スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種の防衛本能 警鐘者





アリの巣穴の側でした。
次々と他のアリに顔を付けている一匹のアリがいます。

すると・・・
何やら忙しくなった巣穴から、ぞろぞろ一列になって出て行きました。


然し、少なからず残ったアリたちは、ふだん道理に歩き廻っています。
奇異な動きが気になりました。


翌日雨が強く降りました。
巣穴は水浸しです。


どの種でも、種を絶やさないために、一定の比率で「警鐘者」がいるのでしょう。




13日間のアリの巣観察で分かったアリの凄さ!経過記録と変化をまとめてみた
 
http://youtu.be/JPryQz1Xmrg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。