スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■福島原発事故 「まぬけな者のせいで殺されてたまるか」 



昼休みが終わって作業を開始した直後、メンテに入った人が大型装置に挟まれたのです。
工場内は騒然となりました。ほぼ即死です。

昼休みの間を利用してメンテに入るのが普通でした。

装置の電源は落としていましたが・・・・
昼休みから帰った現業員が、離れた場所の電源を投入したのです。
電源ボックスにメンテナンスの為にと、「電源投入禁止」の張り紙を貼ってあったのですが。

亡くなったベテランの方は、家族持ちでした。
若かった私は、憤慨して抗議しましたが・・・

「まぬけな者に殺されてたまるか」
安全予防に最善を尽くすようになりました。工場プラントの装置が壊れても安全対策を事前に施したのです。
張り紙、シーケンスソフトを念入りに事前チェック、分岐回路のフューズを抜いて置く、空圧・油圧回路のチェック、装置の可動部分に木材、モンキー、金属ブロックを噛ませて等でした。

装置の連動、自動のシーケンスには、電源投入時に自動で原点復帰するソフトが組み込まれている場合があるのです。メンテ事故に多い)




福島原発事故について・・
現場の対処を知りたくない思いがあったのでしょう、調べることをしませんでした。

「まぬけな者のせいで殺されてたまるか」の想いがあったからです。


 ------------------------------------------------------------------------------

『全電源喪失』

ステーションブラックアウト(SBO)。制御室が真っ暗で何も見えないという意味だ。1999年9月のJCO臨界事故(茨城県東海村)を機に制定された原子力災害対策特別措置法10条では、緊急事態に発展する可能性がある場合は国に通報しなければならない。
 「10条、宣言します」

 3月11日午後3時42分、テレビ会議に緊迫した古田の声が響いた。
 さらに伊沢はわずか10分後、こう告げる。
 「15条に該当します」

 原子炉圧力と水位が読み取れなくなり、燃料冷却ができているのか分からなくなった。状況が原災法15条の「緊急事態」に移行したというのだ。
 「飛行機のエンジンが全部止まって、計器も見えない状態で操縦しろと。言われているようなものです。これはもうだめかなと、最悪のことを考えましたね」。吉田はそう振り返った。

(共同通信 高橋秀樹)
------------------------------------------------------------------------------


◆交流電源喪失の対策とし、「計測・制御系」の端子ブロックから生かす回路を見つけ出し、車のバッテリー(直流12V*2)から給電したのです。
(定電流装置を介さなければ、計測装置(温度計、圧力計、水位計など)は不安定になります)

回路を探すのに長時間掛った。
(回路図面フアイルは膨大です。速読能力者なら極めて短時間に読み込めます)


  
 
電源車 

電源車は、どこにでもあったでしょう、緊急派遣するべきでした。(自衛隊、消防、警察、電気・通信事業所、派遣やソケットが合わないとか、手間取ったと言い訳。配電盤が壊れていても、プリカチューブのケーブルに直結させられる)


 

コントロールルームのコンソールを優先すべきでした。生かす回路を絞れば電気容量は少なくてすみます。シーケンスソフトを変更しながら、連携して端子ブロックの変更で済んだのです。
制御盤の電源ランプの束線を辿れば、電源回路から目的の制御系は速攻で生かせます。
コンソールのランプで確認しながら順次復活作業を進めた。

全てを理解した速読能力を持ったベテランの方がいたら・・・皆リタイヤしたのでしょう。
今の技術者は、パソコン画面がなければ働けない。



 

コストカッターと呼ばれる間抜けな人物が社長でした。
人間をコスト(管理費)と見做していたのでしょう。リストラに熱心でした。

社会的な責任を大企業として果たさなかった。
後継者を育てなかったのです。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。