スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【シリア情勢②】アメリカ大統領の戦争権限法 

戦争は、ある日突然起きるものではありません。

巨大な戦争システムが動き出すと止めるのは困難です。
緻密な戦術プランが作成されており、戦争権限法のグレーゾーンでは、すでに攻守の態勢が事前に準備されています。

シリアへの宣伝戦は最終段階、オバマ大統領の攻撃命令待ちです。

週間オフイェクトより『アメリカ大統領の戦争権限法』では・・・

同法の対象となる動員が行なわれた場合大統領は48時間以内に議会に対して文書で報告する必要があります
その後
60日以内に議会が宣戦布告を行うか立法により別に権限付与を行うか期間延長を認めない限り、大統領は動員を終了しなくてはなりませんただし、安全な動員終了のために必要不可欠である旨を大統領が文書で宣言した場合、最大30日の延長が認められる
http://www.law.cornell.edu/uscode/html/uscode50/usc_sup_01_50_10_33.html


短期で終わらせたいのでしょう。
オバマの弱気な限定攻撃の情報が流されていますが、中東全体は極度に緊張してきました。

アメリカが主敵と見做しているのはイランのようです。
イランを横目に見ながらのミサイル攻撃だとすると、広範囲な地域が、準戦域と見るべきでしょう。

広範囲に動けるオスブレイを擁する部隊を目撃するかもしれません。
(アラブゲリラの反撃に対処)


戦争になれば、アメリカと同盟国である日本もアラブ・テロリストの報復対象となるでしょう。
(アラブ人とは限らない)


◆イスラエル、シリア内戦に関与せず 攻撃受ければ断固として対応=ネタニヤフ首相 
2013年 08月 28日 04:52 JST  (ロイター)
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0GS3CN20130827



26th Marine Expeditionary Unit: VMM-266 Osprey Flight Ops!

http://youtu.be/FpOtB_lzlJk







◆ウィンタッくん ↓ 

シリア軍事介入 ・・・・・ アメリカ海兵隊 準備完了!!??


シリア情勢が緊迫してるのに関わらず、韓国で日本叩きをやっている潘基文国連事務総長は、国連から追放すべきです。
アメリカに戦争の「大義名分」を与えることにしか国連機関(シリア調査団)を働かせていない。

戦争回避の仕事から逃亡した人物として、歴史に残る恥ずかしい韓国人となるでしょう。(ブログ主)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。