スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露骨な国益を追求する外交 (バイデン副大統領の中国訪問にキッシンジャーの影by tarooza)

中国、米国に防空識別圏の尊重を求める

ナタリヤ カショ
6.12.2013, 16:42
米国は防空識別圏に関して中国のあまりにも強硬な立場に突き当たり、危ぶんで、これに正面切った挑戦を投げかけようとはしなかった。バイデン米副大統領の中国訪問はこれを示す結果となった。中国が東シナ海に導入した対空識別圏はこんにち米中関係を最も苛立たせる要因となっており、VORの予測どおり、バイデン副大統領と中国指導部との会談ではこれが議題の中心となった。
 バイデン副大統領は中国の対空識別圏導入に対する米国大統領府の激しい不満を伝えた。これに対し、習近平国家主席は原則的な立場を強固に示した。それは、この決定は国際法の基準に遵守したもので、国際的な実践に矛盾していないというものだった。

 訪中前にバイデン副大統領は日本に滞在しており、そのなかで、日中が尖閣諸島をめぐって論争を展開している地域にこうしたゾーンを設けたことは扇動だと発言していた。これに中国は、米国が誤った、一方的な声明を出すならば、緊張緩和は実現しないと深刻な警告を発した。結果としてバイデン副大統領は、この係争地域がどこに所属するものであるかという声明を出すことを控え、日本の望むように振舞うこともせず、中国に防空識別圏を取り下げるよう要請しなかった。米国カナダ研究所のパーヴェル・ゾロタリョフ副所長は、バイデン副大統領の言動は極めて慎重な、抑制の効いたものだったとして、次のように語っている。

 「バイデン氏はおそらくかなり理性的にふるまったといえるだろう。最終的にはこの意見の相違は日中間のものだからだ。バイデン氏は自国の同盟国には支援を示したが、一定の境界線を越えることはなかった。全体として米中関係はそんなに簡単なものではない。ある意味では、この地域における中国の軍事力は増長し、自国の利益に基づいた政策を行おうという意欲が高まっている。一方で米国も、この地域で自国の力と影響を投写する可能性を維持せねばならないという声明を必死で実現化しようとしている。」 米国は中国の防空識別圏を認めてはいない。ホワイトハウスのカルニ報道官の声明にあるように、連邦航空局は中国のこのゾーンを通る民間機に対し、一切の通知を行っていない。

 一方でカルニ報道官は「商業用航空機に乗る乗客の安全確保のために」、米国の航空会社らはこうした要求に沿って行動することを明らかにしている。現在、世界19カ国の55の航空会社がこの中国の要求に従うことをせまられている。

 地政学問題アカデミーの専門家、コンスタンチン・シヴコフ氏は、中国の防空識別圏決定に対し、結果を引き出せるようなツールを米国は手にしていないとして、次のように語っている。

 「米国は何の手出しも出来ない。中国に何が言えるというのか?ゾーンを取り除けとでも言うのか?中国はこれを拒絶し、市場に1兆ドルを越す米国債を放出するだろう。となれば、ドルはもう終わりだ。もし米国が中国に対して貿易戦争を布告するならば、中国は、米国が必要としている資源や商品を他の地域へさっさとまわしてしまい、米国は深刻な事態に見舞われてしまうだろう。中国には、軍事・戦略的な圧力をかけることも出来ない。
 中国はすでに、米国に堂々と答えることができる。唯一、米国が中国に対抗できるものといえば、それは核の脅威だ。中国には、米国に相応の報復を行うに足るだけの数の大陸間弾道ミサイルはない。」

  米副大統領の中国訪問では、両国関係は国際政治のなかで主要な鍵を握っているという重要事項が文書で確認された。これに関して李克強首相は米国に対し、経済協力の規模拡大とレベルの引き上げのために新たな将来性を開くよう呼びかけた。このために、特に中国へのハイテク製品輸出制限の撤廃を図る効力のある措置をとり、環境に優しいエネルギー燃料の開発協力を強化することが望まれた。バイデン副大統領は中国の発案を考慮に入れることを約束した。特に、投資合意についての交渉を行うことに賛成し、中国企業および投資家に対し、米国市場への同等の参入条件を創設する構えを表した。 (保存全文)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。