スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再掲】シャーマン体質者とチャネリング 推敲

チャネリングを安易に行なわないほうが良いでしょう。




【チャネリング】

チャネリング (英: channeling, channelling) とは、常識的な通信手段では情報をやりとりできないような相手(何か高次の霊的存在・神・死者(霊界人)・宇宙人・未来人など)とコミュニケーションをすることである。1980年代以降米国でさかんにこの意味で使われるようになり広まった用語である。

 
チャネリングを行う人をchannel(チャネル、チャンネル )、あるいはchanneler(チャネラー) と呼ぶ。
 
なお、チャネリングは民俗学者や人類学者ならば“シャーマニズム”という用語で分類する分野におおむね相当し、「チャネラー」は従来の表現で言えば medium(霊媒)に相当することになる。Wikipedia

**********************************************************************************************************************


チャネリングの存在を否定する立場ではありません。むしろ存在すると思っています。
否定する方は、精々脳内ビジョンが視れる程度でしょう。


簡単に霊魂と繋がり易いシャーマン体質の自覚があるならば、チャネリングを安易に行なわないほうが良いでしょう。

人間に潜在している慾は、強固で侮れません。
その慾が、思わぬ霊魂と繋がることになる。


それでも、使命でチャネリングを続けるならば、私心を棄て、『菩提心』を保つことで、悪霊から免れるでしょう。
所謂、スピ系でいう、『ハイヤーセルフ』のガイドには頼れません。いつか対峙する、畏怖する『悪魔的な存在』には通じないからです。祈祷師の御札など、柱から剥げ落ちて何の役にも立ちませんでした。



信仰心が篤ければ、神仏との対話を望むでしょう。それも慾です。


また、神通力を望めば、思わぬ悪霊の力を借りることになる。悪霊ほど霊力が強い。


俗なる心で、利益(物欲、色欲、名誉欲)を求めての見返りは破滅・・・

一例として、精神崩壊して人に介添えしてもらわなければ、一歩足りとも歩けなくなった女性霊媒師がいました。

だが、突如として 立ち上がり、眼前を払うように手を振り回し、声も無く暴れ出しました。

よだれを垂れ流す相貌は、人間では無くなっていたのです。


密教系の新興宗教の行者には、極端な修法(チャネリング)が見受けられます。
一般人より、潜在意識まで霊魂に開きすぎるからでしょうか、悪霊を自ら呼び込んでしまうのかも?
特徴として、支配欲、色欲が亢進するようです。



私はチャネリングは致しません。
こちらから繋げなくてもあらゆる霊魂からのターゲットにされていました。
厄介なことに、相手の居なくなった呪詛までもあるのです。(呪詛と他の呪詛が喰い合うようです)


幼い頃から、『夢』にまで入り込んで来ました。

大きくなって多少の智慧が付き、『遮断する意識』を持つようになるまで、怖い世界を漂っていました。
核心を突くアドバイスができる大人は居ませんでした。


普通ならば狂っていたでしょうが、幸いなことに『守護する存在』を感じたことで、正常な精神でいられました。
消滅させたのです。




【関連】

■古法の修法 

■説明はない夢と現実 注意怖い話です。


追記2013.08.22 Ameba■■掲載済み⇒■■■特選

注意 個人的な考察です。多様な事象があるので質問には答えられません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。