スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新冷戦】 資源開発は“口実” 「中国の狙いは南シナ海の支配」元ベトナム首相顧問



script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110242000/a4caaeedc47f41c7484119ae90fab7e1_26cf2bc7ecf740e97a979740f27209d1.js

【保存】

■資源開発は“口実” 「中国の狙いは南シナ海の支配」元ベトナム首相顧問
 
2014.5.27 産経
 

 【ハノイ=吉村英輝】ベトナムのファン・バン・カイ前首相の経済顧問を務め、経済改革ドイモイ(刷新)を進めたレ・ダン・ドゥアイン元中央経済管理研究所長(72)は27日までに産経新聞と会見し、中国が強行する石油掘削などの資源開発は“口実”で、 「真の狙いは南シナ海のすべてを支配下に置くことだ」 などと主張し、地域の安定と航行の自由が脅かされる危険を訴えた。

 
 元顧問は、中国が石油掘削を強行した理由について、オバマ米大統領が日本やフィリピンなどの同盟国と海洋安全保障で連携強化を確認するなかで、「南シナ海におけるベトナムの相対的な力が弱まったと中国が判断したため」 との見方を示した。
 
 また、係争海域での中国の資源開発は、南シナ海全域を支配下に置くための第1ステップだと警戒感を示し、ベトナム政府は「紛争を含め、あらゆるシナリオを想定している」 と述べた。中国がちらつかせる経済制裁については、輸入品は他国のもので代替できるとして、 「脱中国を進める良い機会になる」 と語った。
 
 さらに、問題はベトナムだけではなく、 「地域で自由な航行を享受する全ての国の問題だ」 として、日本に対して 「集団的自衛権の行使を早く容認すべきだ」 と主張した。
 
 ベトナムで反中感情が暴動に発展したことについては「中国におわびする」と述べたが、 「中国の侵略を押し返してきた歴史」があり、「反中世論は抑えきれない」 と述べた。暴動が起きた地域では 「中国人経営者への不満が募っていた」 とし、経営側が工員の練度が低いと罰則を強め、1日のトイレを2回に制限していたといった事例を挙げた。


【関連】
■【遠い響・近い声】南シナ海に伸びる「赤い舌」 客員論説委員・千野境子南シナ海に伸びる「赤い舌」 客員論説委員・千野境子



【私見】

アメリカ大統領が、オバマでなくてプーチンだったら、習近平は東シナ海と南シナ海で暴れることはなかったでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。