スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【シリア情勢⑤】軍事介入に強硬なのは米仏のみ 爆撃前歴のあるイスラエルの影 *動画追加

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/afpbbnews/ameba/js/utf8/11265000/625f15542fc9a216ed7d6e17922495f9_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

【保存】

【8月30日 AFP】シリアでの化学兵器を使用した攻撃に対し、国際社会では最初の怒りの波が鎮まり始めた中、米国主導で計画されている軍事介入に対し、欧州各国では疑念が高まっている。

 各国の政治家も国際社会も、シリアの首都ダマスカス(Damascus)郊外の市民に対して化学兵器が使用されたというニュースに一様に衝撃を受けた。しかし、これに対する懲罰的な攻撃に全ての人たちが同意しているわけではない。

 イラクとアフガニスタンでの残忍な戦争の記憶は、多くの国の指導者や有権者たちを慎重にさせており、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は、同盟軍を組織しての攻撃に同意を得ることに苦心している。

 デービッド・キャメロン(David Cameron)首相が軍事介入に積極的だった英国でも29日、対シリア軍事行動に支持を求める政府提出の動議を下院が賛成272、反対285で否決した。英国の世論は、一部誤った情報に基づいて開始されたイラク戦争の時のように、長引く戦いにはまり込むことを懸念しており、シリアに対する攻撃には消極的だ。英世論調査会社YouGovによると、シリアへの攻撃への支持は28日までに22%にまで落ち込み、一方で反対は同51%に増加している。

■政府も世論も慎重姿勢

 米オバマ政権は、先週シリアで起きた化学兵器による攻撃は同国のアサド政権によるものだと結論付けたが、その他の国は現地で調査中の国連(UN)調査団による報告を待っている。

 ドイツでは、テレビ局ZDFの世論調査で、回答者の58%が軍事介入に反対。欧米諸国はシリアを攻撃すべきだと答えたのは33%だった。

 米英仏3か国の政府はこれまで先頭に立って軍事行動を呼び掛けてきたが、フランスでは世論が二分している。2つの世論調査の結果では、「国連決議があれば」という条件を付けても、賛成する回答は55%、45%にとどまった。

 イタリアは、2011年のリビア攻撃の際には基地も提供したが、今回は国連安全保障理事会(UN Security Council)の決議がない限り、あらゆる軍事介入への参加の可能性はないとしている。

 オーストリアとスペインでは、政治家やメディアが慎重な対応を訴えており、国連調査団が証拠を提示するまでいかなる行動も起こすべきではないと強く主張している。また米国の忠実な同盟国であり、イラクやアフガニスタンにも大規模な軍を派遣してきたポーランドさえ、強硬な軍事介入には反対している。

 一方、米国の主要な同盟国であるカナダは29日、欧米諸国による軍事介入を支持する意向を表明した。ただし、自国は参加しない方針だという。(c)AFP/Michael MATHES


【関連】追加2013.09.04
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

THE VOICE OF RUSSIA 
30 August,16:51

'Syrian rebels take responsibility for the chemical attack admitting the weapons were provided by Saudis' - source
 


Photo: EPA
 

In an interview with Dale Gavlak, a Middle East correspondent for the Associated Press and Mint Press News, Syrian rebels tacitly implied that they were responsible for last week’s chemical attack. Some information could not immediately be independently verified.
 
“From numerous interviews with doctors, Ghouta residents, rebel fighters and their families….many believe that certain rebels received chemical weapons via the Saudi intelligence chief, Prince Bandar bin Sultan, and were responsible for carrying out the (deadly) gas attack,” he writes in the article.

The rebels noted it was a result of an accident caused by rebels mishandling chemical weapons provided to them.

“My son came to me two weeks ago asking what I thought the weapons were that he had been asked to carry,” said Abu Abdel-Moneim, the father of a rebel fighting to unseat Assad, who lives in Ghouta.

 


VIDEO EVIDENCE- It was the rebels using chemicals, not Assad! 
http://youtu.be/6Iqns5xeoYk

As Gavlak reports, Abdel-Moneim said his son and 12 other rebels died in a weapons storage tunnel. The father stated the weapons were provided to rebel forces by a Saudi militant, known as Abu Ayesha, describing them as having a “tube-like structure” while others were like a “huge gas bottle.”

“They didn’t tell us what these arms were or how to use them,” complained a female fighter named ‘K’. “We didn’t know they were chemical weapons. We never imagined they were chemical weapons.”

“When Saudi Prince Bandar gives such weapons to people, he must give them to those who know how to handle and use them,” she warned. She, like other Syrians, do not want to use their full names for fear of retribution.

 


Insurgents in Syria take responsibility for chemical weapons atta
http://youtu.be/3QWPJL1TFHM


Gavlak also refers to an article in the UK’s Daily Telegraph about  secret Russian-Saudi talks stating that Prince Bandar threatened Russian President Vladimir Putin with terror attacks at next year’s Winter Olympics in Sochi if Russia doesn’t agree to change its stance on Syria.

