スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再掲】不思議な話はタブー 推敲

不思議な話はタブーでした。

戦争は、人を狂わせる。
先生が行った事を感じたままに喋ってしまいました。
まだ低学年の小学生でした。


戦後、過剰な「平和教育」が行われていたのです。
各自の意見を発表させられた折りのことでした。


鎮火後の街の風景1945年4月wiki

鎮火後の街の風景(石川光陽撮影)


「悪い事をしたひとの墓から異臭がする」・・・ 


(修法師の上人さまが答えてくれた。残念ながら、僧侶の読経、供養の効果は無いようです)

異臭の事実を話しました。

先生が学生の頃、戦災者の遺体収容に動員されています。
纏わり憑ついた臭いは消えていない。

だが、これは口にしなかった。
瀕死の人の脳天を長いトビで打ちつける”光景”です。嗤っていました。



それから、
教育指導と云う名目の「いじめ」が、日常的にされた。


遂には、攻撃的な人格否定の言葉をぶつけるようになる。
児童相手にですょ。


先生の目は脅えていました。
私が苦しんでいた教室の異臭は、先生からだと話したことを聞きつけていたのです。


K国人が不法占拠した場所に、彼が住んでいると知ったのは、卒業する間際でした。
「サイコパス」の概念を学んだのは、ずっと後の青年期になってからです。

現在、「不思議な話のタブー視」は、多少緩やかになっているようですが、まだ燻っています。

子供の心が壊されないように護るのは、
親だけでなく、その経験を知る者が支えるようにと願っています。


健やかな子ども時代を過ごさせたいですね。
悠久の年月、日本の風土で慈しまれた魂を持って転生する子なのですから・・・
隔絶した霊能力を見せるでしょう。



短稿でした。
追記2010.28Ameba掲載済み⇒ fc2再掲載 推敲
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。