スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険な中国への留学生数が急減 

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110230000/b79c4e0d690983c433fc59fc43036e75_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js
【保存】
“中国離れ”進む日本の若者 中国への留学生数が急減 
 
2014.2.12 08:05産経
 

 日中関係が極度に悪化する中で、日本の若者たちの中国離れも急速に進んでいる。中国への短期、長期の留学や、日本で中国語を学ぼうとする若者たちの数がここにきて大幅に減ってきているのだ。過去にも政治的な関係が留学生数などに影響を与える状況は多少みられたが、今回はかつてない深刻な事態といえよう。(フジサンケイビジネスアイ)

 
 北京のある大学は昨年、世界百二十数カ国・地域から3100人を上回る留学生を受け入れたが、日本からの留学生はたったの60人だったという。トップは韓国が断トツで730人余り。続いてインドネシア、タイ、ベトナムとなっており、日本は5位に甘んじている。
 
 中国当局の統計によると、中国は2012年に世界の200カ国・地域から合計32万8330人の留学生を受け入れている。ベスト5は、韓国、米国、日本、タイ、ロシアである。日本は3位で、この年は前年の1万7961人から2万1126人へと数を増やしていた。13年の数字は未発表だが、日中関係の悪化に伴って、かなりの減少となっているのは間違いない。
 
 日本のある大学では、毎年春に中国の上海や天津に約3週間の短期研修を実施している。午前中は中国語を学び、午後は工場見学や中国の学生たちとの交流といったプログラムで、毎年20人から30人の学生が参加してきた。ところがこの春は希望者がわずか4人しかおらず、研修団を結成できなかった。
 
 本人は参加を希望しても、保護者から止められるケースが増えている。政治的な関係悪化だけでなく、環境汚染がひどくなっていることも影響しているとみられる。
 
 ある地方の孔子学院に勤めている先生からは「昨年から生徒が減ってきた」とぼやきのメールが届いた。
 
 孔子学院は中国が世界各国の大学などと提携し、中国語や中国文化を教えることを目的に設立され、日本でも各大学に広がっていた。
 
 それでなくとも日本人学生は内向き志向を強めている。文部科学省作成の統計によると、10年の日本人の海外留学生数は5万8060人で、前年より3.1%も減っている。ピークだった04年の約8万3000人と比べると、ほぼ3割の大幅な減り方である。
 
 中国への留学生も落ち込むとなれば、内向き志向により拍車がかかろう。中国を知らない学生が増えれば、日中関係の改善もより遠のいてしまう。(拓殖大学国際学部教授・藤村幸義)




*日清戦争、日露戦争、日中事変、ソビェト軍侵攻、朝鮮戦争の例を出すまでもなく、動乱の時に現れるチャイナ、コリアンの残虐な民族性を忘れてはならない。

前途有為な若者を危険な環境に留学させることは、大陸の状況(暴動、環境)が平穏になるまで見合わせるべきです。


チャイナの民度を侮るべからず。



【参考】坂東忠信オフィシャルブログ

あなたは婦女子や捕虜を射殺できますか? 2

あなたは婦女子や捕虜を射殺できますか? 1


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。