スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】☆羊からライオンへ  脱原発デモ動画あり

2013.10.13 原発ゼロ★統一行動:【巨大デモ】ファミリー・ブロック 
http://youtu.be/6BJOulKAiFM


2013.10.14 (95 回再生)





シンシアさんのブログより転載です。

☆羊からライオンへ
NEW !
テーマ:


〈田中龍作ジャーナル〉
脱原発デモ2万人超 父親「まだ経済優先で突っ走ってる」

きょうの脱原発デモ(※)は大変な人出となった。日比谷公会堂からデモ出発点の 霞門までわずか数十メートルを歩くのに10分以上を要した。日比谷公園の一角は人で埋め尽くされていて前に進めない。人いきれで呼吸が苦しくなり、出発点に行くのに迂回したほどだ。

先頭集団が日比谷公園を出発してから最後尾が出るまでに3時間近くかかった。
やっとこさ最後尾が出発した頃、ゴール地点にあたる国会前では集会がすでに
始まっていた。筆者は国会前と行き来したために参加者数を最後まで正確に数えることができなかったが、2万人は超えていただろう。

福島原発事故1周年(2012年3月11日)に行われた国会包囲デモのような殺気
こそないが、熱気はあの時と同じだ。盛岡、岐阜、山梨…遠方の地名が入った
ノボリと横断幕が秋風に揺れた。最も目立ったのが親子連れだ。

杉並区の母親は2人の子供(3才と11才)の手を引いて参加した。

「子供を守れ」「海を汚すな」「牛乳飲みたい」。シュプレヒコールを
あげているのは3才の男の子だ。


母親と一緒にネット動画を視聴していて覚えたという。

「秋になりサツマイモ、栗、キノコが給食に出始めるようになった。牛乳を飲ませないので水筒を持たせている。弁当を持たせたいけれど事故から時間も経ち対応できない。
いつも不安が消えない」。母親は顔を曇らせながら語った。

日比谷公園を出たデモ隊は経産省から内幸町の東電前までの通称「電力通り」を通過した。「東京電力は恥を知れ」・・東電前にさしかかるとトラメガを抱いた火炎瓶テツさんの声が一段と大きくなり参加者たちも唱和した。

会社員の父親(20代・多摩在住)は肩車した我が子(3才)の未来が不安だ・・。

「原発に希望はない。事故が起きて経済優先を見直さないといけない。皆がそう思ったのに、まだ経済優先で突っ走っているじゃないか。子供がいるので同じ事故を繰り返す訳にはいかない。子供の食事は完璧にしたら食べるものがなくなるので体を強くする食事を心がけている。常に移住の葛藤がある」。

日本人は熱しやすく冷めやすいと言われる。だが子供の未来を案じる親心にそれは当てはまらない。親と子がいる限り脱原発デモの熱気は冷めないだろう。

※「原発ゼロ統一行動」主催:首都圏反原発デモ/さようなら原発1000万人アクション/原発をなくす全国連絡会

---------------------------------------------------------------

13日に大規模な「脱原発デモ」があったのですね。「官製デモ」という疑惑もあるそうですが、参加した国民の気持ちには嘘偽りはないと思います。昨年6月末のデモには私も急きょ上京し参加しましたが、「そう簡単に実は結ばないだろう~」との感想を持ちました。あれから1年以上経過し、何が当時と変わったのかというと、「汚染水問題」です。

東電からの情報開示はあるにはありますが、肝心の「行方不明の核燃料」には触れません。急上昇する核種の数値は汚染水タンクが問題ではなくて、メルトスルーした核燃料が地下水脈に触れて起きている現象なのではないかと思います。一刻も早く真実を公表してほしいのですが、如何せん、我が国のリーダーが「コントロールされている」と国際公約をしてしまいました。

ちょうど明日の15日から臨時国会が開かれます。汚染水問題が議論されると思いますが、国会議事堂を取り囲む国民の声に、どれだけの国会議員の皆さんが耳を傾けてくださるか?大きな分岐点になるでしょう。国会答弁の模様は各国首脳も注視しているはずですから、海外メディアだけではなく、各国首脳、外人投資家が動くようになれば、大きな動きがあるかもしれませんね~。このような中、11日には以下の報道がされています。

再稼働の決断要請=福井4市町(10.11)

福井県内の原発立地4市町(高浜町、おおい町、敦賀市、美浜町)で構成する「原子力発電所所在市町協議会」の野瀬豊会長(高浜町長)らは11日午後、首相官邸に菅義偉官房長官を訪ね、原発再稼働を速やかに決断するよう求めた要請書を手渡した。原子力の必要性を明確にした新たなエネルギー政策を早急に示すことなども併せて求めた。

「生命か?マネーか?」を一人一人に問う、対照的な二つのニュースです。
現在のわが国には増税、TPP、原発、憲法、秘密保護法、格差問題などがあります。
どれも国民生活には多大な影響を及ぼしますが、多くの国民は潜在的には不安があるにはあるのですが、実際にお尻に火がつかないと腰を上げない面が多分にあります。

「ひふみ神示の宇宙訳」にも出てきましたが、「羊からライオンに・・」に変身するのはおそらく来年がピークじゃないかと思っています。今後のアメリカ経済の行く末や世界的な異常気象にもよりますが、食糧・水の有難さを実感することになれば、羊さんのままでいるはずがありません。

戦後数年は闇市や配給で食糧難の時代がありましたが、その後そのようなことはありませんでした。「世界経済第2位(現在は3位)の国なんだから当たり前でしょう・・」という面もありますが、世界支配層が一番手をつけなかったのがこの部分です。なぜかというと食べることに困れば、どんな人間も目が醒めてしまうことを知っているからです。
洗脳とはマスコミ等の情報操作だけではありません。スーパー、コンビニ、デパート、ファミレスなどの豊富な食品やメニューは、政治や経済への無関心を加速化させてしまいます。

-心に留めておきたいこと-

    「ナショナルジオグラフィック日本版」より拝借しました。

3.11以後、羊からライオンに変身した人は徐々に増えてきていますが、今後の数か月から
1年という期間が最後のチャンスになるかもしれません。自然災害をいくらかでも小難にす

るためにも、一人でも多くの人が【百獣の王・ライオン】に変身することを祈りたい心境です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。