【再掲】カメラマンの眼 画像追加

憶えていますか?


$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢
(NET画像)


憶えていますか?

アフリカの荒野で、
死にゆく幼い少女をハゲワシが待っている写真です。


ハゲワシと飢えた幼児

*注意 刺激的な元の写真です
http://flatrock.org.nz/topics/odds_and_oddities/ultimate_in_unfair.htm

カメラマンは、ヒ゜ュリッツアー賞を獲得しました。
(1994年、ハゲワシが餓死寸前の少女を狙っている『ハゲワシと少女』1993年スーダンでの撮影)



$taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢-Kevin Carter
(Kevin Carter ケビンカーター)

彼は言い訳をしました。

「既に死は決まっていたので、死を無駄にせぬように報道して援助を求めたい」

彼に対して・・・

「神の前の、その少女に言える言葉か」

「お前が少女だとしたら、お前を許さないだろう」

「お前は、あの禿鷹と同じ眼をしている」
「お前は、あの禿鷹と同じ眼・・・」

との非難が、彼を苦しめることになります。

すると、あの少女は、撮影後歩いて母親の元に行ったと言い始めました。

しかし、彼に対して非難は収まりませんでした。
それならば、ビュリッツアー賞を与えた意味が喪失するからです。

彼は、己の内心を覗くことに疲れ果てました。



マザーテレサは、孤独の中で死にゆく人たちに、心を寄り添う献身をしました。
孤独の臨終が、平安な安らかなものになるようにです。

仏教でも、一瞬の想いの中にも三千もの想いがあるとされています。
臨終の場での想いは大切にされて来ました。

安らかな、平安な最後となるように心がけるものとされています。


受賞後、カメラマンは「理性と情」「人命と報道」の狭間 に落ちて自らの命を断ちました。


写真には、カメラマンの眼・・・心を映すこともあると気づかせる事件でした。

*彼も、少女の死を期待したのでしょう。



短稿でした。


追記 2010.07.02Ameba■■掲載済み ⇒ 2014.08.10 fc2画像追加
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tarooza

Author:tarooza
◆忘れていた幼い頃の記憶が甦ると、不思議な体験は縄文人の「霊的な感性」によるものと気付きました。

現代人の理知と縄文人の霊的な感性で現世を生きています。(^^)

最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR