スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年、イスラエル大使館は、原爆発言で日本に陳謝しましたが、市民への無差別攻撃を正当化している



■イスラエル大使館近くで300人がデモ ガザ攻撃に抗議

2014年7月18日 朝日新聞
東京都千代田区の駐日イスラエル大使館の近くで18日、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃に抗議するデモが開かれ、イスラム教国出身者ら約300人が集まった。

続き⇒ http://www.asahi.com/articles/ASG7L4JF3G7LUTIL02B.html

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140718005404_comm.jpg


5月13日、安倍首相と来日したイスラエルのネタニヤフ首相との会談で、共同声明がありました。
「強攻策」の根回しで、主要国めぐりしたのかもしれない。
原爆使用を容認するようなイスラエル政府ならば、人口密集地域への攻撃は容易い。

危惧していた段階に入ったようです。

2014年5月13日 PHOTO NEWS  http://www.zaikei.co.jp/photonews/784.html



***************************************************************************

【再掲】

2013-08-17 22:52:28

■■■イスラエル大使館 原爆発言で陳謝  奇妙な一致(シンクロニシティ) *追記


ニュース詳細

イスラエル大使館 原爆発言で陳謝

816 180分 NHK NEWS

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130816/k10013827521000.html



 
  イスラエル政府の高官のダニエル・シーマン氏

広島と長崎に投下された原爆について、イスラエル政府の高官が「日本が侵略行為の報いを受けただけだ」などとインターネット上に書き込み、日本側が抗議していた問題で、東京にあるイスラエル大使館は「多くの人の心情を傷つけた」として陳謝しました。

この問題は、イスラエル政府の高官のダニエル・シーマン氏が今月6日、広島で行われた原爆の犠牲者を追悼する平和記念式典について、「独りよがりの追悼式典にはうんざりだ。広島と長崎での原爆投下は日本が侵略行為の報いを受けただけだ」などとみずからのフェイスブックに書き込み、現地の日本大使館が「極めて配慮を欠く内容だ」として抗議していたものです。これについて東京にあるイスラエル大使館はコメントを発表し、「シーマン氏によって書き込まれた発言は受け入れ難く、イスラエルの公式な立場を代表するものでは決してない」としたうえで、「イスラエルは原爆という悲劇に見舞われた日本の犠牲者を追悼しており、シーマン氏は多くの人の心情を傷つけた」として陳謝しました。
この問題を受けて、イスラエル政府はシーマン氏を停職処分にしたということです。

************************************************************************************

【ブログ主】

15日と16日は、靖國神社、千鳥ヶ淵戦没者墓苑 そして都内の菩提寺、妻の縁戚の墓参めぐりでした。

一日では廻りきれないので、九段、千鳥ヶ淵に近い番町にあるホテルに泊りました。


16日の朝、窓から景色を眺めていると、眼下の警察官が警戒している様子です。
警備ボックスの警察官の交代の時間のようでした。


この時は、どこの大使館、公使館の警備か知らなかった。
そして、警備のバスが見えない位置に停められている。


何気なく観ていると、門の脇にガッシリした白人系の人物が、その門から離れて視界から消えました。

ホテルをチェックアウトして外に出て歩き出すと、不意に視線の隅にその人物が木の陰に佇んでいて此方を視ました。
歩く人が少ない通りです。
その眼に警戒する気配を感じたので、「シヤローム」と挨拶しました。
警戒心を解くつもりでしたが。



*追記 「冥い光彩」が視得た方を記録撮影しています。

ウッと、息を呑む感じで、狼狽している。*(シーマンと同じ民族系なのか? )

私は何も考えずに、頭に浮かんだ言葉がついて出ただけ・・・・イスラエルの挨拶の言葉でした。

ホテルでの部屋は、私が決める訳ではありません。
フロンドが手配するだけで、大使館の眼下に見えるのを頼んだわけではないのです。
偶然でした。
イスラエル大使館と知ったのは、帰宅してからのWebニュースによってです。
これは、神々の意思なのかもしれません。

東京大空襲では、無辜の民、老人、女と子供、赤子たちが焼夷弾で焼かれ、機銃掃射され、あまつさえガソリンさえ撒かれて焼け死んだのです。
戦後も暫らくは、焼け死んだ人々の臭いが、イスラエル大使館あたりの番町にも漂っていたのです。

間抜けなユダヤ人の一人が、原爆発言したイスラエル政府の高官の『シーマン』でしょう。
中国や韓国と、水面下での連携を感じさせるのに十分な反日発言です。”敵”と認識しました。


イスラエル大使館の警備担当者が、私の朝の挨拶の言葉、「シヤローム」を、『シーマン』への抗議と聞き違えたのかも知れません。
まだ、日本の国内では、一般には知らない時なのに・・・・
(*シンクロの場に起きる不思議。”信仰”、ナチスとシナ人の迫害からユダヤ人を救った満洲國の”縁”なのでしょう)

イスラエル人を、頭上から眺めている哀れみの眼を感じました。
『彼らの神』の恩寵に与れないでしょう。

シヤローム(shalom )・・・さようなら

 

シャロームの歌  ダークダックス
http://youtu.be/VBu7tl0S6AY



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。