に訴え、東京選挙区の“台風の目”となった。

 山本氏は昨年12月の衆院選で、東京・杉並(東京8区)から立候補。落選したが、初出馬ながら7万票以上を獲得し、民主候補を押しのけて2位につけた。

 今回も、市区町村別得票数で、杉並区だけでなく、多くの自治体で2位となるなど支持を拡大。もともとの知名度の高さに加え、今回から解禁されたインターネットによる選挙運動を活用して積極的に政策を訴え、反自民票や無党派票を呼び込んだとみられる。

 都内の基礎票が約50万票とされる共産も、組織票に加え反自民票や無党派票が上積みされ、浮上したようだ。共産陣営は、「日本維新の会とみんなの党に流れるはずだった“非自民票”まで共産に流れた」と話す。

 昨年5月には市民団体が、原発再稼働の是非を問う住民投票条例制定の直接請求に付けられた約32万人分の署名を都に提出したが、こうした“反原発票”が山本氏や吉良氏に流れた可能性もある。

 日大法学部の岩井奉信教授(政治学)は「民主をはじめ、各野党が政策の違いを打ち出せなかった中、山本氏や吉良氏は、実現可能性はともかく、はっきりと政策の色を出したことで、自民に不満を持つ人々の支持を得られたのではないか」と分析している。

************************************************************************************************************

「反原発」の訴えが、3年後と云われる衆・参選挙で、大勢を決する主要テーマと予見させた。

昨年の衆議院選挙では、まだ小さな萌芽でしたが、今回の参議院選挙で明確な民意を見せたようです。

以前なら「反原発」は、「反日米闘争」に狂奔する左翼陣営の主張の一部(道具)でした。

自民党は、このままアメリカの核戦略に組み込まれている『原発政策』を日本独自に作り変えないと(廃炉)、次回には政権政党から放逐されるでしょう。

それだけ国民の怨嗟の声が高まってくるからです。

今回の国民の怒りの感情が、息も絶え絶えであった『共産主義者』、内部分裂している『成りすまし』などの勢力を国会に送ったのです。


放射能雲は、日本に住む人たち全てに覆ったのです。

これが本物の『共生』するという事です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。