スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再掲】記念撮影に臨む新閣僚と安倍晋三首相 (2014年9月3日第二次安倍”改憲内閣”)推敲






祝 安倍内閣に五人の「やまとなでしこ」が入閣



産経号外 第二次安倍改造内閣



◆産経号外 第二次安倍改造内閣発足





◆2014.9.3産経記事⇒「第2次安倍改造内閣発足 首相「実行実現内閣で国民に応える」




【英霊へ】平成26年8月15日、靖国神社レポート・朝の部[桜H26/8/15]

http://youtu.be/0ZxBzBlZU6I





 

◆2014.8.15 水島社長 小堀敬一朗・東京大学名誉教授

日本を取り戻す。日本国憲法を変えない間は、占領が続いているのです。 (靖國神社 引用:チャンネル桜)


保守派言論人として、歴史教科書問題などが顕在化した1980年代初頭より歴史認識問題などへの発言を開始し著名な論客の一人となる。東京裁判(極東国際軍事裁判)史観を批判しているほか、1990年代前半には林健太郎との歴史認識論争を「正論」で展開した。(wikipedia)




【私見】


シンクロニシティは、信仰の場(処)に現れます。
現れた「意味ある偶然」を読み解くように「タイムスタンプ」が押されます。



その時、何が起きたのか、誰が何を行ったのか、何をメッセージを伝えたのかで、未来記に書きこまれ、潜在意識に収まります。


閣僚名簿(ほとんど改憲派)から改憲内閣と解りますが、それだけでは不確定(波乱)なので「未来記」は描けない。

神域で、『憲法改正のメッセージ』が「タイムスタンプ」された。
「未来記」が描かれたのです。


未来記が成就したら、「曖昧でない事実」で示しましょう。

小堀敬一朗さんは、安倍首相の悲願を代弁しています。

追記2014.09.05Ameba掲載済み⇒ fc2再掲載 推敲
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。