“Prince Bandar pledged to safeguard Russia’s naval base in Syria if the Assad regime is toppled, but he also hinted at Chechen terrorist attacks on Russia’s Winter Olympics in Sochi if there is no accord,” the article stated.

“I can give you a guarantee to protect the Winter Olympics next year. The Chechen groups that threaten the security of the games are controlled by us,” Saudi Prince allegedly told Vladimir Putin.

Mint Press News stated that some of the information couldn’t be independently verified and pledged to continue providing updates on this topic.

Voice of Russia might be more credible than US government – Internet users

Recent publication by the Voice of Russia  'Syrian rebels take responsibility for the chemical attack admitting the weapons were provided by Saudis'  received a strong outcry among the Internet users as some of them claiming that the company’s reports are more credible than allegations against Syrian government made by US authorities.

‘It's more credible than the US saying we have real evidence of Assad using them [chemical weapons]. Assad doesn't get weapons from Saudi Arabia. They don't have ties. The US will use any reason it can to go to war. Even if it means creating one’, writes DylanJamesCo  on  Reddit.

Meanwhile, not everyone shares such this point of view.

KoreyYrvaI  writes that ‘The Voice of Russia wants us to believe that the Rebels totally were responsible for the chemical attack, and it was an accident… because Russia has been impartial throughout all of this and I don't think America(or anyone) needs another war, but this is hardly credible’.

But one thing unites the users: they believe the US government wants and needs another war in the Middle East.

‘America is just getting better at proxy wars. They have firm ties with the Saudis, and they would have no problem destabilizing Syria if it meant the US could eventually target Iran and its oil reserve’, writes  NineteenEightyTwo.

Voice of Russia, Mint Press News


天使の巻き毛 転載 日本語訳 ↓

 ボイス・オブ・ロシア(2013.8.30)

シリア反政府軍は、(シリア毒ガス大虐殺は)化学兵器の扱い方を間違えたために起こった事故である、と話している。

「私の息子は2週間前に私のところにやってきて、“僕が運ぶように頼まれたものは、実は武器だったのかな”と私に訊ねたのです」とアサド打倒のために反政府軍で戦っていた息子の父親、アブドゥル・モネイムは語った。彼はゴウタの住民である。

ガヴラクの報告によれば、アブドゥル・モネイムが、彼の息子と他の反政府軍の戦士12人が、兵器庫として使っているトンネルの中で死亡した、と言っているということである。

父親は、「その兵器は、アブ・アイェシャ(Abu Ayesha)として知られているサウジの兵士によって反政府軍に提供されたもので、“チューブのような構造”を持ったものである」と言っている。どうも“巨大な蒸留器”のようなものらしい。

「彼らは、これらの武器が何なのか、どのようにして使うのか、については私たちに話してくれなかった」と「K」という反政府軍の女性兵は不満げに語った。
「それらが化学兵器であることを知らなかったし、化学兵器だなとど想像もしなかった」と彼女。

バンダル・ビン・スルタン王子が、このような武器を人々に与えるなら、その扱い方と使用法を伝えなければならない」とシリア反政府軍の女性兵士は警告している。(他のシリア人のように報復を恐れているため、彼女の氏名は非公開である)。

ガヴラクは、「バンダル・ビン・スルタン王子が、このままロシアがシリアに対する立場を変えないのなら、来年、ソチで開かれる冬季オリンピックでテロを起こす、とロシアのプーチン大統領を脅迫した」とのロシアとサウジの秘密の会話があったとする英国のデイリー・テレグラフの記事を引用する。

「バンダル王子は、アサド政権が倒された場合、シリアにあるロシア海軍基地を保護すると誓約している。
しかし、シリアに対する立場について、サウジに合意しない場合、王子は、ソチ冬季オリンピックでチェチェン・テロ攻撃と同じことを起こすとほのめかした」と、この記事には書かれている。

伝えられるところによると、このサウジの王子は、「(プーチンが心変わりすれば)来年の冬季オリンピックを保護すると保証する。オリンピックの安全を脅かすチェチェンのテログループは我々がコントロールしている」とプーチンに言ったという。




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Voice of Russia might be more credible than US government – Internet users



2013/08/29(木曜) 18:22  [イランジャパンラジオ]

シリア攻撃をめぐる最高指導者の表明、国際メディアで大きな反響

http://japanese.irib.ir/news/leader/item/39598

*イスラエルがシリアを爆撃 ロシア・ブルガリアTV
http://youtu.be/J9UWmfly9U8


公開日: 2013/01/31

イスラエルが突然シリアの首都ダマスカスを爆撃。シリアの軍事科学研究所が破壊されま­した。2013年1月31日ロシア第一放送、ブルガリア国営放送。ジャパンユナイテッ­ド(株) ロシア・東欧地域開発事業部 http://iseebi.org/





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。