スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【テキサス親父】新たに中韓連合がカリフォルニア州のクパティーノ市に慰安婦像の策謀



【テキサス親父】またも韓国人達が売春婦像を建てようとしてるんだって? 
http://youtu.be/HEoky8Vl0Cs


公開日: 2014/01/14

【動画解説】

米国カリフォルニア州にあるクパティーノ市(アップルコンピューターの本社があり日本­の豊川市と姉妹都市)で12/17行われた市議会に「台湾人」と名乗る男とその他数名­の支那人か朝鮮人が、クパティーノ市にある退役軍人の為に作られた公園に「平和の為に­慰安婦像を建てたい」と要求。

「皆さんもご存じの通りに第二次世界大戦中に日本軍が行った・・・」と始まった質問で­、最終的には「平和祈念像」を建てたいという事だ。

実際に立地や費用、それにかかる人員等の話も出た。

現地に住む日本人のMさんよりテキサス親父日本事務局に第一報がもたらされたのが12­/25。テキサス親父日本事務局では「グレンデール市の売春婦像を撤去しろ!ホワイト­ハウス署名」を立ち上げて日々のサポートに追われている時であった。

そこで、TD日本事務局も幹事を務めている様々な慰安婦関連の活動をしている組織の代­表達が集まる「慰安婦の真実国民運動」にこれを持ち込んで対策を協議、直ぐに我々と行­動を共にしている現地のメンバーに連絡をし、市長にアポイントを取り、現地から2名、­日本からは藤井厳喜氏が市長に会う為に渡米市長との会談に臨んだ。

ウォン市長という方でアメリカ生まれの中国系アメリカ人。このウォンという名字の読み­方は、広東語圏であることから、広州や香港にルーツを持つ方ではないかと思われる。

約1時間の会談で、このクパティーノ市は、日本の豊川市と姉妹都市関係にあり、毎年、­多くの人的交流が行われており、市長の娘さんも日本に短期滞在したことがあるとの事で­、日本との関係を壊すことを非常に嫌がっている事がわかった。そしてこの慰安婦像設­置の提案を市議会の議題に乗せないとの回答を聞き出すことが出来た。

第一報がもたらされて10日間と非常に短い期間でスムーズに結論を引き出すことが出来­た。

日本側もグレンデール市の様に後手後手に回り慰安婦像を建てられる事が無いようにと様­々な協議を持ち、対策を講じているだけにその苦い経験が役に立ったとも言える。

この動画が出来た時点では、この結論がもたらされてはいなかったが日本側と米国側の連­携が機能し最悪の事態を回避できたことは素晴らしい事。

現地で対応にあたったM氏、S氏、そして日本から渡米して交渉にあたった藤井厳喜氏に­感謝したい。

今回は、今まで朝鮮人のバックでサポートしていた「世界抗日戦争史実維護連合会」が表­に出てきての事だった為に緊張が走ったが、日本側の対応、現地での対応が素早かった為­に失敗に終わった事になる。

今後も、これらの慰安婦像の設置を朝鮮人達があちこちで画策する事は明確ですが、日本­側もいち早く情報を掴み対応できるような万全の体制が出来ているので、今までのような­勝手な真似はさせない。

テキサス親父のグレンデール市の売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名もこれらの朝­鮮人達の米国での計画に急激なブレーキを掛ける事になっている。

日本人も黙ってはいない事を継続的に示していくことが必要であろう。




一連の内容は:http://staff.texas-daddy.com/?eid=461


2013年12月17日クパティーノ市議会の模様 25:20
http://cupertino.granicus.com/MediaPl...

*ITEM19 25:20~47:46 公聴会で5名の発言者。議員からジャパン・ジャッシングの危惧を指摘。

台湾人の発言者に偽証があります。台湾に慰安所は設置されていない。


■元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れる
2013.10.16 08:36(2/2ページ)産経
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101608380010-n2.htm

 大阪、熊本、台湾など戦地ではなく、一般の娼館はあっても慰安所はなかった地域で働いたとの証言もある。元慰安婦が台湾中西部の地名「彰化」と話した部分を日本側が「娼家」と勘違いして報告書に記述している部分もあった



*この提議(ITEM19)は、他の提議と一緒に検討され、来年2月~6月の公聴会で終わる。



1944年米陸軍の慰安婦尋問調書

http://texas-daddy.com/comfortwomen.htmlhttp://youtu.be/HEoky8Vl0Cs




【未確認続報】

まず、クパティーノ市の議題(AGENDA)に載っていないという事は、議論する予定そのものがないという事である。当面、慰安婦像設置の心配はない。不思議な事に、推進派のバリー・チャン市議会議員も敢えてこの問題を市議会の議題に乗せようとはしなかった。恐らく、準備不足で時期尚早と見たためなのか?(藤井厳喜氏)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。