スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■日本のトワイライトゾーン 挨拶

いつもの里山に、季節の恵みを採りに分け入った村人がいました。
長い都会暮らしから戻った中年の男です。

ぼんやりした夕方、里山から下ると、前から来る人影がありましたが、ずぼらにして挨拶の声を掛けませんでした。
畏れも忘れ、山の神様への挨拶も省きました。

昔の人は、「逢魔ヶ刻」と言ってましたね。

「・・・・・」

そのまま歩いていくと、知らない、見た事もない村に迷い込みました。

家のある村への歩いていたのに・・・
そこはトワイライトゾーンの村。


男は、村の挨拶の言い伝えを破ったのです。
永遠に帰ってこなかったそうです。




 幣立神社の青緑の光柱

追伸 
似た話が在りましても、小生は関知していませんのでご容赦願います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。