スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■外相答弁:日本に安全保障上の脅威があった場合、米国から核兵器が持ち込まれる可能性は「ある」

■外相答弁:日本に安全保障上の脅威があった場合、米国から核兵器が持ち込まれる可能性は「ある」

  
14.02.2014, 09:53
    日本が非常事態に見舞われた場合、米国から核兵器が持ち込まれる可能性は「ある」。14日の衆議院予算委員会で岸田文雄外相が述べた。
    外相は、「岡田克也元外相はかつて、非常事態の際に国家の安全を守るためには、日本政府は特例措置として国内への米国の核兵器の配備を許すことはあり得る、と述べたが、同じ意見か」との質問に答え、「そうした視点は依然有効だ」と述べた。

   この外相答弁は、日本政府は非核原則に絶対的に「釘付け」になることはなく、例外を認めるものである、ということを物語るものだ。



【関連】

■米国 中国との領土紛争起こった場合 フィリピンを支援する

  
14.02.2014, 15:11
    米海軍のジョナサン・グリナート作戦部長は声明を表し、中国が南シナ海上にある係争中の領土を占領した場合、米国はフィリピンを支援する用意があることを明らかにした。豪ABCテレビが報じた。
    マニラにある防衛幹部学校で演説したグリナート作戦部長は「もちろん私たちはあなたがたを助けます。ただそれが具体的にどのような形になるか、私は知りません。」と話した。作戦部長は、米国がフィリピンとの安保条約の義務を果たすと明言しており、フィリピンと中国の領土紛争が起きた場合でも然りとしている。また「我々には条約があり、それに伴う義務があるということだ。」と話した。インターファックス


*核兵器を日本に直接提供することは無いでしょう。
しかし世界戦略で脅威にさらされれば、米国と安全保障を組んでいる全ての同盟国に核兵器を持ちこむでしょう。
(中共軍の核ミサイルは、全ての仮想敵国と米国の同盟国を標的としている)
日本への単独持ちこみにはならない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。