スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■「変化の場」の目撃者その2  鼻血 昏倒 サイレン 百年の兵を養う



原発事故後に鼻血が出た方 (2011年7月16日横浜市青葉区) 
http://youtu.be/dLsB5fu7Uw4




総合病院のベンチで待っていた時です。
受付カウンターにいた高齢な老人が、スローモーションで後ろ向きに倒れました。
頭を打つ音と振動が伝わってきました。


昏倒しているようで、老人は問いかけに応答していない。
慌ただしく緊急処置室に運んで行きました。


「初めてのかたの受付は終了させていただきます」と、病院内の放送。
変化は、さりげなく起きる。今まで聞いたことのない内容です。


明らかに、不調を訴える患者か増えている。
地域では、救急車のサイレンの音が増えました。



2011年3月中旬~の放射能プルーフが、関東地方まで流れた後、喉の痛み、鼻血、下痢、などの被ばくの初期症状が出ています。

私の生体反応は、喉がイガラッポクなり、肺が空気を拒否しました。金属臭です。(爆発燃焼すればどのような金属でも大概臭う。核物質が臭わないは俗説)
血圧は、230に上昇。心臓の悪化で不整脈。


その頃、鼻血が止まらず来院した若い電気工(装備を付けたまま)を、私は見ています。
そして、児童、子供たちの下痢が止まらない、鼻血があると騒がれていました。

私たち夫婦は、魂の伴侶です。
警戒の鳴き声をあげるカナリアです。

沈黙する頃は、役目は終わりと思っています。



 

戊辰戦争で戦った二本松少年隊 (高濃度汚染地域)

「夢示」・・・百年の兵を養う

いつの時代も子供たちは、大人の犠牲になるのでしょうか。

ならぬことはならぬものです(什の掟)



 

【参照】

 
あっきー0305

 これでもまだ「鼻血」がねつ造だと言い通せるのでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。