スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再掲】■不思議体験のトラウマの解消 推敲



霊的な感性への干渉に苦しむ人たちが、少なからず居ます。

その様な人は、大人たちによる過剰な干渉で、精神状態が不安定になる子供時代を過ごされたと思います。


今年、スピリチュアルなシンクロニシティ体験に関心を持つていると称して近づいた者が居ました。
そのグルっぽで対話しましたが、真摯なものでないと感じました。

シンクロニシティ体験者の参加を求めたにも関わらず、否定議論を展開してきたのです。
何度も、”体験者との対話”を望んでいますと繰り返しても、聴き耳持たずの強引な態度でした。

シンクロニシティ現象 ⇒ 「現証動画」を前提にしても、見ることもなく否定議論をするので指摘すると。

見てはおらず、思いこみで反駁していたのです。
(動画のカウント数で解るのです)

すると、見たけれども理解できないと、負け惜しみのご託宣でしたwww (だめだコリア)

世間に出まわる本などの知識だけでは、なか々理解できないのです。
だから”体験者との対話”を望んだのです。
シンクロニシティの解釈も、「運命を変える偶然の一致」を理解していませんでした。

これが、子供相手だとしても同じ様な辛辣な態度で接すると感じます。
シャーマン体質の子供にとって危険な大人です。

子供の時・・・

不思議な体験を周囲の大人に喋った結果、精神病者として扱われた女性と知り合ったことがあります。
霊的(スピリット)な感性の持ち主です。

子供心に他人に対して「恐怖感」を持つと、その時のトラウマが成人した後も影響します。

数年間、彼女は私のシンクロニシティ体験をリアルタイムに見ていました。
「恐怖感」は、薄らぎ、外出もでき、仕事もできる状態になれたとメッセージしてきました。

過去の、自分の体験と重ね合わせていたのですね。


そして・・・

同時期に、”唯物主義”の家庭で育った他の女性が、リアルタイムに進行するシンクロニシティ動画を見続けた結果、精神不安定な状態になってしまいました。

完全否定論者には、ある種の危険性が存在するかもしれません。
精神性の世界の話題だからでしょう。
魂を否定する思想では、自己矛盾に陥るだけです。

若いころ、『存在と無』のサルトルが流行でした。
神が隣に佇んでいても悟れない無神論者と喝破・・・「神経衰弱(当時の言葉)」に成り損ねましたWWW


今年は、
ブログにすることで、過去の苦しみから幾分か抜け出せたと思います。

共にある時の旅人です。
ソウルメイトかもしれない皆さまのブログを読ませてください。

お付き合いに感謝いたします。音譜

追記2010.12.29Ameba掲載済み⇒再掲載 推敲
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を視ています。

初めての訪問者は、カテゴリ⇒ ■■■特選記事がお勧めです。

Ameba HP ↓
http://profile.ameba.jp/tarooza

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。