スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■タイムカプセル 聖徳太子像、CTスキャンで舎利粒を確認 



■聖徳太子像、CTスキャンで舎利粒を確認 奈良・元興寺 

2014.4.14 19:53産経

 世界遺産・元興寺(奈良市)の境内にある元興寺文化財研究所は14日、寺にある奈良県指定文化財の聖徳太子二歳(南無仏太子)像の内部に納められた仏塔「五輪塔」に、釈迦の遺骨を意味する舎利の金片など十数粒がCT(コンピューター断層撮影)調査で確認されたと発表した。

 像の首の内部には、封書2通があることも判明担当者は「像を解体するまで封書の中身は不明だが、舎利は、太子像に沢山の思いが込められた証拠」としている。

 像は高さ68・2センチ。鎌倉時代の13世紀末頃に制作された。昭和35年のX線透過撮影による調査では、右大腿部に納められる五輪塔が確認されていた。

 研究所が今回、九州国立博物館の協力で最新技術のCT調査を実施したところ、塔のサイズは高さ15センチ、幅5・3センチと判明。塔内部は空洞で、金属製容器内や紙に包まれた状態で、金や銀、水晶などとみられる数ミリ程度の舎利が十数粒、確認された。

 像の首の内部にも、封がされた折り紙2通が発見された。制作当時の願文や銘文などが記載されているとみられる。

辻村泰善住職は「太子生誕1440年にふさわしい発見になった」と話している



【私見】


史跡元興寺五重塔跡 

史跡元興寺五重塔跡


◆聖徳太子二歳(南無仏太子)像の内部は、鎌倉時代からのタイムカプセル

像立にあたり、願いや後世に伝える銘文を体内に収めた人々の想いが感じられますね。



元興寺の妖怪「がこ゛ぜ」 
元興寺の妖怪「がこ゛ぜ」

 元興寺に現れた妖怪「がこ゛ぜ」も有名(日本霊異記)

聖徳太子所縁の寺院には、不思議な話が多いですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。