『日本人と犬は入るべからず』 どうした、安倍政権! 隠された中国人移民の急増と大量受け入れ計画




script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110235000/446899c59f76ba2b43e4d519e927c01a_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

【保存】

【異論暴論】
どうした、安倍政権! 隠された中国人移民の急増と大量受け入れ計画 正論5月号
2014.4.1 16:00 産経

日本が壊れる!

 大規模な「移民」受け入れ計画がまたも浮上してきた。内閣府は今年2月、わが国の人口減少歯止め策の一つの選択肢として、毎年20万人の移民を来年から95年間受け入れ続けることを想定した試算統計を公表した。

 評論家の関岡英之氏は、これは内閣府や法務省などが急ピッチで検討を進めている外国人労働者受け入れの規制緩和と軌を一にしており、「移民の大量受け入れ」 という、わが国の治安や文化、さらには国柄にまで重大な影響を与える政策が国民的議論を経ぬまま進められていると警鐘を鳴らしている。

 関岡氏は、このまま移民の大量受け入れを進めた場合、その大半は間違いなく中国人になると指摘する。というのも、我々の知らぬ間に中国人 「移民」 が実は急増しているからだ。日本に在住する中国人は福島第1原発事故以降、減少してきたかのように思われていたが、それはうわべだけだったのだ。日本の主権を脅かし続けている国から大量の移民を受け入れたらどうなるのか-。重大な警告論文である。(小島新一)






2008年4月26日。長野聖火リレーで何があったのか? 
http://youtu.be/c7y6hfj60gg


アップロード日: 2010/04/17

ニコニコ動画より転載
2008年4月26日の北京五輪聖火リレーでの現地映像をまとめたものです。中国人グ­ループ、フリーチベットグループ、警察の三つ巴による極めて異常な光景が映し出されて­います。※転載等ご自由にどうぞ。できるだけ拡散していただければ幸いです。



【私見】


日本人と犬は入るべからず 

*『日本人と犬は入るべからず』・・日本国内の近未来 

戦前の「外国人租界」は、あらゆる犯罪の魔窟と言われていました。

『1000万人移民政策』は、日本弱体化を企図するアメリカの以前からの要望です。


安倍政権の終わりの始まり・・・


「長野聖火リレー暴乱」でのシナ人の振る舞いを体感した者からの『警告』です。





追記2014.4.3


*移民政策の隠れ蓑、「外国人労働者受け入れの規制緩和」は、『踏み絵』ですね。
味方は居なくなります。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR