スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露日シンポ:米中が対日謀議を行う可能性もある

露日シンポ:米中が対日謀議を行う可能性もある

  
19.09.2013, 12:40
    米国と中国が背後で手を組む可能性がある、との警告が日本に発せられた。米国が、尖閣・スプラトリー諸島への支配を確立することに向けた中国の活発な活動に目を瞑ることを中国に約束するならば、それと引き換えに、中国はより親米的な政策を取る可能性がある。18日開かれた露日シンポジウム「北東アジア(ロシア、中国、米国、日本)の国際関係」において、このような発言がなされた。
    「ロシアの声」からはイーゴリ・デニーソフが参加。米中「G2」体制という未来について講演を行った。また国際協力銀行の渡辺博史総裁が中国の金融・通貨政策について報告を述べた。日本エネルギー経済研究所の田中伸男特別顧問は、アジアの、将来的には世界のエネルギー安全保障システムを構築する展望について講演を行った。   シンポジウムでは内政不干渉原則をめぐる盛んなディスカッションも行われた。これには東京大の久保文明経済学教授や国立モスクワ国際関係大学の専門家で「ロシアの声」日本語サイト編集主幹のアンドレイ・イワノフが参加した。後者は露日関係が今後、領土問題は未解決であるにしろ、相互利益的な協力を発展させていくべきだとする演説を行った。
引用元: VOR ロシアの声


【保存】

露日シンポ:米中が対日謀議を行う可能性もある
19.09.2013
 米国と中国が背後で手を組む可能性がある、との警告が日本に発せられた。米国が、尖閣・スプラトリー諸島への支配を確立することに向けた中国の活発な活動に目を瞑ることを中国に約束するならば、それと引き換えに、中国はより親米的な政策を取る可能性がある。18日開かれた露日シンポジウム「北東アジア(ロシア、中国、米国、日本)の国際関係」において、このような発言がなされた。

この会議にはロシアおよび日本から、ジャーナリスト、学者らが参加し、またロシア外務省高官、および在モスクワ日本大使館らも代表者が出席した。

「ロシアの声」からはイーゴリ・デニーソフが参加。米中「G2」体制という未来について講演を行った。また国際協力銀行の渡辺博史総裁が中国の金融・通貨政策について報告を述べた。日本エネルギー経済研究所の田中伸男特別顧問は、アジアの、将来的には世界のエネルギー安全保障システムを構築する展望について講演を行った。

シンポジウムでは内政不干渉原則をめぐる盛んなディスカッションも行われた。これには東京大の久保文明経済学教授や国立モスクワ国際関係大学の専門家で「ロシアの声」日本語サイト編集主幹のアンドレイ・イワノフが参加した。後者は露日関係が今後、領土問題は未解決であるにしろ、相互利益的な協力を発展させていくべきだとする演説を行った。

VOR

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。