スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアのアイロニー(皮肉) 中国ミサイル潜水艦、パトロールを開始する:それでどうなる?

■中国ミサイル潜水艦、パトロールを開始する:それでどうなる?

タグ: 政治, 中国, 解説, アジア・オセアニア, 国際
 
ヴァシーリー カシン
11.02.2014, 21:15
 
  米国海軍の諜報局(Office of Naval Intelligence)によれば、中国の核ミサイル潜水艦(094型。JL-2ミサイルを搭載したもの)が今年、パトロールを開始する。中国海軍にとって画期的なことだ。パトロールが具体的にどのような形でなされるのか、ということは、太平洋西部における一連の領土問題に対する中国の政策に直接的に影響するであろう。戦略技術分析研究所のワシーリイ・カーシンは次のように見る。
   米国のデータによれば、1987年に中国海軍の装備に入った092型潜水艦(JL-1ミサイルを搭載したもの)は、一度として軍事パトロールに出たことがなかった。その現役期間中、短期間の訓練航海として、幾度か海に出たに過ぎなかった。 

   潜水艦は、軍事衝突の場合でも、限定的な価値しか持ち得なかった。緊急の際、潜水艦は出動し、比較的中国海軍によく管理されていた渤海湾に、一定期間とどまっていただけであった。ミサイルの射程距離は、日本の米軍基地と、ソビエト連邦極東の居住地区を攻撃するのに十分ではあった。しかし、それ以上のことを望むのは、当時の中国海軍には過分であった。


 新型の、JL-2ミサイル(飛距離8000km)搭載094型潜水艦は、米国によれば、ハワイやアラスカ、アジアにおける米国の同盟諸国の基地をことごとく射程距離に収める。しかも、自国の沿岸に留まりながら、である。中国がこれに飽足りず、さらに飛距離を高めたJL-2を配備する可能性もある。


 新たに定期軍事パトロールが始まるとのことで、中国原子力潜水艦隊の今後という、興味深い問題を突きつけられる思いだ。一般に、一艘の潜水艦がパトロールに常駐するためには、テクニカルな点検や乗員の教育の必要性から、少なくとも3隻の潜水艦が必要になる。大掛かりな修理のためには、少なくとも4隻の潜水艦が必要になる。つまり、英国とフランスの持っているだけの潜水艦が必要になるのだ。


 小さな力で積極的なパトロールを続けていくには、深い経験と、先端技術が必要だ。中国にはいま094型潜水艦が5隻以上必要であると見られる。現有は3隻だ。


 もうひとつの重要問題は、潜水艦の戦術である。中国の潜水艦は従来どおり、隠密性の点で、ロシアや米国のそれに遅れをとっている。中国が米国の多目的原子力潜水艦から身を守ることは難しい。どうやらこの問題への回答は、ソビエトの例にならって出されるもののようだ。ソビエトにはいわゆる 「バスチオン」 があった。潜水艦が安全でいられる、特別に守られた海域があったのである。


 ソ連はバレンツ海とオホーツク海にそれをもっていた。世界の海の、ほんの片隅だ。ソ連と異なり中国は、長い海岸線を持ち、しかも島々をつないだ線の中に非常に活発な漁業活動の場がある。南シナ海および東シナ海では多くの領土問題を抱えており、その問題の「可燃性」はますます高まっている。


 核攻撃能力を有する潜水艦を常駐させることで、領土問題や、領土問題に間接的に関係する諸問題が、より大きな危険をはらむことになる。すでに南シナ海における中国の活動の多くが海南島を基地とする潜水艦の安全保障上の必要ということによって説明されうる状況がある。


 もしも 南シナ海が中国の原子力潜水艦によるパトロールの対象地域になるのなら、米国の軍隊の潜水艦との衝突の危険が高まり、偶発的な戦闘行為が勃発する恐れがある。


  中国軍司令部は、米国の潜水艦部隊の行動が、地域紛争解決のための出動なのか、バスチオンを突破する試みなのか、そこのところを、一定の条件下では見誤る可能性がある。錯覚による過剰反応、攻撃によって、戦端が開かれる危険もなしとしない。米中軍事協力が対立を前提に発展するのであれば、海で非常に危険な事態が起こる可能性も覚悟しておかなければならない。






【関連】
■動画 ロイター 海軍力を増強する中国
http://jp.reuters.com/news/video/popup?videoId=237333373&videoChannel=201&pos=11.265

 
NET画像




                                                              094型弾道ミサイル原子力潜水艦(ジン型/晋型)
  
http://seesaawiki.jp/w/namacha2/d/094%B7%BF%C3%C6%C6%BB%A5%DF%A5%B5%A5%A4%A5%EB%B8%B6%BB%D2%CE%CF%C0%F8%BF%E5%B4%CF%A1%CA%A5%B8%A5%F3%B7%BF/%BF%B8%B7%BF%A1%CB







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。