安倍首相 G7で、無法な中国を強く批判 




script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110235000/912f0edd59f4bdd6260a5d5e89ab53c2_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

【保存】

■「中国、力背景に現状変更試みている」 首相、G7で批判
 2014.3.28 10:26産経
 
 安倍晋三首相は27日、FMラジオ「J-WAVE」番組で、オランダ・ハーグでの先進7カ国(G7)緊急首脳会議の席上、中国の国名を明示した上で「東シナ海でも南シナ海でも力を背景にした現状変更の試み、挑発が行われている」と批判したことを明らかにした。クリミアを併合したロシアについては「経済的な制裁に無責任な報復をするかもしれない」と指摘したという。

 首相は番組内で、良好な関係を築くプーチン露大統領に対し「(併合の)決断は間違っている」と批判する一方で、「決断力に富んでいる。そういう人物でなければ北方領土問題を含む平和条約交渉の決断はできない」とも述べた。日米韓首脳会談後に、オバマ米大統領と環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉やオバマ氏の来日について協議したことも明かした。
 
 今夏の内閣改造については「全くの白紙だ」と述べるにとどめた。


【関連】

■中国国防費「公表の約2倍」 防衛省が分析、HPで初公開
 2014.3.24 15:03 [安全保障] 産経
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140324/plc14032415040014-n1.htm


 防衛省は同省のホームページ(HP)で、中国の2014年度国防予算と米国の4年ごとの国防計画見直し(QDR)に関する資料をそれぞれ公開した。資料は与野党議員への説明用に作成したもので、一般公開は初めて。11日に開かれた自民党の国防関連部会で、同党議員から「広く国民に知らしめた方がよい」との要望があった。


■「中国の顔に泥」 安倍首相発言に反発

 中国外務省の洪磊報道官は28日の記者会見で、安倍晋三首相が先進7カ国(G7)緊急首脳会議の席上で中国を名指しして「力を背景とした現状変更の試みが行われている」と批判したことに対し「愚かにも中国の顔に泥を塗ろうとしている」と強く反発した。



*侵略国家の本性を露わにした中共政府は、『尖閣事変(短期戦争)』の布陣を整えつつあります。

第一次安倍政権の時、民主主義体制にない中国のG8への加入に異議を唱えて潰したのは、安倍首相(洞爺湖サミットで福田政権も)と言われています。

今日の国際情勢をみれば正解でした。

中韓連合しての安倍降ろしの主要な動機です。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR