スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■秦族と追族の因縁 百済(秦)と新羅(追)の正体?





   
 
   
後漢書にみられる四夷(蛮族)の概念


[秦族と追族の怨念 百済(秦)と新羅(追)の正体?] 


預言者ヨセフの言葉によって「東方の島々」目指したイスラエル人は、やがて朝鮮(カラ半島)の南部にたどり着いた。
荒れる海を目にした人々は、寄り添うように小国の建設に勤しんだのでしょう。


東夷伝によるとカラ半島南部を目指す大規模な移動が記述されています。
秦国以前の東夷とは、江蘇省や山東省の住んだ異民族を指します。蛮族としての記述しかありませんでした。

しかし漢以降は、東夷にカラ半島、日本列島に住む異民族まで含めるようになりました。すると、それまて蛮族としてしか見られなかた日本を目指す異民族は別格で、高度な文化を持つ人々として尊敬されていました。「穏やかで争いを好まず、法と信仰深い異民族」と記録されました。しかし周辺の部族は蛮族のままです。


渡来人の大移動が分る記述です。
秦の滅亡後、現在の中国東北部(満州地域)に長年いた東夷が移動したと思われます。
後漢書によると、東北カラ半島は濊(ワイ)の地で、前2世紀以降には大量な移住があった。
「前108年、前漢に滅ぼされた衛氏朝鮮の遺民が、三韓(馬韓や辰韓や弁韓)に移住」

南部のカラ半島に辰韓(秦氏の一族)を拠点に日本を目指した東夷の人々は、周辺に滞留した。
風濤(ふうとう)の激しい冬場の荒れた日本海は渡れませんので居留したのでしょう。


1世紀~3世紀中頃まで多くの人々が日本へ渡ったのです。
優秀な人々が去ると、カラ半島の歴史の空白期となり、見るべき古文書もありません。
移住が終焉すると、高句麗や鮮卑の侵攻で濊は滅亡した。


[ユーラシア大陸を時には同盟、時には戦争で敵対した怨念が、朝鮮南部に吹き寄せられた]


秦の始皇帝のシナ大陸統一では、鉄器製造に巧みな追族を重用しました。
優れた武器がなければ、統一できなかったとも言われています。
追族は、陝西省(西戎)に住んでいたトルコ系遊牧民族で、秦族とは同系です。
(シナでは戎人と呼ばれる人たち)


偶然、陝西省で戎人の埋葬地が発見されました。↓

----------------------------------------------------------------------

■陝西省で初めて大型の戎人墓地を発見
 2011-09-20 新華通信  
 
http://jp.xinhuanet.com/2011-09/20/c_131148839.htm
 
   【新華社延安9月20日】陝西省の考古専門家は先ごろ、同省黄陵県のある建設現場で、同省で初めての大型の戎人墓地を発見した。この発見は西戎の文化や移動などの研究に重要な手がかりを提供するもの。

   文献には、秦穆公の時期に、西部に遠征し、「12の国を滅ぼし、千里の土地を手に入れ」、多くの戎人の土地を占領したと記載されている。また晋襄公はコウ(山+肴)の戦いで秦穆公を打ち破ったが、これは晋と西戎の双方が協力した結果だった。
----------------------------------------------------------------------

謎の多い西戎です。
「陝西省考古研究院」の研究発表が待たれますね。


追族は、秦によって領地(陝西省)から連れ去られ、領地は奪われた。
秦に支配された部族です。
遊牧民族特有な「血の復讐の掟」が芽生えたのでしょう。

秦が滅びると、その秦の遺民は北狄 南蛮 東夷へと流れて行った。


前230年、周の宣王は、韓侯(周の武王の弟)に、追、貊を賜い伯(伯爵)とした。(詩経大雅韓奕)

「韓の名跡が絶えるのを憂えた宣王が、追、貊を伯爵として与えた」とある。


三韓(馬韓、辰韓、弁韓)にいた辰韓と弁韓にはトルコ系戎人が住み、
馬韓には、月氏・濊系扶余種族が鉄製造技術を持ち込んだ。

日本列島と鉄の交易は、主に馬韓ですが、馬韓は辰韓、弁韓の商社的な仲立ちもしていようです。
しかし「新羅」となった辰韓は、唐と同盟して馬韓「百済」を裏切り、カラ半島を統一した。


辰韓の追族にとっては、裏切りの意識はなかったでしょう。
むしろ復讐の機会を待っていたと見るべきで、韓候の正統な後継者と自負していたでしょうね。


このとき、秦族系(月氏)の人々は、ヨセフの預言を思い出したでしょう。
日本に雪崩をうって渡ったようです。

カラ半島の文化は停滞し、見るべき文書が残っていません。
辰韓は、「追族」の国のようです→新羅となった。

百済滅亡後は、度々日本に侵寇してきました。
執念深く、月氏を追跡しているようです。


追記
新羅は唐と結んで(唐・新羅の同盟)、660年に百済を668年に高句麗を滅ぼした。これによって三国時代は終わり、統一された


「東夷傳百済」其地自此為新羅及渤海靺鞨所分、百済之種遂絶。

百済之種遂絶・・・意味(移動食料として食べられた)

日本にしか血統は残っていない。

 


旧約聖書では、「東の島々」という言葉が幾度も出ています。地形的にカラ半島を指していない。
日本列島は、北イスラエルと緯度が同じです。天文観測に優れた「太陽の民」が、先導してきたのでしょう、末裔の村が現在も存在している。

百済に隠されたイスラエル血統は日本にある。
日本を示している可能性が高いと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。