スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【外務省】安保理改革に関するアウトリーチ会合の開催  実態は韓国除外



■【外務省】安保理改革に関するアウトリーチ会合の開催

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_001087.html
 
平成26年7月21日

1 本21日,安保理改革に関するアウトリーチ会合が開催されました。同会合は,平松賢司総合外交政策局長が主催し,ノエル ゴードン・シンクレア国連総会議長室副官房長(Noel Gordon SINCLAIR,Deputy Chef de Cabinet, Office of the President of the 68th session of the General Assembly),ザヒール・タニン政府間交渉議長(Zahir TANIN, Chair of the Intergovernmental Negotiations on the Equitable Representation and Increase in the Membership of the Security Council and Other Matters Related to the Security Council)の他,安保理改革に関心の高い14か国の本国及び国連代表部の関係者が出席しました。
 
2 同会合では,各国・グループの異なる立場の共通項を見いだし,安保理改革の早期実現に向けてモメンタムを高めるため,率直かつ建設的な対話が行われました。
 
3 各国の参加者は,今次会合が安保理改革に関する相互理解の促進に大いに資するものであったとの認識を共有しました。また,参加者は,安保理改革の早期実現のため建設的な意見交換を継続することで一致しました。
 

-------------------------------------------------------------------------------


なぜ安保理改革が必要か

  

国連憲章には、安全保障理事会(安保理)は国連加盟国により国際の平和と安全の維持に関する主要な責任を託され、国連加盟国は安保理の決定を受諾し、履行しなければならないことが定められています。その責任を果たすために、安保理はこれまで、2100を超える決議などを通じて、ゴラン高原やカンボジアなどで国連平和維持活動(PKO)を設立したり、アフリカなど各地の紛争の悪化を防ぐため当事者に対して平和的手段による解決を要請するなど、世界の平和と安全のために重要な貢献を行ってきました。また、最近では、紛争後の地域における国連の活動を、従来から行われていた停戦監視などから、選挙監視、警察支援などの復興支援にまで拡大したり、大量破壊兵器の拡散やテロリズムなどの脅威や、紛争後の平和構築といった新たな課題に対応して、各加盟国に資産凍結や輸出入管理などの措置を求めるなど、積極的な活動を行っています。


  

このように近年、大量破壊兵器の拡散やアフリカの紛争、テロへの対処など、国際社会の平和と安全に関し、世界が取り組んでいかなければならない課題が急増しています。国連の主要機関としてこれらの問題に主要な責任を負っている安保理は、今後も一層重要な役割を果たすことを期待されています。しかしながら、安保理の構成や意思決定の方法は、国連発足当時51か国であった加盟国数が193か国に増加した現在も、基本的に変化していません。今日の課題に、安保理が効果的に対処していくためには、21世紀の国際社会の現実をふまえた形で安保理を改革することが急務であるとの声が国際社会において高まっています。


------------------------------------------------------------------------


安保理改革で、常任理事国入りを目指す 日本、ドイツ、インド、ブラジルのG4諸国と、

それに反対する国々の国連関係者などが集まり、国連改革に向けて協力する会合であった。

国連総会議長室や国連の政府間交渉議長まで参加している。

 しかし、この話し合いから韓国は排除された。

以下略

http://www.kjclub.com/jp/exchange/photo/read.php?uid=18098&fid=18098&thread=1000000&idx=1&page=1&tname=exc_board_53&number=13671
------------------------------------------------------------------------
【関連】

■日韓外相会談、8月で検討 慰安婦協議は来週の見通し

 2014年07月16日西日本新聞

 日本政府は16日、岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相による日韓外相会談を8月上旬にミャンマーで開く方向で検討に入った。複数の政府筋が明らかにした。安倍晋三首相と韓国の朴槿恵大統領との首脳会談の実現に向けた意見調整が進むかが焦点になる。

続き⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/101877



常に日本の常任理事国入りを強烈に反対する韓国は、日本主催の本会議には参加しなかった。

日米を無視した韓国の外交戦略は破たんしています。
焦り出したのが丸分かり。
8月の日韓外相会談の行方が注目されます。

不浄門は開いています。。WWW

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。